« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月25日 (日)

祈・2006年

のこりわずかで2005年も終わりです。

この一年、絵を描いていたからこそいただいた有り難い御縁がたくさんありました。
展覧会に足を運んで下さり出逢えた方々はもとより、去年創らせていただいた本が1人歩きしてくれて、それを手にとって下さった方々から生の声を聴けたことは感動でした。

今年一番のトピックは永年住みなれた街から、心機一転、知らない遠い街に引っ越したことです。
これがきっかけで私のなかのある執着がなくなり、もうどこへ(心の場所も)飛ぶのも怖くなくなりました。

新しく生活が変わると、風向きも変わり、人間関係もおのずと変わりました。
表面的には諦めていたもの=しかしながら潜在意識では変わらず求めていたもの、が、向うから自然にやってくるような不思議なできごとがいくつかありました。
本当に本当に望んでいたもの。

人間の潜在意識は心底なにかを望めば必ず叶う方向に走ると言います。今迄叶わなかったものは、心底望んでいなかったからとも・・・。
現実が目の前にあらわれると、私が望んでいたものはこれなんだと素直に思えたり・・・。
思い返すとみんな新境地に来てからの出来事です。
新しいことを始めるのは 何であれ、相当なエネルギーがいるけど、こだわりを捨てて、ちょっと勇気をだしてその波に乗れば、そこには今迄見た事ないような自分と広がる景色がみえてきます。
結構、飛んでみると気持がいい。来年はまた自分の中の壁を新しく飛べたらいいなと思います。

地球の温暖化、環境汚染、コンピューターの目まぐるしい進化、携帯電話の普及、世の中の便利さとそのスピードに反した人間の心が病んだ悲惨な事件、自然と人間が共存することの難しさ、その課題は年々深刻になって行きますが、未来は明るい、そう思って、仕事をしていけたらと思います。

来たるべき2006年が地球にとって、みなさん(わたしたち)にとって幸せな年となりますよう〜、心よりお祈り致します。今年1年、このHPとブログにお越し下さった方々、出会えた素敵な方々ありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

御家族とよいお年をお迎えください。  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

ぶーちゃん X'mas

やさしいごはんの中にも明記しましたが、三重県の実家のほうでは、お茶のことを「ぶーちゃん」と呼んでました。こないだ、とある人に「はい、ぶーちゃん」って差し出したら、「なんじゃそりゃ?」って顔してました。「だっせ〜。」って言ってきたので、あつあつのぶーちゃんを顔にかけてあげました、ってのはウソです。で、その時、丁度並んでた魚を「これ何?」ってたずねたら、「これはあいなめ、これはなんとか、これはぶーちゃん」だって。そうかあ、ぶーくん、ぶーさん、ぶー子さんとか、名前の一種と思ってるのだなと思った。しかし、その魚がぶーちゃんに見えてめっちゃ笑えてきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

31これは友達のめいちゃんが写メって送ってくれたものです。海と山だったら断然「山」派。山の土と木と川の匂いが好きなのと、山の方がより深く一人になれる気がするから。そんでもって海を眺めたり泳いでみたりには興味ないけど、漁師さんが仕事をする漁港や魚が捕れるという意味での海は格別な想いがある。しかし結局は、海も山も森も深く繋がり、関わっている。2006年の私のテーマは山の恋人である「海」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

じゃがいもくん

051219_1352001これは茹でたてのじゃがいもくん2005です。あまりにも可愛らしい表情だったので写メってみました。やっと年賀状が出来ました。郵便局で売っているお年玉付き年賀状と、画用紙の2バージョンです。宛名書きを終えた画用紙の方に明日切手を貼って投函します。春待ちわびる感謝のご挨拶、初日の出と富士山が拝める元旦に着きますよう。祈2006!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

ぼーっと冷蔵庫

050905_1415001これは9月にTさんが作ってくれたゼリー。写メにあったので気持ちが透き通るやうにアップしました。綺麗で美味しかった。グレープゼリーかな?
ところで、私はよく寝ぼけてたり、抜けてる瞬間に冷蔵庫に変なものを入れます。寝起きに沸騰したやかんを冷蔵庫に入れようとしたり、今日は焼き上がったパンを冷蔵庫にしまおうとしました。ニット帽も帰宅時に入れようとした。考え事してたりぼーっとしてる時にする。すべからく、冷蔵庫のドアを閉めようとする瞬間にハッと気付く。前に、や探ししてた眼鏡と部屋の鍵も入ってたなあ。なんで冷蔵庫なんやろ?急須の蓋を何回も何回もポットにかぶせようと考え事しながらやったこともある。
今日は、友達がメモリが足りなくて動作の鈍さが顕著になってきた愛しの i MacG4 ちゃんのエンジン増設手術にきてくれました。無事終了。グィ〜ン、グィ〜ン早くなって気持ちよく動いてくれてる。やっほ〜い。これで来年の準備も万端。ガンガン働きま~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

2005年よ、ありがとう〜。

051216_2238002写メールでお店のカウンター越しに職人さんに捕ってもらいました。陶器を扱うギャラリーで働いているめいちゃんとです。友達同士は顔が似てくるらしい。特に笑い顔。これからはたくさん友達の写真をアップしてみようと思います。2005年もあと二週間でさよならです。やることも考える事もたくさんあって一つでも片づけくてはと思うのだけど、焦っても仕方ないって寝休日でした。今からやらなくては。本来なら今日は年賀状の絵が出来てたはず。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

