« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

超スーパーな人

すごくいい番組をみた「プロフェッショナル・仕事の流儀」
超人気アートディレクターの佐藤可士和 特集だった。近頃発売される大手メーカーの新作携帯電話。始めて観たとき、うわ〜、このデザインやられた、機種変更してしまおうかと思ったほど。このデザイナーがすっと気になっていたその張本人が登場。何年か前の街に貼り巡らされたミスチルの「シフクノオト」色際立ったパステル文字、アイコン攻めの特大ジャケットポスターもそうだったけど、すごい勢いで引き込まれた。そうか、キリンの発泡酒もそうだったのか。全てやられてます。うちの冷蔵庫にはデザイン買いしてストックしてあります。デザインのチカラってすごい。佐藤さん曰く世の中にある情報の山、このモノが溢れて売れない時代に、「無関心の壁を打破する」がモットーらしい。人を立ち止まらせる広告をつくるためのノウハウと、次々売れる商品をつくっていくそのアイデアと一つの商品が完成されるまでのドキュメント番組。ADは医者だと言う。患者は企業と商品。クライアントに門診をし、何が悪いのかを考え直していく。広告は服を着せていくんじゃなくて、逆に着てる服を一枚ずつ脱がしていって、最後に残ったひとつだけの本質に迫ること。さらに、印象に残った言葉。「対象の中にアイデアは必ずある」、そして最も迷ったときは「困難な道を選ぶ」。よりコンセプトを研磨していくことで人の意識に迫るのだそう。超スーパーなADの発想と言葉、その真剣な鋭い目にのめり込んで見入ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

伝える事が不器用な人

「どんな人が好き?」と聴かれると、みんなそうかもしれないがとっさに思い付かず適当に答えてしまうけど。ひとことでは言えない。先日もそんなことがあった。友達のHPの日記みててグッときた言葉があった。そういえば気持ちを伝える事が不器用な人に惹かれる。言葉で言えないから何かを創ってる人や、職人気質の頑固な人。男の人に多い。あんまり私の廻りの女の人にはいないけど、女の人でもたまにいる。そういう友達といるといるだけで涙がでそうになる時がある。あと、近いと伝えにくくなる。伝えることが不器用とは関係ないけど、自分のもってる家族像というものもこんなニュアンスかもしれない。これは前に友達ともいってたんだけど、相手の事を思うだけで涙が出てくるような、家族ってそんなイメージ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

つれずれとコタロー

060102_1214002060128_1429002左は伊勢の名物、伊勢うどん。初詣の時、赤福本舗の隣で食べました。八丁味噌をこのように書き混ぜて食べます。隣は具沢山、自家製味噌煮込み。
こないだから出逢わない、友達が装画担当した書籍と、これも友達がインタビューされてる今発売の雑誌を見つけようと書店回れどなかなか見つからなかった一日でした。仕方ないから平積みの書籍を乱読しました。デザインがいいものはすぐさま手にとってしまう。何と言っても紙の選び方に一番心惹かれる。

最近毎週のように、時間をみつけては友達のお店に通っています。友達が飼ってる犬が白と黒のまだら毛で「コタロー」と言う。もうめちゃくちゃ可愛い。愛想があるとか小さいとかじゃなく、大人犬なんだけど、自分の世界に入ってて独創性があるというのか・・。「かっちゃん、人間と同く犬も陰りがあるの好きだよね〜」なんて友達が言うほどちょっと個性的な犬。私は違うけど、かく言う友達こそ本人自体に陰りがあるっつーか。飼い主と似るのねえ。波長の法則?その可愛いコタローを写メってこようとして忘れて残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

デザイン

060128_1557002これは台所のオロブロンコの山です。
年間購読しているイラストレーション。その中にチョイスというイラストレーターの登竜門、紙上コンペがあり、ノリに ノってる友達のトヨクラタケルさんが入選されてて見入りました。今回の審査員の佐野研二郎さんの言葉が良かった。「イラストレーターはデザイン(自分の見せ方)をやってみたほうがいい。デザインとは、どうしたいのか、どう思われたいのかという概念の集積で、絵を描くときにその意識が大切」みたいなことを言っていた。これは イラストレーター云々に限らないと思いますけれど。

大学の時、尊敬してた先生が言ってた言葉を最近よく思い出すのでとてもタイムリーでした。まず世の中に出たら自分が尊敬できる人を見つけること。そのあとはその人が何を着て、何を食べてどのような空間に住んでいるのか、つまりその人の衣食住を観なさい、と言っていた。これは後にすごい言葉だなあと痛感したけれど。
「デザインとは人生をデザインするということ。生き方(思想)をデザインするということ」とも言っていた。つまり尊敬する人の生き方=思想のデザインを観なさいと言っていたんだと思う。佐野研二郎さんのデザインの意味も人生のデザインに通じてる気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オロブロンコちゃん

