« 名もない人々がつくったものたち | トップページ | 桜満開 »

2007年3月27日 (火)

儚げでつよい

070324_165401_1070324_165502_1桜、きれいですね。毎年みんなに見られてよろこばれて、桜はいったいどんなふうに人間たちを見ているのかな。
こちらもきれい。道路にかいた落書き。冷たいコンクリがやんわり温度をもらってる。かわいー。

|

« 名もない人々がつくったものたち | トップページ | 桜満開 »

コメント

矢田さん、こんにちは。

過日桜を自分のblogでもUPして、
こちらへ今日遊びに来たら、
「儚げ」って言葉がビンゴしてたので
思わずTBしてしまいました。(笑)


「散っちゃわないでぇ」
っていろんなところの桜の木を見ては、
心の中で叫んでしまわずにはいられないこきゅうです。

もちろん、散りゆく姿も美しい風景なんですが…

投稿: こきゅう | 2007年4月 5日 (木) 15:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 儚げでつよい:

» さくらさいた [呼穹ノオト co-kyu note]
曇り空の下だけど満開近し。 桜は愛らしく美しく、でも儚げで… ☆cokyu☆ [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 15:41

« 名もない人々がつくったものたち | トップページ | 桜満開 »