« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005年4月27日 (水)

仙台旅行

奄美大島を見送った次なる旅行の予定は、夏の宮城県。また何でやのん、って感じですが、友達がおるんですねえ。
今日は植物の説明イラスト(図版)を描いていますが、こういう説明イラストは何も考えなくていいから楽だ。と言ったら失礼ですが、内職みたいな感じで好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月26日 (火)

スコール

薄日が差す網戸に突然の雨。初夏の兆しです。
先々週から10日間、離島、奄美大島に旅行に行くはずでしたが、チケットをキャンセルしました。半額しか戻ってきませんでした。ひ〜。
昨日東京に戻ってきていたはずでしたが、過ぎてしまえばあっという間の10日間だったと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年4月25日 (月)

蓮 根

RIMG0087春、一番食べたい野菜。蓮根っておいしいよねえ。お釈迦様に近くて、縁起がいいのもいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天日雨浴

RIMG0084去年拾ってきたふんだんの銀杏。ベランダに干したまま、日光浴と雨ざらしの交互で、いい加減仕舞わなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月24日 (日)

密かに

楽しみにしているサイトがある。忙しいみたいでめったに更新しない。もの書きで文章がやっぱりウマい。息するみたいに、お茶飲むように、子供が瞬きするように、すいすい書かれた文章。前向いているわけでもないのに、目で追ってると気持ちいいから、早く更新してくれないかと思うのだが、な〜い。文章書く人に多く見られる酒呑みで、いちいち更新してないんだなあ。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑さんさん

RIMG0076今日は自然がたくさん届いた。ありがとうございます。母が育ててくれてる野菜と竹の子、あさりとあおやぎ。ルッコラも袋にいっぱい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月23日 (土)

風情な平屋、お宅拝見

RIMG0069RIMG0072今日はインテリア雑誌の取材を中心に活躍されているライターのIさん宅の引っ越しパーチーでした。都心とは思えない広くて風情のある日本家屋です。たくさんの方がお見えになるので、好きな時間に訪れていいように、お昼の1時から夜の10時まで解放というお店みたいなシステム。ケータリングのお食事が用意され、お手伝いの編集の方が走り回 られていた。お祝いだけ届けて裏取材させてもらって早々に退出させていただこうと思っていたのに、畳の住まいにはめっぽう弱い。人が少なかったら足伸ばして終いに寝転びそうになっただろう。ここはぐっと気持ちを押さえ、もちろん正座したままビールをチビチビ、ゴクゴク、調子に乗ってあれよあれよと飲んでしまいました。いい気分。隣に座っていらした編集の方は、大島紬の雅びな和装で、顔色一つ変えずにお酒を飲まれてた。昔よく原稿を届けに行っていたK社にいらした方で、裏取材の話で盛り上がった。今から逗子まで取材に行かれる方、待合わせの方、私は版画の展覧会にと、ほどよい時刻に何人かの方と帰り道を共にする。5〜6年ぶりにお目にかかった、s社の方もいらして、いやあ、伺って良かった。流石、インテリアの取材で全国を駆け巡り活躍されているIさん宅は、素晴らしいこだわりのある一軒家でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月22日 (金)

散 策

RIMG0052何回も連絡もらって、店員さんに半ば呆れられていた洋服のお直しを、代官山に引き上げにいった。そのまま着て目的の展覧会を観に、青山まで出かけた。作品云々より、作家が奇麗な人だった。失礼のないように密かに見とれていた。ついでに根津美術館の脇の通りを散策した。やっぱり青山は好きだなあ。特に、人通りが少ない根津美術館周り。
*今日も作ったお豆腐団子。豆腐は絹ごしにしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お豆腐団子

RIMG0036地粉120グラム〜適宜に絹豆腐半丁、粗塩ひとつまみを加えて、手でこねます。スプーンですくって熱湯に次々落としてゆきます。これは、不格好なほどよいです。あずきは粗塩小さじ1と強めに入れて炊き、煮上がったら黒砂糖を味を見ながら適宜加えてゆきます。お豆腐団子に黒砂糖あずきをかけて食べる。飛び上がる程おいしいお八つのできあがりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月21日 (木)

山散策

RIMG0001写真は菜の花。近くに梅をはじめ、きれいな花をつけた木々のある小さい山がある。晴れた日に、登れるところまで登ってみた。それがすごい急な坂で、登る途中ここで息抜いたら転げ落ちるーと思い、一気に公園があるところまで登った。途中にあった家々は週末に街で買い物済ませ、めったに降りてこないだろうなあとか想像し。郵便屋さんも大変だろうなあと。登ってみると実に見晴しが良い。おもちゃみたいな家々。森林の遊歩道があって全く下界と空気の味が違う。緑も濃く、空気が澄んで思いきり吸いたくなる。し〜んとして人もほとんどいない。散歩コースなのだろうが、のぼり坂が厳しいからめったに来ないんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月17日 (日)

温冷浴

0冷たい水浴に始まり、温かいお風呂に入り、交互に5回ほど温度差浴を繰り返す温冷浴。いろんな病気、健康法に効果があるらしい。皮膚呼吸を鍛えたいと、やりはじめたが、辛い〜〜〜。浴槽が一つしかない人は、冷水かシャワーを約一分かける。これを説く甲田療法、甲田先生の本を読みあさっているが、ある人が、その本の中で「地獄につき落とされたような辛さ」と表現していたが、ほんとそう。思いきり目瞑って、せいぜいシャワーで20秒。しかも、腕と下半身、顔と頭だけ、お腹から上の心臓付近はもうこの冷たさが怖くてやれない。本当は全身やらなきゃいけない。とにかく、「ひえ〜〜〜っ」って、すごい勢いで温かいお風呂に入る。そうすると、冷えきったからだが湯の温かさにしびれて、血液が ビュンビュン流れているのを実感。5回もやれないから3回にした。上がってみると、肌がバラ色みたいなピンク。つまり続けると血行が素晴らしく良くなり、冷え性やらむくみも解消、病気知らずの、健康法、美容法でもあるらしい。でもさあ、これ、真冬にもやらなきゃならないんだよ。今の季節で飛び上がる程の過酷な修行とうろたえてるようじゃ、ダメみたい。写真は、プレゼントにあげた夏には産まれる妊婦の友達から写真付きでメールがきた。私はもう甘い物はしばらく卒業するよ〜。ほんとかえ〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月14日 (木)

白い食べもの

RIMG0009白砂糖や白飯など白い食べものは一般的に体によくないと言われている。なのに、豆腐は白なのに体にやさしい。玄米クリームは玄米を粉砕して水で練って作る。手間暇かかるが、ウマい。これに岩塩を加えるとぐ〜んと甘くなる。出来上がるとやわらかい白みたいなクリーム色。こうやって黒い器に入れると更に美味しくなるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月12日 (火)

韓 流

RIMG0004先日、アグレアブル・ミュゼに国立在住の芽以ちゃんと伺って、二人でいーっぱい幸せな買物した。洋服とか帽子、鞄とかプレゼントとか。桜フィーバーも宴たけなわで、お客さんで賑わっていました。閉店後、石田さん夫妻に芽以ちゃんと西国立に程近のおすすめ韓国料理店に連れていってもらいました。チヂミに始まり、春雨炒め、イカの味噌炒め、ビビンバ、モツ煮チゲ、豆腐チゲでお腹いーっぱいわいわい平らげて、ご満悦でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月11日 (月)

豆腐生地のすすめ

RIMG0299小麦粉を豆腐で溶いて白玉や、パンケーキにすると、っんまい。
お好み焼きの生地に入れるのもおすすめ。
作り方)地粉に絹ごし豆腐、岩塩、白すり胡麻、水、酒を加えてかき混ぜる。更にキャベツ千切りをざっくり混ぜて、油で両面を焼く。かつお節を振り掛け、酢醤油とマヨネーズをふりかけ、のりで巻いて食べる。*生地にキムチも入れるとまたまた極上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月10日 (日)

ゴチです

RIMG0291RIMG0287昨日は、駒沢大学に自邸を建築中の友達夫婦、駅近高級マンションに仮住まい中につき、お酒片手にすねかじりに行きました。駒大の「パティシェ高木」のケーキと、お好み焼き。お腹いっぱいで、お腹重くて、横になりながら喋り倒し、終電に間に合うかとうかで突っ走って帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 8日 (金)

似顔絵

昨日、イラストレーターのかのちゃん(鹿野理恵子ちゃん)に、ペンツールで似顔絵描いてもらった。眼鏡なしの顔と、ありの顔。似てる・・・。yadasan1yadasan2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 7日 (木)

かのちゃんち

RIMG0267RIMG0273RIMG0265都営三田線沿いに住む、同業の鹿野理恵子ちゃんことかのちゃんちにお邪魔しました。おみやは自由が丘かのモンサンクレールの姉妹店、「自由が丘○ール屋」のロールケーキ。もう行かない!ウマくない!!
そして白金高輪にある豆大福の「松島屋」。午前中で売り切れると言うので予約した。「これはんーまいっ!!!」二人で唸った。草餅の皮なんて、いかにも山で摘みたて草の匂いプンプンのよもぎがぎっちり練り込まれて噛み応えある。あずきは濃厚で人工甘味の味がしない。護国寺の「群林堂」より「松島屋!が一番!」になった。かのちゃんちは明るく、桜をはじめ、緑がたくさんある素晴らしい環境のなかでした。心つくしの手料理も御馳走になり美味しかったです。あっという間に夜になり、名残惜しくも切り上げて来た。かのちゃんとは食べものもそうだけど、絵のはなしがお互い止まらなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 6日 (水)

すばらしき広尾とぺんぺん草

RIMG0240RIMG0241今日は恵比寿で原稿の受け渡しのあと、広尾で働くめいちゃんのお店、ギャラリー旬のオープングに伺いました。広尾は明るく広々として、大人っぽい街で、歩いていると気分がいい。大好き。こういう街で働けるなんて、めいちゃんいいなあって思う。ギャラリーの作品もさながら、めいちゃんのディスプレイが素晴らしい。特に生けた花。野草ペンペン草がどっさり組まれたコーナーがかわいくてくるくる観てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 5日 (火)

おいしい青汁のつくりかた

RIMG0207RIMG0206今日の第一食は青汁。はじめてトライ。テレビで観てるとよく「うえっ、まずーっ」と芸能人が言ってるが、すんごく美味しく出来上がりました。自家製青汁ってこんなに美味しいのかと吃驚しました。これは500ミリリットルでも1リットルでも飲んでしまいそう。栄養価も高いけど、生の野菜をふんだんに使用するため、エンゲル係数がぐーんと上がります。青汁は生の野菜をミキシングして、野菜のかすをすてて、絞り汁だけを注出した贅沢な飲み物でとても高価です。たいてい5種類くらいの葉野菜と根野菜を入れるらしい。今日は、大根、にんじん、キャベツ、トマト、小松菜。どれも、無農薬で素材がいいやつ。三重県の実家にこないだケールの種を送ったので、母に畑で育ててもらい、そのうちケールも入れる。母にはルッコラも育ててもらっている。野菜の他に入れるものは、ゲランドの岩塩。これが決め手です。ゲランドの塩はそのままでもパクパク食べれるぐらい天然の甘みが凝縮して、料理には欠かせない。ゆくゆくはやはり国産がいいが、今はこれ。フープロに素材を全部入れ、「旨くなれ」と愛ビタミンも入れます。グィーンとかくはんし、ざるに漉して絞ります。完成!一口ふくむ、「んっま〜〜っ!」。ゴクゴク飲んじゃいました。野菜の取り過ぎも良くないらしいから、ほどほどにしときます。不味い青汁ってのは一体どんな味なんだろう。ちょっと想像つくけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 4日 (月)

ぷらり大阪

RIMG0198用事があってとんぼ日帰り大阪でした。近鉄八尾駅目指して行った。三重県だと大阪は近いように思われがちですが、方言も文化も全く違い、距離も結構あるように思えて、今迄2回しか行ったことがなかった。大阪の人はみんな人なつっこくて尋ね事しても丁寧に教えてくださる。「気ぃつけて」とか、「ありがとー、おーきに」とか言う言葉が飛びかって、人情溢れてる。やさしい。近鉄特急はあるが、始めて新大阪の駅で新幹線利用した。奇麗だった。いつもは東京駅だったが、新横浜も始めて今日利用した。横浜の自宅からだと、新幹線の走る新横浜駅は無理したら歩いていける距離だった。贅沢だけど新幹線好きだ。2〜3時間滞在の大阪でいただいた、柿の葉茶。柿の葉茶ってビタミンがものすごく多いらしい。初めて飲んだ気がするが、おいしかった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年4月 3日 (日)

