« 梅雨まっただ中 | トップページ | アマリリスの花 »

2006年6月16日 (金)

鯛焼きでお見送り

Dscf1124Dscf1120Dscf1129埼玉に在住の同郷の友達が、このたび郷里にご主人と帰郷することになったのでお見送りに私が行くほうなのに、横浜に越してからの新居見学兼ねて最後に会いにきてくれました。彼女が食べたがっていた、あんこの入っていない鯛焼きをつくりました。この南部轍の鯛焼き機、こないだ買ったんですけど今回でトライ2回目です。普通の鯛やきよりひとまわり小さいのが2匹焼けます。甘みが足らないといけないとメープルシロップも付け加えました。彼女は2匹平らげ、鯛の体からもれたパリパリのやつが特に美味しいと喜んでくれました。好物の枇杷をいただいて私はこちらをペロッと平らげました。友達は同じ関東圏に住みながらめったに逢うことがなく電話かメールでのやりとりが殆どで、距離的には遠く感じても、郷里に帰ったほうが近くなる気がします。どこに住んでても、結局は心の距離ですよね。

|

« 梅雨まっただ中 | トップページ | アマリリスの花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鯛焼きでお見送り:

« 梅雨まっただ中 | トップページ | アマリリスの花 »