« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005年3月31日 (木)

神保町

050330_2019001050330_2059001めったに行かないんだけど、最近気になる街だ。駅の近くにいいギャラリーみつけた。そこからどっち方面かよくわからないんだけど、いいなあと思う一角地帯がある。そのあたりの飲食店は、ラーメン屋から酒屋まで全て入ってみたい雰囲気むんむん。ビジネス街なのに、古い建物が残っていて、今と昔の混ざり具合がいい。本の匂いもするし、季節の匂いもするし、街の匂いもする。昔の東京ってこんな感じだったのかなというような気がする。昨日始めて夜の神保町を歩いた。気持ち良かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月30日 (水)

かのちゃん

RIMG0059RIMG0054RIMG0057RIMG0055RIMG0063鹿野理恵子ちゃんは同業者の友達です。今日はずっと約束していたランチの日でした。いつもは、外でごはんを共にすることが多かったのですが、まだお互いの家に遊びに行ったことがなかったのでした。かのちゃんのおみやはいつもセンスいいー。パッケージも味もいつもかのちゃんに選ばれたものはさすがなのでした。私が始めていただいて感動したのは、神保町にある「ささま」の和菓子(かのちゃんは、神保町に大変詳しい)。繊細で、味がしっかりしていて、しかも包装がとびきり可愛い。何年かまえに、展覧会にきてくれたときにも「ささま」の最中をもってきてくれて、千代紙のような柄のその箱は、クリップ入れにして残してある。いちご大福発祥、曙橋の「玉屋」のいちご大福をもってきてくれた。いや、吃驚するほどおいしかったー。私がおみやによく持参していたのは、国立にいたころの、これいちおし、食べてみてーというもの。こうやって、会う時おみや交換をよくやっていた。食べものの話もするけど、絵の話をたくさんできて楽しい。来週は私が鹿野ちゃんちに行く。何か、びっくりするおいしーものおみやに持っていきたいなー。何にしようか宿題だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月29日 (火)

ピンクやなぎ

RIMG0046RIMG0044RIMG0047今日は曇っています。慶応大学のある街、日吉は東急の駅ビルがあり、駅周辺も便利でちょくちょく行きます。日吉のむーじーに行って実物みたら、ドラム式、いまひとつだった。やっぱドラム式には縁ないのかも。残念だわー。
近所の通りすがりにある、ピンクの雪やなぎ、ちょっとアップで撮ってみました。ピンクではじけていて、桜みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月28日 (月)

白い花

RIMG0507RIMG0520白い花に惹かれ、見かけると絶えず立ち止まる。こないだ近所で珍しいもの発見!うすピンクの雪やなぎ。こんなの産まれて始めて見た。「白やで〜、雪やなぎってゆーたらー」。で、またチャリでしばらく行ったら、小降りの木蓮。こちらは白だった。「かわいーなー」。立ち止まって、みとれた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月25日 (金)

歌うたいのバラッド

RIMG0023「Bank Band」の中にあるDVDのサンプル観てひっさしぶりの音楽での大げさな感動。斉藤和義の独特な雰囲気で謳うからこその名曲で、他に表現できる人がいるなんて・・。桜井の歌う「歌うたい~」が流れて久しぶりに音楽に手を止めて、固唾飲み、真剣に聞き入った。曲の世界にひきずり込まれたというかんじ。
コピーは難かしく表現力がいる。桜井は原曲を殺さず、自分のものにしている。本当にいいコピーは本家の素晴らしさも再認識させるし。とにかくよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

チューリップ

RIMG0020RIMG0013RIMG0010RIMG0018


アグレアブル・ミュゼの石田さん夫妻にいただいたフラワーベースに部屋にあったピンクのチューリップを活けてみた。もっといろんな種類のチューリップ色とりどりに入れたいが、今日はあいにく外にでれない。ピンクって、にわかに好きな色なのでした。おバカさんの色と言う。渋い色着ている時より、十中八九、ピンク着ているときのが、あら良く似合うねえと言われる。ハンカチや小物も人が不意に選んでくれるもの、プレゼントにいただくものがピンクなのだ。始めて逢った人にも、ピンクのものをいただく。「えーーー」て言うと、「だって、あんたってこういう顔じゃん」って言われる。おバカなのだ。
朝早く起きて、掃除して、本読んで、調べものして、よけいなことして、今、絵を描くまでの間、ずーっと煮つまってくるのを待っている状態。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