060126_1326001
最近、日付け変わってからの更新で、内容が一昨日のものばかりです。ってことで、昨日は、盗難にあったチャリンコのプジョーくんが見つかったとの通知がきたため、はるばる取りに行ってきました。隣町からバスに乗って、終点間際の僻地までのプチ旅でした。そこから新横浜(家は新横浜にも近い)方向の標識が見えていたので帰りはチャリで帰った方が早いに違いないと迷い迷い帰ってきたのでした。しばらく見ない間にマイチャリ プジョーくんは泥避けも壊れ、かごも外れかかり、雨にさらされ錆も見られ、随分くたびれて古くなってました。可哀想に。明日チャリ屋さんに行って、手当してもらお。台所にいつも転がってる季節のフルーツはオロブロンコというグレープフルーツ(白)とポメロ(文旦とグレープフルーツの交配種)を交配して作られた新種もの。去年出逢って、甘さに感激して今年も切らさず買ってきてるけど、どうも去年のが出来が良かったんじゃないかな。でも美味しいよ。こんな感じで台所で頬張ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

ハッピーオーラ

060126_1354001060126_1339003060126_1339002昨日は、久しぶりの友達と再会しました。美術大学の先生をやってる彼女は仕事がお休みで、家まで遊びにきてくれました。いつもより気温が高く、天気の良い日中からお腹いっぱいいろんなスィーツつまんで、わいわいキャーキャーたんまりお話して楽しかった〜。お互いよく笑うから、笑い疲れしたみたい。どうやら家にいいもの運んでくれたみたいで、部屋中ハッピーオーラが漂ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

オーラの泉

毎週楽しみにしている番組。この番組見てると、いやでも自分の事を分析してしまう。美輪さんと江原さんがゲストを通して視聴者に定義してくるような構成になっている。アルファーファーが全開みたく瞬間的に閃きもあったり、感覚が冴えわたるような・・・。とにかくすごく面白い。なるほど!な〜んて一瞬に悟ったりする。でも・・、一晩寝て朝がくると大切なことなんてすぐに忘れてる。繰り返し繰り返し、学習しなければと思うんだけどねー。この学習は体験が一番なんでしょうね。やっぱ痛い思いして体で覚えなくてはなのね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月25日 (水)

つれづれ机に向かひて

昨日は、ずっと仕事の絵を描いてました。なかなか思うように描けず、締め切りが今日なのでしかも枚数があったのでさっきまでかかりました。途中、違うことしながらだけどノリが悪く、いつもの3倍くらい、えらく時間がかかりました。でも納得できるものが最後にできて良かった。そういえば、一昨日、会食の席でご一緒させていただいた編集の方が「矢田さんは寂しがりやですよねー、家で部屋の隅っこで体育座りしてそ〜」って仰せられてたけど、寂しがりやは超図星だけど、「体育座り」はブーでした。淋しいときも嬉しい時も家にいるときは机に向かってることが(仕事に関係なく)ほとんどで机前の椅子に「正座」なのでした。つれづれ、ぼーっとマイデスクに正座してると、夜が明ける(雨が上がる)のです。どんなに部屋が広いとしても狭くても超ド寂しくてもね(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

着物姿

魚河岸三代目HPにあるお店、千秋の2号店「はなれ」が同じビルの地下にオープンされて、昨日お伺いさせていただきました。海の幸のお料理がすべて、美味しかった〜。雰囲気がよく落ち着いて食事ができる空間ですので、また伺いたいと思います。銀座からほど近い築地に誕生した素敵なお店、みなさんも行かれてみてくださいね。それで、そちらに働いてみえた着物姿の仲居さんに目がいきました。やっぱ、着物はいい。そういえば、着付けを習い「自分で着物を着れるようになる」、が目標だったのに、なかなか始められずにいます。しなやかな凛とした身のこなし、着物姿の美しい仲居さんの働く様に見とれることしきり。あの動いてる(働いている)姿がいいのかな。ん〜、着物着てみたいな〜って、すごく思いました。着るのはいいけど立ち振る舞いが難しいですよねえ。品よくしてなきゃというか、おしとやかにしてなきゃ、なんですよね〜笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

初雪

060121_1544001060121_1543001
関東では明け方から雪が降り始め、積もりました。窓からしんしん降る雪を眺めることしきり。やっぱり冬の風物詩ですね。風情ある銀世界です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

築地魚河岸食べ歩き

060120_1119001
今日は、築地市場に行きました。魚河岸三代目HPのつれづれ日記にあるミッキー多摩川先生のつれずれを拝見していたら場外市場にある「きつねや」のことが書かれてありました。以前、ミッキー多摩川先生にご一緒させていただいた早朝取材の際、そういえば、一押しされてたな〜。その場に居合わせたスタッフの方々ともども早朝には胃に重すぎるという感じで「ん〜」と後ずさりでしたが・・。グルメな先生がおっしゃられるんだから相当美味しいんだろうな〜と思いつつ後ろ髪引かれる思いだった、あそこの牛丼ねえ!と。今日は絶対食べたる〜ぅ、と勢いこんで行きましたが、そういえば、ホルモン丼?牛丼?どっちだっけ〜?と一瞬お尋ねしようと思ったんだけど、前の男衆のむさぼっていたモツ丼につられ、同じくアルミトレイにのったあつあつのホルモン丼を注文しました。あとで牛丼を押してたのがわかったんだけど、ホルモン丼めっちゃ美味しかった〜。ほんと濃ゆいドミグラソースなみのタレがなんとも白いごはんに滲みこんで、まさに早朝でさえも食欲をかきたてられる病み付きになる味ですね。今度は牛丼に挑戦しようと思いました。そのあと魚河岸三代目のHPみてると無性にまぐろが食べたくなるため、づけ丼を千秋でいただきました。今日は目的が両方果たせて満足でした。もちろんごはんは共に極少です。それにしても、やっぱり河岸の男衆はかっくいい。魚みてんのか男みてんのかわかんなくなるくらい四方八方キョロキョロ状態でした。両方なんですけどねえ。笑っ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

ストーブの上のキッチン

060117_2145001仕事机のすぐそばにストーブを置いて、大概、煮物や、なんやかや作ってる。こないだはアルミホイルでししゃもをくるんで焼いた。ジュウジュウいってアツアツでおいし〜い。焼き芋もする。上手にできあがる。ルクルーゼの赤い鍋なんてのせるととってもかわいい。それで豆を煮る。よく手を止めてながめる。ストーブってなんでこんなに暖かくなるんだろう。火は心のおくまで届く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

思いは両思い

この言葉、ある小説家が言ってた。男女間の思いは錯覚やエゴによるものが多々あるので例外があるのだろうけど、自分がなんとなく受け付けないなあと思っている相手は、相手も同じように思っていて、反対にこの人、好きだなと思う相手は相手も同じようにこちら側に好感持っている。だからこの世に片思いはないという論理。これ、痛感す。自分が相容れないのに、相手からは良く思われたいなんて成立しない。すべて人間は、生きものは善くも悪くも両思いなんだなあって思うこのごろ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

気持ちを入れる

絵を描く時に心掛ける事は、気持ちを入れる プラス 新鮮さ です。上手くいかず何回も描き直していると描いている時の感動してる気持ち=新鮮さが無くなってくるのか、あとで見比べると最初に描いたものが上手い下手に関わらず一番良い絵ということがよくあります。その時の気持ち(感動)が一番初めのほうが伝わりやすいのは、ものを観る時の第一印象の感覚や直感とよく似ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

シャボン玉せっけんとLCR

何年か前から使っていますシャボン玉せっけん。友達におしえてもらった。友達が坂本龍一のコンサートに行った時、席上に一人一人このせっけんが入っていたらしく、皮膚が弱い友達はその時から使ってたらしい。リンクに貼ったので、みなさん、是非是非覗いてみてくださいね〜。
今、海の汚れが深刻になってきていて、漁師さんは魚がとれなくて失業してるわ、魚は年々いなくなってきてるわで、このままだと大好物の魚が食べれなくなってしまう〜。農薬と合成洗剤は海に一番きついらしい。田畑で使われた農薬がまかれる田植えの時期、海は真っ赤に染まり赤潮の悲鳴 。合成洗剤は
毒性が強く、魚は住めなくなってヘドロは蓄積し、海は本来持つ神通力(海は汚れても自分の力できれいになる自然治癒力をもっている)も近年なくなってきてるとか・・。私たち人間も病気が深刻になってくると、自然治癒力がなくなってくるのと同じように、地球の病気は深刻みたいです。昨日友達の美容室でシャボン玉せっけんと併せて使ってみたくなるLCRを買ってきました。地球が健康になってくれるには、いろんな勉強が必要みたいだけどあきらめずに明るい未来をイメージしてコツコツやってゆきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こないだ友達がいい事言っていた。「私の夢の一つは」と言った事に対し、
「夢の一つって、夢ってひとつでええんちゃうんかな?だって、いくつも持っとったらなかなか叶わん気ぃするよ。」と。
確かにそうだ。夢はひとつでいい。欲を言えばいくつもあるけど、そのなかの優先順位の一番、山のてっぺんにあるのが今の自分の夢になる。そこに辿りつくにはいくつものテーマ(道)を超えていかなくてはならなくて、それをやり遂げた時その頭上に辿りつくようになってるのだろう。誰でも。で、そのテーマ自体も実は私の夢だったんだって思う事がままある。
潜在意識に刻印して、登りきったときのことをイメージする。ここ何年かイメージしてんだけどなあ。不意の寄り道が多いんだよなあほんとに。想いが足りないんだろうか?もっと強くイメージしなくてはなのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

