« ナマケモノが情熱大陸に登場! | トップページ | びわゼリー »

2007年10月24日 (水)

大阪のお客さん

358昨日は、芋けんぴとかえるのたまごがやってきました。

駒場東大前にあるNO.12 GALLERYで展覧会中の間芝勇輔&川瀬知代さんがギャラリーがクローズの後、ギャラリーのオーナーに借りた けったで登場。東京の街中、地図みながら走ってきたっていうからすごい〜。夜な夜な、ごはん食べてケラケラ、わいわい語らう。よく食べて笑ってくれて、私も相当笑わせてもらった。ありがとね。

二人は恵比寿に滞在中ということで、帰り道を途中まで案内する。3人でけったて夜中走る。「この道、気持ちええなあ、つながっとってええなあ」中目黒に向かう緑道を後ろで感動しているっぽい二人。また、中目黒から恵比寿駅に向かう途中の坂道を3人でけらけら笑いながら(力んでいると笑えてくる)、降りないで登りきった。あそこが一番おもしろかった、っていうかしんどかったよねぇ。 展覧会も明日が最後、いい展覧会&東京日和となりますように〜。&東京滞在、満喫していってね〜。

間芝勇輔・川瀬知代の2人展『日本の角(ニホンのツノ)』本日,24日(水曜日)まで。駒場東大前のNO.12 GALLERYにて開催。お近くのかたは覗いてみてくださいね。
代々木上原からも歩けます。生のユニークな作品とともに、独特の間と雰囲気の生のお二人に会えます。

|

« ナマケモノが情熱大陸に登場! | トップページ | びわゼリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナマケモノが情熱大陸に登場! | トップページ | びわゼリー »