« 今日のひとこと | トップページ | 夜なべ内職 »

2006年6月21日 (水)

塩のはなし

野生時代(角川書店)の中の井上尚登さんの作品、料理学校で起こる短編ミステリーの隔月連載小説の挿絵を描かせていただいているのだが、原稿を読んでいたら面白いし料理の勉強になる。前回は旨味調味料の話。しょっぱくし過ぎたスープをまろやかにする作用があるとかで、久方ぶりに買って来た。今回は塩の話し。日本の塩は外国の塩(岩塩)に比べて純度が高いらしい。なので外国のレシピを日本で再現するときは、2〜3割減量して使うと丁度いいらしい。なるほどなあ。確かに外国の岩塩は甘い。私が好んでもうかれこれ5〜6年使ってる塩はフランスのゲ○ンド。国産のものにしたいのはやまやまなのだけど、今迄何を創っても自分好みの味になるのがゲ○ンドなのだ。とはいえ自分の国でつくられてる産物を使うがモットーなのよ。これを超える国産塩に出会ったら速攻変えたいわ〜。

|

« 今日のひとこと | トップページ | 夜なべ内職 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩のはなし:

« 今日のひとこと | トップページ | 夜なべ内職 »