部屋について

RIMG0540RIMG0539RIMG0548横浜に呼ばれて縁あって、住んでいます。私よりもっと横浜づいている、国立のアグレアブル・ミュゼの石田さんと中野さんが、横浜に来たついでに寄ってくれました。大きいガラスのフラワーベースをいただいたので、お花を飾りたいです。マドレーヌさんのクッキーもいただいて、嬉しい。横浜じゃ買えないから。
以前住んでいた、東京の国立と、今住んでいる神奈川の横浜は全く雰囲気が違います。今、住んでいる街は、まず部屋がすごく好きで、その次に街が良くみえてきた。国立の頃は、街が好きで、部屋はその街と人、以上のものでは無かったと思う。もちろん、自分の部屋は本当に大事な空間だから、居心地良く工夫してとても気にいっているのだけど。なーんか違う。今の部屋の好きっていうのは。
で、ほんとに不思議なんだけど、フルーツを買ってきてこの部屋の台所のよく陽の当たる窓際に置いておくと、すごく美味しくなる。最初は気のせいだと思っていたけど、やっぱり違う。買った当初、顔色の冴えないフルーツでも2日もすると、ふんだんに熟して、とっても甘くなる。何回か「?」となったけど、やっぱり、美味しくなっている。こういう現象は今迄経験したことがない。
外がいくら寒くても、帰宅してドア開けると「あったか〜〜」と、暖房つけていたかのようなあたたかさ。だから、フルーツが育つのかなあ。とにかく、部屋の陽光によって食べ物の色つやも変わるということが反明。だから、フルーツをこの部屋に持ってくると、すごーく美味しくなるって話を、美味しくなったネーブルにシナモンを振りかけたのをつつきながら嬉しくて何回も石田さんたちにしていた。石田さんたちと、家と部屋の話とか、人の縁の話とか、横浜ずいていることについて、延々と話ていました。あー、国立、なつかすぃー。それこそ、知人の部屋に自分の当時の部屋探しも入れたら100件は部屋を回った。好きな人たちが今も住んでいるし、かつて住んでいて貴重な時間を供有した人達もいた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年3月24日 (木)

Bank Band

RIMG0499「うたうことは 難しいことじゃない」
突然、J-WAVEから斉藤和義がつくった「歌うたいのバラッド」が流れ出した。しかも、この声、なんと桜井和寿がうたっているー。嗚呼、なんて、素晴らしい歌なのでしょう。
やっぱり、この歌は名曲中の名曲だ。
しかも桜井の表現力にかかると、活き活きとして、斉藤和義自身は言うまでもなく素晴らしいが、このオリジナル楽曲が蘇る。さすがだ、桜井も謳うために生まれてきたような人だ。
ネットでオンエアー中の曲紹介をみるとBank Bandよりと、J-WAVEに記載されていた。
「Bank Band」とは、桜井和寿と小林武史と坂本龍一とが結成した自然エネルギー、環境エネルギーに融資する集団みたいだ。メンバーが小林武史と坂本龍一だし、この曲が入った「Bank Band」のCDが出たら買うなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月22日 (火)

朝食なし

RIMG0497花粉症や鼻炎は、からだに溜まった毒素が原因という説がある。調べていたら、朝食を抜いて腸をクリアーにすることが効果があるらしい。抜いてみて、フラフラしたり、気分が優れない人は、体のどこかが悪かったり、普段食べ過ぎらしい。そういえば、自然と朝を摂らない時期があったけど、気持ちがすがすがしかったなあ。甘いものも、原因らしいけど。これからは朝食を抜こうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月19日 (土)

