« 海の宝石---ダシいらずの大粒天然アサリ 貝類 | トップページ | 気持ちだけでは伝わらない »

2006年6月 8日 (木)

浴 酒 供

昨日のオーラの泉のゲストは寺島進。そりゃ〜、北野映画、初期時代からずっと拝見してきましたとも。江原さんも美輪さんも役と本人は全く違うと言ってたけど、無器用っぽいところや照れ隠しやら、堅気なところやら、映画の中の役柄とかぶって見えたのは私だけなのだろうか。

今日は無類の酒好きだった矢田乙七じーちゃんの命日。私が生まれる前に亡くなっているので会ったことはないが、写真は実家の仏間に飾ってある。とても身近に感じるありがたくもかわいいじーちゃんだ。去年買って来て大事にしまってあった秘蔵の日本酒を開けて、乙七爺ーちゃんに捧げ、私もご賞味にあずかった。っん〜まいわぁ、じーちゃん。
どうぞ、乙七じーちゃん、腹っぱい(思う存分)呑んでください。

|

« 海の宝石---ダシいらずの大粒天然アサリ 貝類 | トップページ | 気持ちだけでは伝わらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浴 酒 供:

« 海の宝石---ダシいらずの大粒天然アサリ 貝類 | トップページ | 気持ちだけでは伝わらない »