寒中お見舞い申し上げます。

今日横浜に帰宅しました。今回は長い帰省でした。久しぶりの我が家は、朝なのでさぶい〜〜。ドアポストの裏側に大きい袋貼付けてどんどん郵便物入るようにセッティングしてあった袋に、たんまり郵便物がたまっていて、1時間半かかって読んだり、整頓したりしました。年賀状お出ししていなかった方や、いただいていた方に今から描かせていただきますので、気短に待っててくださいねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

おせち

56友達の新潟帰省のお正月の模様。なんともうらやますい、見てるだけで美しいわ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

わかめちゃん

PICT0123隣町、伊勢若松の穴子の底引き網やってる漁師のおっちゃんからわかめをもらいました。乾かせて保存用にしてます。毎年いただきますが、磯の香りが濃く、とろっとろでべらぼうにまいう〜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

海の対景 鈴鹿山脈

PICT0401PICT0381家の前の海苔工場にて灯油ストーブで暖まってる図。向こうに臨む山は鈴鹿山脈。水道管が凍結し、雪降るか否かほどに冷え込む日は空気が澄んで、山々がくっきり見えます。いくら手足がきんきんに冷えてかじかんでも、やっぱり最近は冬のが好きですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

穴 子

PICT0203PICT0201昔から、実家に帰ると母ちゃんが作ってくれた穴子寿司が楽しみでした。これがほんっと、ん〜まい。お正月も食べました。寿司ネタでも〆サバ、イワシと必ず頼む穴子。うなぎより断然 穴子、穴子にはめっぽう弱い。隣町の伊勢若松は穴子の漁が全国でも有名で、ブランドとなっています。今日は昼食に穴子を食べに行ってきました。口の中でとろけるにぎりに、ふわっと揚げた天麩羅。やっぱ、穴子ですわ。最高〜ぅ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

伊勢湾 冬の光景

PICT0157PICT0162伊勢湾に面する鈴鹿の漁業は、後継者が少ないながらも冬は海苔の養殖をやっています。海苔網を張る役割で竹が海に立っているこの光景は今ではあまりみられなくなってきました。手作り筏で海苔網を引っ張っている手法が主になり、筏につけた浮き輪がプカプカ浮かんでいます。竹の向こうにキラキラ光ってるのがそう。有明海苔より浅草では等級が良くつく年もあり、美味しいと言われる鈴鹿海苔。地球の温暖化で海況は今ひとつ。これからぐっと寒くなると、海苔は寒さに耐えてぐんぐん美味しくなってくれます。
向こう岸は愛知県の知多半島だとか。 
船は実家のもので小女子(いかなご=兵庫の明石ではいかなごという)漁の時の船。今、スクリュー(エンジン)交換するために丘に上がっています。
小女子漁は3月解禁で5月頭まで。伊勢湾のこのあたりでとれる魚の中で私の一番の好物です。イワシも相当好きだけど。大漁を祈って金比羅山と恵比寿さんにお祈りしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

謹賀新年 2006

PICT0013PICT0015新年 明けましておめでとうございます。
三重県鈴鹿のお正月は晴れたよいお正月です。今回の帰省のために去年末、一眼レフデジカメを購入しました。正月明けさっそくパシャパシャしようとしたら、カメラに内蔵されているリチウム電池の予備と充電器を横浜の自宅に忘れてきたことに気がついた。出先で枚数たくさんとれたらと思ってた矢先に・・・。横浜に日帰りでとりに行くか?と思った。なんせ今回の帰省の目的は写真をとる、だった。名古屋にあるビックカメラに在庫があるというので朝一電車に飛び乗って買いに出かけました。100人に一人?らしいが10万円まで会計がタダになるっていうクジに当たった。充電器5000円なり・・・。もっと買えばよかった。が、しかし、ラッキ〜!元旦から 縁起、幸先いいよね〜。
実家に戻ると、仏壇と神棚にお参りし、お墓参りと氏神様に初詣でをしました。近くに祀っておられる弘法大師さまと。その後、白子にある子安観音に初詣。
明日は神の国、伊勢神宮に初詣させていただこうと思います。幸せな一年となりますように。
2006年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »