« 帰省一日目 | トップページ | 海民の歴史を辿る「海の博物館」 »

2006年8月14日 (月)

田舎の日々

Dscf1457Dscf1462Dscf14606_11_42_3Dscf1578昨日はお墓参りのあと、郷里の友達とケッタ(自転車)でお互いの家訪問で遊びました。
めっちゃ楽しかった。友達の家は隣町の田んぼのど真ん中にあって、見渡す限り大きい空と田畑という贅沢な風景。友達の家の前の広い畑で骨折ってこしらえた、無農薬の愛情ふんだん、きゅうりやスイカや瓜をいただきました。家にお邪魔し、麦茶と差し入れに持参したお菓子をつまんで、一服。次は私の実家。田んぼをくぐり抜けて街道にでて、浜(海)の堤防をケッタで浜を眺めながら漕ぎました。釣りをやってる人が多く、さざ波の音としょっぱい潮風が気持ちよかった。うちの実家の私の部屋で母がこしらえた柏餅にしそジュース、麦茶でまた一服。笑い話したり、午前中に書いてた書道の作品を観てもらいました。二階の部屋なので一面の緑に育った稲の茂る田んぼや、山、その合間を近鉄電車が走る風景がみえます。母は畑で水やり。弟が外で靴かなんかを洗ってて、父親は漁師仲間と酒で一杯やっていた。薄暗くなって今度はまた浜の堤防をケッタで走りながら、夜の浜を眺める。ってかんじで、体が稲と浜の潮の匂いいっぱいになりました。やっぱ田舎はいい〜。

|

« 帰省一日目 | トップページ | 海民の歴史を辿る「海の博物館」 »

コメント

写真家、中里和人さんの作品集、小屋の肖像みたいですよねー。

投稿: 矢田拝 | 2006年8月19日 (土) 14:18

う~ん、錆びたトタンって好きです。

投稿: デルベア | 2006年8月19日 (土) 14:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田舎の日々:

« 帰省一日目 | トップページ | 海民の歴史を辿る「海の博物館」 »