« 六ヶ所 ハーブの里 | トップページ | 浴衣がマットに生まれ変わる »

2007年10月30日 (火)

7代先のことを考えて行動する

Dscf5977Dscf5970Dscf5907Dscf5906Dscf5904Dscf5912
「何故じいちゃんはあのとき反対してくれなかったの?」未来の孫にそう言われることのほうのが辛い。再処理反対を訴える六ヶ所村のおっちゃんの言葉を聞いてネイティブアメリカンの「7代先のことを考えて行動する」を思い出しました。

六ヶ所ラプソディに出演されてた反核燃訴える菊川慶子さんの6才の時の夢は「森をつくること」だったと話される。幼いころから描いていた夢が叶う日がくるとは思わなかったと言う。
「あしたの森」は菊川慶子さんと正木高志さんとが名付けられた。目が醒めたら朝(あした)がくる。必ず咲く花。そんな願いが入っている「あしたの森」。「今日植えたあの森の誕生日は今日です。2007年の10/28。この森にはさくさんの可能性が眠っています。」と最後に菊川さんは話された。

この森を次世代に繋げるために。あしたの森は来年、菊川さんから、川田龍平さんに受け継がれるそうです。すばらし〜ぃ。

若い世代へのバトンがはじまっている。

これから私たちが口にするありとあらゆる食べ物から放射能は摘出されます。今この瞬間も続々と目に見えないままに六ヶ所村から放出されているのです。

青森県は農作物や海産物の汚染を認めています。

あの放射能は、生きている私たちでないと止める事ができません。

どうかこの事実を広げてください。

一年間にだす放射能をたった一日で空や海に流し出す日が刻一刻と近付いています。

幼い子供をもつ人、これから家庭をもとうとしてる人が放射能に汚染されていく我が子の行く末をおもうことでしょう。そして再処理工場の稼働のことについてみんなで考える。

その思いは奇蹟を生む。思いや念ほど強いものはないんじゃないかと思う。ほんとうにそうなってしまうもの。

『豪快な号外』
青森まではなかなか行けないけど、あしたの森を未来世代につなぐ、たくさんの私たちの夢を育てる森へのひとしずくに御協力したいって方はこちらまで

六ヶ所あしたの森事務局
住所:青森県上北郡六ヶ所村大字倉内字笹崎1521
花とハーブの里、気付
fax/電話:0175-74-3666

あしたの森のひとしずくにつながる買い物投票はこちら
中村隆市さんのフェアトレードのお店
ウィンド・ファーム
正木高志さんの書籍
木を植えましょう
空とぶブッタ


|

« 六ヶ所 ハーブの里 | トップページ | 浴衣がマットに生まれ変わる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 六ヶ所 ハーブの里 | トップページ | 浴衣がマットに生まれ変わる »