新生パレット

RIMG0485「冬の〜」とか、「リング」とか、どこかで聴きなれた単語ですが、平日の昼間の連続ドラマ「冬の輪舞」にはまっていて、毎日1時半になるとテレビの前にしがみついている。黒坂真美がかわいい!いよいよクライマックスで涙なしでは見られない。今日明日はドラマがないので淋すぃ。あー、早く月曜日こないかな。
結婚お祝いで注文いただいた絵を半年待っていただいていた。去年の秋は家探しで、年末は引っ越し準備をしていて、年明けに越して、ずーっとばたばた、家はすぐまとまったけど、今迄貯えてきた身の周りの荷物の整理整頓を毎日毎夜、根こそぎしていたので、落ち着いて絵を制作できる心の余裕がなかった。時間が空くと、「これはほんとに必要か?」と、また辺りを見渡す習性がついてしまっていた。
やっと、なんとなくメキメキ制作したいモードになってきた。10年くらい使っていた水彩パレットがある。水彩絵の具は絵の具を固め、水で溶きながら使うのだが、このパレット、化石みたいになってた。思い立つことがあって、新しく買い替えた。今日から新しい絵の具を固めていく。つうか、あんまり固めないで、その都度絵の具を出して、使うことにしてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月18日 (金)

花々

RIMG0459なんてことない、花粉の季節だと思っていたが、やはり、すさまじいかも。考えてみたら、SCOTTIEティッシュは部屋に3か所に設置、一日一箱消費し、鼻の周りは皮膚が破れかぶれでかさぶたに。本日の出先では目も開けていられなく、半目開き、うつむくと鼻水が止まらず、喉も熱くて、頭もぼっとして、速攻帰ってきた。くしゃみが連続で止まなく、電車も乗っていられない。連休は予定返上、じっとしていないと。
ラナンキュラスが好きだった、そういえば。予備校の時の受験のデッサンで描いていた。白は滅多に描かなかったけど。白いラナンキュラスはつぼみの部分が黄緑で、なんて愛らしいのか。薔薇のようで、全く違う。ふわふわ揺れて、たおやかに周りの空気を含んでいる。白い花は、セラニウム、木蓮なんかが好きだったが、そういえば、白いラナンキュラスもとても好きだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月17日 (木)

オロブロンコ

RIMG0452グレープフルーツとザボンを交配してポメロが生まれ、更にそのポメロにグレープフルーツを掛け合わせて誕生したのがオロブロンコという、サボンみたいなグレープフルーツみたいな果物。 オロブロンコは早生種で果皮が厚く、酸っぱくなく、非常に甘い。こんなに美味しい食べやすいGFがあったのかと最初は吃驚した。残念ながら冬、12月が旬らしく、今は八百屋にはない。ここにあるのは、できそこないで八百屋でゲットしたもの。一週間おきに買いに行って、20個くらいはゲットしたかな。こないだ、めぐちゃんたちに食べてもらったら感動していた、やっぱり・・。というわけで、大好物フルーツになりました。こないだ「好きなフルーツは?」という話になったが、「もちろん、桃、りんご、そして、オロブロンコ!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月16日 (水)

ぼーっ。

RIMG0438
外は16度で温かい一日です。花粉は例年の30倍とかいうけれど、毎年鼻はこの季節大変なので、あまり大差がわからないです。鼻が調子悪いと、頭の回転も鈍り、ボケボケしやすい。熱が出やすい気がする。でも、なかなか私は、熱を出さないので嫌になる。高熱は5年に一度あるかないかです。風邪ひいている人の近くにいても、なかなか移らなくて。高熱を出さないと体が浄化されないし、免疫がつかない気がする。ある整体にいっている友達曰く、一年に一度は高熱を出さないとガンになるらしい。その友達は高熱が出ると、「あー、上がってきた、上がってきた!」と喜び興奮するらしい。40度近くなると、やっと熱は下がりはじめたくさん汗がでて何回も着替えるんだってー。薬は一切飲まず、自分の体の力にまかせて。確かに高熱時、余計なものを体が受け付けず、気持ち良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月15日 (火)

駅ビル

RIMG0433
渋谷の路上には出ないけど、駅ビルにはよくいく。東横線降りると東急本店に直結なので、買い物をよくそこですませる。横浜駅に行って右往左往するより楽。恵比寿に行く前や代官山に行く前にもちょっと渋谷の駅ビルに駆け込み、すぐまた東横線に乗って、待ち合わせに急ぐ。昨日今日とそういう感じだった。駅ビルって便利よね。一昨日、泰子ちゃんいもらったラナンキュラスが咲いて来て、眺めていると癒されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

