« 白子新港 | トップページ | モノクロームの世界 »

2006年5月26日 (金)

関の戸パン

Dscf0902Dscf0899Dscf0900Dscf0901今日はぷらり、亀山にある而今禾に車かっ飛ばして遊びに伺いました。スタッフの女の子3人と西川ご夫妻と而今禾特製、宮内庁御用達の関の戸を入れ焼き上げた「関の戸パン」でお茶をさせていただきました。生きものみたいで可愛らしいパンやったわ〜。味はやさしいし。お土産で120円で売ってるみたいです。和三盆使った関の戸と天然酵母の生地とで素材は上質なので、めちゃ安い。よう降る雨の中も而今禾から眺めると風情あっていいものです。伊勢型紙で盛り上がった雑談の時間はあっと言う間に過ぎてゆきました。今度は再来月やなあ。

|

« 白子新港 | トップページ | モノクロームの世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関の戸パン:

« 白子新港 | トップページ | モノクロームの世界 »