« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月21日 (金)

展覧会のお知らせ

来月11/15(火)〜27(日)まで、大阪のitohenさんで個展を開きます。
なかなか美味しそうな絵ができあがってきました。お近くにお住まいの方や、大阪までのついでがある方がいましたら是非覗きにいらしてください。
梅田から歩ける明るく気持ちの良いギャラリーです。
セレクトされたたくさんの本とカフェスペースもあります。
トップページのnewsに情報をアップしました。DMが出来ましたら随時追加情報をアップしますのでよろしくお願いします。

*DM御希望の方はメール(トップページ下記より入れます)に宛先を御記入の上、ご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

笑いのセンス

笑いのセンスが全てかもしれない。ここが合うことが私は最も大切でそこが合えば一気に距離が近くなる。笑いをみるとその人がどこをみているのか(何を大事にしてる)がよく分かる。品性も全て出てしまう。この場合の品は思いやりのようなニュアンス。絶望の最中でさえ、笑いは光在する。長く続いている友達はみんな究極この笑いのセンスが合う。お腹かかえるほど笑うとき、「やっぱり?」というように視点が同じだったりする。空気のくすぐりあいや打ち合いができて非常に心地よい。故人のタコ八郎さんが「人生とは間(ま)である」といっていた名文句を北野武が絶賛して昔解説していたけど、この間(ま)って究極、「笑い」の中にとても見えるよねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

文化継承

昨日は銀座で知人の版画家さんの個展にお邪魔し、作品を購入させていただいた。そのあと飲食をされてる方のお店に伺った。
私の人生のテーマのひとつにある「文化継承」。
手仕事をされている力ある職人、芸術家達を後世に残すことのお手伝いをしたい。そういう人達にお金を落す、そのことによってその職人さんたちが仕事を続けられる、文化が受け継がれていく。。。それが今の時代を生きている私達の使命だとも思っているのです。なので、昨日は二つそれがやれました。私自身も芸術活動していて残してもらえるようないい作品をつくらなくてはならないと思ってるので、手仕事されてる創り手(職人、芸術家)には厳しい目で観てしまうけど、いい作品をつくっておられたら、また光るものがみえたら惜しまずそこにお金を落す!そのことで一票を投じる。ちょっとした自分にとって世の中の平和、文化貢献への選挙なんです。
去年、分不相応な私に代わって、母が一票落としてくれた大島紬職工の親方の素晴らしい作品が、押し入れに家宝として肥やしてあります。文化継承に則って近々着物デビュー、 陽の目が観れますよう。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

神無月

RIMG0098RIMG0100今日は神様の会議の日です。気温も高く、いい天気でした。うちの近所の氏神様の祭神 は実家にある伊勢神宮と同じ伊邪那美尊、その他に、事解之男命、速玉之男命。二つに分かれているので両方参拝に行きました。柏手を打ったら、響いたので気持ちが良かったです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »