« ひょうひょうと | トップページ | 買い物で投票 »

2007年10月19日 (金)

憧れの代々木上原で

123_246Dscf5781_2835cb53c今日は、下北沢にアウトサイダーアートを観に行き、その足で程近の代々木上原まで向かう。けったで。駒場東大前で開催中、間芝勇輔さんと川瀬知代さんによる2人展[日本の角](ニホンのツノ)を観に行く。大阪からはるばる原康浩 画伯も登場し、夕方近かったので急遽ビールとおつまみを差し入れしてプチオープニングパーティ。いとへんのスタッフ橋本さんもきてた。作品も遊んでて面白かった。NO.12 GALLERY
原君は昨日下北のライブハウス Que に行ってたという。あのライブハウスはいい!

代々木上原は私にとって特別な街。憧れの街。24才のとき某大御所イラストレーターのアシスタントをしていて、代々木上原まで毎日通っていた。大人の街で、品があってすごく憧れた。いつか住みたいって思っていたくらいだった。懐かしい。イッセイミヤケさんが行かれる焼き鳥屋やら、和田誠さんと会ったバーやら大人が集う旨い店がある。ファッションデザイナーや漫画家、憧れのクリエイターがたくさん住んでいる。私もイラストレーターになることに夢見ていた頃だ。時々無性に行きたくなる。あの魚の旨い店でお酒を大人飲みしたい、とか。

その代々木上原をけったで走る、大人になった自分。あの頃夢見ていた未来、今の自分ってその時の自分から見たらどうだろう。
あの頃から憧れ続けたこの街の風を受ける今日、とても嬉しかった。

*夜の風景は原康浩撮影

|

« ひょうひょうと | トップページ | 買い物で投票 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひょうひょうと | トップページ | 買い物で投票 »