« 関の戸パン | トップページ | かたくちいわしの干物 »

2006年5月28日 (日)

モノクロームの世界

今朝横浜に帰って来ました。雨降っていたのに昼過ぎから気温がぐんぐん上がって外は五月晴れの陽光です。締め切りの仕事をして、あまりにも眠くて目覚ましかけて何回かに分けて寝る。いっぱい夢を観た。カラーの夢。
今日アップした仕事のひとつはモノクロの連載挿絵。私は普段、比較的いっぱい色を使うが、昔から目標にしている事のひとつに「モノクロの世界の極みに辿り着く」があったりする。白と黒を上手く使えるようになるために、あるいは白黒に憧れてカラーを描いているようなところもある。そこまで到達するには、えらい時間がかかる気がするけど・・・。表現は、木版画でも墨(書)でも絵の具でもいいのだが、真っ白い紙に白と黒のみで感情と空間を表現できるようになりたいなあ〜という常々の目標。そもそも白黒は色感が良くないと、カラーを扱うことが上手くないと使いこなせない色だと思う。
来月から習い事を始めることにしたのだけれど、それもモノクロームの世界の追求のひとつ。いつまで続くかわかんないけど 笑。

|

« 関の戸パン | トップページ | かたくちいわしの干物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モノクロームの世界:

« 関の戸パン | トップページ | かたくちいわしの干物 »