新チャリ

三重県の方ではチャリ(自転車)のことをケッタと呼んでました。「ケッタマシーンでいくに〜。」って言ってたなあ。私のお気に入りのベージュのプジョー君が盗まれました。新横浜まで友達と飲みに行ってた夜、カギをうっかり掛け忘れていた。こりゃあかんよね。でも・・・、ちょー悲しい。もう生産されていないし、あの色はほんと可愛くて家にきた人々からいつも「可愛い可愛い」とチヤホヤされてた君でした。仕方ないので、ルイガノというカナダ産のチャリを今度は買いました。でも、お気に入のチャリが盗まれたトラウマで2階のアパートの前に置いたまま、新ピカのまま、路上を走っていません。出かける時、いつも新ピカのルイガノ君に挨拶しつつ、遠くまでも歩いていきます。ショックのほとぼりが癒されるまでは、家の前のインテリアです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

意味のないことは無い

違う人間同士、分かりあおうとするから難しくなるのですね。目の前にあるハードルについて、「どうしてこうなってるのか意味を考えよう。この必然の意味がわかったらもうこのハードルは必要なくなる」、同じ境遇にいる人と考えました。一瞬にして本当は飛べるものなのか、さながら未熟なので困難にみえる・・・。とはあれ、日々 魂の研磨剤に感謝しなくてはならないのでしょうね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

やっと

RIMG0038完成しました。自分が外でみかけたら思わず買いたくなるような(おめでたー)、好きな作品ができあがりました。こんだけ時間かかって何枚か失敗し、今日は2枚しかできませんでした。今から、やっと気がぬけた事ができます。それもやっぱり仕事〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵を描く

今日は家にこもってオリジナルの絵を描いてました。早く上げて青山の知人の展覧会に行こうと思ってたのですが、だみ〜。なかなか描けなかった。今も描き中。描くモードに持っていくのに半日かかった。どうも勘が鈍い。ボロボリとせんべいやらスナック菓子やらアイスやらいっぱい食べてしまったよ。運動しなきゃ〜。明日ボーリングの練習に行って消費してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

深呼吸と笑うこと

毎日いろんなことがあって目まぐるしい師走です。未熟ゆえに試練のハードルも日々、有り難くやってきます。些細な事でかんしゃくを起こし、余裕がなくなります。キーは深呼吸と笑うことですね。これが全ての道の扉を開くカギなのでしょう。とても簡単、頭では分かってはいるけど、人間って・・・。未来は明るい、そう思ってごはんを食べてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

ハッピーパン

RIMG0144今日、一足早く、サンタさんがやってきました。サンタさんの名前はパン職人の坪内史絵さんです。御本人にお会いした時、なんて可愛い女の子なんだろうと感激しました。太陽のような朗らかさをもったきれいな印象でした。彼女がつくるパンは彼女にそっくりな可愛く、丁寧に心こめられたパンで、お味は私好みでした。パンは滅多に自分で美味しいと思えるものがないので、だれにもうまいこと言っている訳ではありませんでした。それに作品だからお世辞は言えません。どんどん進化していったこの人のパンが食べてみたいと思いました。将来、このパンでたくさんの人に幸せ運んでほしいです。私も、今、頬張りながらハッピーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

「笑 門」

RIMG01322006生きていくためには、目標を達成するには相当なエネルギーがいるわけですね。いろんなことがもっとつつがなくできていればいいのになんて思ってしまう。それか魔法が使えるか。でもそれだと生きている醍醐味がないっつ〜もんなのよね。今日帰ってきたら、ポストにいとへんの水まきのおっちゃんから「笑門」が届いていた。わ〜い!笑ってていい字ですね。個展の搬出をみんなに手伝ってもらったあとの集合写真です。スタッフの藤本直也さんに撮っていただきました。水まきのおっちゃんめっちゃ笑ってる。橋本っちゃんもいいわ〜。あと二人いとへんスタッフが入ってないのが残念だけど、みんなめっちゃ縁起よく笑ってる。笑門!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

RIMG0017冬のマイテムは、灯油ストーブ、ストーブの上のやかん、ユニクロのフリース上着としましまパンツの部屋着、手編みの帽子、みかん、ぶーちゃん(お茶のこと、最近は五穀米茶)、そして、やっぱり矢野顕子!吐息が白くなるにつれあたたかさが染みわたる。今朝は冬の空に陽が明るく差して部屋の中が光でまぶしい。この街全体が休んでいるような静けさの中で、「この世界のぜんぶ」があるかのような矢野顕子の音楽をひっそりと流し、当然のように口ずさむ。「ここが どこなのか どうでもいいことさ どうやって来たのか 忘れられるかな〜♪」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

linkを追加

HPのlinkを観やすくし、素敵な人々のサイト、たくさん追加しました。じゃんじゃん遊びに行ってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

めくるめく

過ぎ行く日々。坊主も走る、師走に突入なんて〜。今日は作家の間芝勇輔さんと川瀬知代さんと彼等の同行で上京されてるいとへんの角谷さん3人の葉山紀行(hacoさんを訪ねる)に便乗させてもらってきました。途中海に帰りたい(記憶の帰郷)と言う角谷さんについて逗子の海辺を散歩しました。貝殻眺めてみんなで拾いました。そのあと、東京に戻って、イラストレーターの亀澤裕也さんと成瀬修さんと合流してお食事させていただきました。2人とも素敵な作品つくられてる方で、作者と会うとまた作品をみるときの楽しみも増えていいよねえ。亀澤さんの絵はピュアーなところがすごいいいなあと思って前から拝見していたけど、ご本人もお話してると、すんごくきれ〜な人でした。成瀬さんもやっぱり作品に似てる。内もでしょうが、外観がお上品で美しかった。間芝さんと川瀬さんは、ん〜、観察してるとあの空気、もちろんすごいおもしろい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »