« 美味礼賛・伊勢湾の渡り蟹 ふたたび | トップページ | 金木犀 香る秋 掃除も深まる »

2007年10月 7日 (日)

枝豆とコーヒー

Dscf5686Dscf5685えらいこっちゃです、庄内の“正解の枝豆”(なんのこっちゃ)がまだ半分残ってるのに気付く。さっそくビタ・クラフトの鍋で塩茹でする。我ながらええ感じに湯がけた。ほったらかしにして枝豆がちょっと枯れかかってるのが申し訳ないけど。全部大変美味しくいただきました。

エクアドルの森林と生産者を守るフェアトレード商品の無農薬有機栽培コーヒーを中村隆市さんのお店に大量注文した。無農薬有機栽培により森林を汚さないで、後世につなぎ、守ることへ貢献でき、お金が生産者の労働に見合った分だけフェアに行き渡るというのは、商品が多少割高くても消費でできる社会への自身の行動の一票となり喜びも大きい。コーヒーが苦手な私も苦みが極力少ないアイスコーヒー用の豆だと飲める。利尿効果もあり代謝もよくなるやも?と大量に買ってみたのだ。友達や知人へのお返しや御礼やなんかにも使えるし。

友達や知人に配ったらフェアトレードの生産者を応援することの、こういう商品もあるんやよ〜って宣伝にもなるやんか。今手持ちが終わり、袋は再生紙にリサイクルに出したあとなので、今しばらく商品が届くまで時間かかるのでここに写真アップできないのが残念ではあるけれど。

でもって、枝豆をふさから出し食べながらコーヒーを飲む。「ん?」手を止める。
「合うわ、この組み合わせ。なんでやろ?」考えてみた。「そうか!」豆つながりだ。コーヒーも豆からできている。小豆フリークの私はよく小豆とコーヒーを組み合わせたり、その上、豆乳も混ぜてリミックスデザートをつくる。これも全部豆つながりだから合うのだ。
枝豆とコーヒー、お勧めです。っつうか、もう時期終わってますが。でもってこのタイトル、サニーディの詩になんか近いのあるような気が・・・。思い出せない。

|

« 美味礼賛・伊勢湾の渡り蟹 ふたたび | トップページ | 金木犀 香る秋 掃除も深まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枝豆とコーヒー:

« 美味礼賛・伊勢湾の渡り蟹 ふたたび | トップページ | 金木犀 香る秋 掃除も深まる »