« 僕のあとをよろしく | トップページ | 2007年 長月さま最終日 »

2007年9月29日 (土)

うまい料理は冷めてからもうまい

Dscf5292Dscf5293昨日は神保町の仕事用事前、銀座にある落合務さんの二号店、ラ・ベットラビスにランチに行った。もちろん朝一番に行って、予約受付し、オープン時間になったら整理番号順に入店という、2002年にオープンといえど今だにかような人気ぶりのお店に久しぶりにこのようなかたちで並ぶ。

情熱大陸にて、庄内(山形)にあるアル・ケチャーノの奇蹟のテーブルにつき、奥田政行さんを絶賛していた、落合務さんの一言一句が心に深く残っていて、来月、その奇蹟のテーブル、アル・ケッチャーノに伺うため、急遽ランチをいただきに走ったのでした。

「うまい料理は冷めてからもうまい」が持論の落合さん。
私のHPに郷里の無農薬有機栽培のコシヒカリ紹介させていただいているが、まさに、「美味しいお米は冷めてからも美味しい」が売り文句でした。なので、この言葉を聞いて感動。
それは全てに当てはまる、ものごとの真理で、料理や素材に限らずなのかもしれないと思った。

落合務さんの料理は流石でした。料理人の顔をみるとそ、その料理人がどのような盛り付けするのかがわかる、作品(料理)は料理人そのものと言う。3ヶ月待ちの高級リストランテ、麻布にあるア○マフレスカより、料理、質、サービス、全てにおいて断然満足感がありました。落合務 曰く、料理には全てに意味が在る、自身のあみだしたその哲学通り、素晴らしいものでした。
今度は本店のディナーに伺いたいと思いました。

|

« 僕のあとをよろしく | トップページ | 2007年 長月さま最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うまい料理は冷めてからもうまい:

« 僕のあとをよろしく | トップページ | 2007年 長月さま最終日 »