髪の毛はいつも思い立ったが、時

RIMG0411
先週、めいちゃんが帰ったあと、無性に前髪が切りたくなって、眉毛の上の上までバサバサ切ってみたら、気持ちよくなって、全部髪の毛を切りたくなってきた。折角だから、違う人に切ってもらいたくなって、ぴろえちゃんが行っているカリスマ(死語)美容サロンに行ってみようと思いたち、青山界隈にあるサロンのHPをみた。たくさんいるスタイリストのなかから、どの人に切ってもらおうか選んでいる時が楽しい。大抵、女子のスタイリストにしている。男子にはあんまり切ってもらわない。偏見だけどロマンチックにかたちをつくろうとするから。スタイリストの作品+顔で選び、さっそく電話して行った。青山まで渋谷から歩いてみた。どうやったら、挫折せずに楽しんで髪を伸ばせるか、スタイルのつくりかたをいろんなパターンでつくってみせてくれて、流石に上手かった。ずっと切ってもらっていたスタイリストさんも相当上手かったけど、今日の人も髪のかたちつくるのがほんとに好きなんだなあというのが、仕事の節々から伺えて、なかなか良かった。やっぱ、いろんな人に切ってもらうのは自分の髪の毛の特徴や、職人の仕事がみれてよいです。こけしみたいに自分で切った眉上ちょんちょんの前髪も、上手い人にかかると、違う。空気含んで、もとからそういう長さみたいに軽快。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月13日 (日)

同級生

05RIMG0408
高校は三重県の神戸高校というところでした。美術部で一緒だったやすこちゃんと、クラスメイトのめぐちゃんがうちに遊びにきてくれました。1時半に集合で11時に目覚ましかけたのに、「ピンポン、ピンポン、かつみちゃ〜っん!」の呼び声でびっくりして目覚めた。今朝までごそごそやっていて、急いで寝たのに、この時間、恐ろしー。こんな事は初めてで飛び上がったけど、あとで笑えた。ごめんね、やすこちゃん、めぐちゃん。マッハ級で準備にとりかかり、2時半過ぎに遅めのお昼を食べました。デザートは阿佐ヶ谷に住むめぐちゃんの「うさぎや」のどら焼きと、グレープフルーツといよかんのシナモンかけ。で、音楽の話に華が咲く。めぐちゃんの話聴いていたら、吉井和哉のセカンドアルバム聴いてみたくなったので買おうと思いました。めぐちゃんのヨシロビのコメント読み直します。
タバコ吸い、肉やカップラが好きな強靭な胃腸、お洒落に余念がない亀山に住むやすこちゃんの91歳のハイカラなおばあちゃんの話が面白くケラケラ笑いました。一度お目にかかりたいー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

とねさん

RIMG0399
無類の映画好き、映画会社のポスターをデザインしている、デザイナーの「舎川敏明」こと「とねさん」。学校卒業して初めての就職したデザイン会社で一緒だったとねさんは、飛躍した発想で才気溢れていました。当時のコンペブームの中、当然ながら入賞しまくってました。やわらかくてやさしくて、カチッとしたものを作れる人でした。あの才能素晴らしい。尖ってなくて、人を癒して救えるものを作れる人。本人はそのように意識していないかもしれないけど、作る姿勢と作品の中に世界平和を祈る気持ちは推し量れる。
この「大統領の理髪師」はとねさんの手掛けたデザインで、この素晴らしいタイポグラフィーデザインをみてください。美しい〜〜〜。この映画の雰囲気を表現した完璧なレタリング。このタイポグラフィー絶賛されてるらしいけど。
このポール(笑っ) 、このぽわ〜んとしたポールを私は描かせていただきました。有り難いですねえ。去年です。いいお仕事ですねー。とねさ〜ん。
この「大統領の理髪師」ロングセラーですって。ほのぼのしてそう。
今日は、初めて横浜デビューしようと試みたがギブアップでした。ルミネのデパ地下で買い物して終わり。その他の百貨店でコスメツアーしようと思ったけど、怒濤の人混み、迷路のような横浜駅。何度も同じ場所をくるくる回っていた。汗だく・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月12日 (土)