くるみの蒸しパン

RIMG01950徒歩数十秒のところに、24時間営業の99ショップがある。結構いいものものが揃っていて、コンビニで気になる商品も99円で置いてある。ずっと気になってたこの伊藤製パンの2個入りくるみ蒸しパン。誰かのHPにも紹介されていて今日買ってみたら、めっちゃおいしかった。容姿もかわいらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるみのお皿2

RIMG0179寝ぼけながらで、ぐちゃぐちゃですが、大根おろしとおひたしを盛ってみる。のりは大根おろしにつけて食べるのが一番で、時々やる。ゴーヤが出回る頃に、「玄米チャーハン」をもりつけるのがいいと思う。玄米のつぶつぶ感がチャーハンに良く合う、干し椎茸のだしを効かせ、白すり胡麻で香ばしく仕上げる「玄米チャーハン」は、「やさしいごはん」のレシピの中で夏になると一日置きにやるくらいウマい。ゴーヤも甘く仕上がる。
あまり似合わないと思うけど、お好み焼きが食べたくなったので、近いうちにやって盛り付けてみようと思う。
お好み焼きに、何を入れるか。干し海老と、大和芋と、岩塩(甘みを出す)は必須。卵は自然卵、小麦粉は地粉。甘い春キャベツだと最高+おこのみの具を加えてふっくら焼く。のりを揉みほぐしてとサバのかつおぶしかけて、紅しょうがは適宜、醤油マヨネーズでいただく。ほんっとおいしー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 2日 (土)

くるみのお皿

RIMG0132RIMG01460かのちゃんにいちご大福をおみやにいただいてから、近所のを連日食べてる。昨日買ったくるみのお皿とガラスの器に、大福を2段重ねてみる。その上に、いちごをのせたいところだ。お店の人はパンがあうと言ってたが、このくるみのお皿には、チャーハンや、スクランブルエッグやおひたしをのせたい。木のお皿で贅沢にごはんを食べてみたい。今日は大根おろしでのりを食べて、サラダをのせてみた。こういうなまものをのせたほうがいい。そのほうが贅沢。とり皿にも何にでも使って味をだしていくのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 1日 (金)

散 歩

RIMG0112RIMG0091日吉の東急で、四国のほうから出店していた気になった和菓子屋のずんだくず餅とよもぎ入り道明寺の桜餅というユニークな二品を買う。二つともかなり美味しかった。常設になったら通いたいくらい。そのあと散歩がてら学芸大学にガラス作家と木工作家の作品展を観に行く。ギャラリーまで歩く途中、立派な木蓮をみつけた。近寄って、いろんな角度で見上げてみた。ギャラりーに辿りつくと、ガラスの器も、くるみの木を削った作品も素晴らしく、買ってしまった。よくよく考えるとなくても済むものだ。美の誘惑にはかなわない。
帰り道は駅近のギャラリーでイラスト展がやっていたので フラッと立ち寄った。知人の名前が芳名帳にあった。このかたの作品、生でみたいというのがある。去年も見逃したが、ユトレヒトでやっていた網中さんの原画展、また見逃した。K誌に連載されているワタナベさんのイラスト、とてもうまい、生で見たい、描いているところが観てみたい。展覧会かぁ・・、自分だったらどんな作品がつくりたいかなど考えて岐路に立つ。なかなかいい散歩でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小女子

RIMG0080のりの収穫が終わる春先になり、小女子(こうなご)と呼ばれる小魚の漁が始まる。伊勢湾でよく摂れる。この小女子が大好物で、釜揚げから卵を落とした煮炊き、じゃこにしたものを酢につけて食べたり、小魚は頭から尻尾まで食べれるから味が凝縮してどんな刺身よりおいしいと思ってしまう。一年で一番好きな漁の季節。この小女子を母がつくだ煮にしたものが、とてもおいしい。ちょうどあさりの漁なのであさりもつくだ煮にしてくれる。知人友達にあげると、とても喜んでくれる。小女子を食べたことがないだろうし、つくだ煮の味わいにも初体験なのだ。いろんな人に食べてもらいたい。収穫数が減っているあさりも小女子もどうか地球が健康でずっと摂れますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »