« つれずれ | トップページ | 美術は日常の中に隠れている by 大竹伸朗 »

2007年9月 9日 (日)

お酒がなくても盛り上がれる年令

070907_195802こないだ電車にのってるとき、10代はお酒がなくても盛り上がれる年令なんだからという台詞があって「ほ〜う」って思った。
でもまてよ、30代も40代も50代でもいくつでも、きっとお酒なくても盛り上がれるひとはたくさんいるだろうな。飲めない人もいるくらいだし。とも思った。
何かに向かってる人や夢中な人とか。
先日は久しぶりに国立にある新鮮な魚と創作手料理が美味しい居酒屋さんに伺ってきました。個人でがんばってるお店だし協力したいと思うんだけど、なかなか遠くなってしまい残念です。が、国立に行くチャンスがあるときは寄りたいなと思う。またまた今日を逃すともう今年は行けないだろうなと、急遽 時間をつくって強行した。

私は普段はお酒をほとんど飲まない。とはいえ父も弟も親族も無類の酒好きでそういう血もひいてるから飲んべえたちと飲んでるといつまでもつき合える。時々、素敵なワインや焼酎や日本酒をいただくが、手つかずで何年も眠っているのもあり、人がいるときに出すお酒になっている。最終的には料理にも使います。家で一人でいるときにお酒を飲んだことがないし、飲みたいとも思わないってことは、もともとお酒の味が好きじゃないのかなって思う。

飲まなくても生きていけるけど、でも酒好きな人と年に一度か二度こうやってお酒を楽しみ飲むのはいいものですね。お酒を飲む人々の雰囲気が好きなんだろうな。

あと飲まないくせに、美味しそうなワインを買い置きするのが好き。ついでに料理につかうお酒は純粋な日本酒、いいやつに限る。飲んでも美味しいもの。人がきたとき料理と一緒にだすとき用のそれぞれ。人がいてもほとんどお酒なしの食事のが多いんだけど。


|

« つれずれ | トップページ | 美術は日常の中に隠れている by 大竹伸朗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お酒がなくても盛り上がれる年令:

« つれずれ | トップページ | 美術は日常の中に隠れている by 大竹伸朗 »