さようなら、春

RIMG0373
最近、春が好きじゃなくなった。あまりにも別れが多すぎる。もちろん出会いもありますが。桜ってなんであんなにはかなく、悲しそうなんだろう。そして桜の花が満開の姿って、怖い。
桜の木の、花咲く姿にこの世のはかない生と死の縮図を感じる。花見はせつなくて苦手なほうだ。桜の花が、笑っているというのでは到底なく、泣いているように見える。
こういう時期に一番、人と人とのつながりを強く感じたり、生きていることについて深く考えさせられたりするけど。いろんな時期があるのだろうけど、ここ何年かは、一番好きだった季節が一番早く過ぎて欲しい季節になってしまいました。黄色いお花?虫?シンプルで脳天気なアウトサイダーバッチ最高ー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月10日 (木)

春の使者 ふきのとう

RIMG0371RIMG0368
雪解けを待たずに顔を出す春の使者。一番早くでてくる山菜です。独特の香りとほろ苦さが春の息吹を感じさせます。 「春の皿には苦味を盛れ」と言います。 冬の間にたまった脂肪を流し、味覚を刺激して気分を引き締めて一年の活動をスタートさせます。 冬眠から目覚めた熊は最初にフキノトウを食べるとか。(食材事典より引用→http://www2.odn.ne.jp/shokuzai/oishii.htm)
干し椎茸をいつも取り寄せしている熊本の友達から、ふきのとうが一緒に届いた。わらびの乾燥したやつも入れてくれてあった。「ひゃっほ〜い!」。嬉しくなって、さっそく天ぷらに。ふきのとうの緑は本当にきれいだ。湿らせた新聞紙の上で苦い香りを嗅ぎながら眺めていた。揚げてみても、より一層きれいに見える、淡い草色。大根おろしをふんだんに剃ったつゆでいただく。海老、薩摩芋、長ネギ、人参、玉葱
ピーマン入りのかき揚げもふんだんに作って、冷凍保存した。今度、引っ越しを手伝ってくれためぐちゃんと泰子ちゃんがうちにきてくれるから、食べてもらおっと。
和風が暮らしいいに3ページ、国立の頃の家を載せてもらってあるので、書店で見かけたら観て下さい。早く掲載誌届きますように。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年3月 4日 (金)

やばいよ〜。

050302_1851001050302_2002001いろいろ「やばいよ〜」の近日でした。先日麻布の隠れ家(死語)韓国料理店に連れて行ってもらいました。出された3種盛りのお通しからやばかった。次々お薦めの品々がでてきたけど、分厚い鉄鍋にのせられた厚いチヂミが「やば〜〜い!」。最後の韓国のキムチ鍋もほんとに美味しい韓国料理でした。ラーメンが入っていて、韓国のかぼちゃも入っていた。みんなで「美味しいねえ」と、なにを話していたのか忘れたけどケラケラ笑って食事しました。そのあとは、銀座のバーに。お酒よりつまみが美味しくてやばかった。食べたことないチョコレートとかオリーヴとかサンドイッチとか。そんな楽しい時を過ごしました。
ここんとこ、何をやってたのか覚えてないくらいあっという間に日が過ぎていきます。これっていって何もしていない時程、一日は早く過ぎて行く気がします。やばいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年3月 2日 (水)

アウトサイダーバッチ2

RIMG0215
昨日はチャリで10分の港北税務署に確定申告に行ってきました。初めて自分で最後まで作成できました。
いつもは計算だけして、書き込みは税理士さんの指示どうりやっていたので、今日は提出のみで早かった。帰りに近くの団地で出店の八百屋があったので、蓮根、油揚げ、しょうが、バナナを買ってみた。なかなかこのあたりで美味しい八百屋さんがみつからない。それがとても残念。今日の出店もブー(×)でした。アウトサイダーバッチは相変わらず机の前に転がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »