« おとぎ話のような地球の話 | トップページ | いちじくの赤ちゃん煮 »

2007年11月 4日 (日)

「さくらの木」さん

Dscf6030Dscf6032色塗り遊びしたような夕空。そういえば、うちのベランダから見える桜の木に名前を付けて「さくらの木さん」って呼んでた。「さくらの木さん、おはようございます。」って言うとったわ。
ちなみに、うちのパソコンは「マクオさん」。「マクオさん、毎日ぎょうさん働いてくれてありがとう」。


Dscf6034Dscf6035Dscf6036渋谷のハンズ帰り、人群れを避けようと松濤の道に入る。このあたりは高級住宅街でしんとしてる。「?」、発見。ギャラリーTOMや〜。スビネック・セカールという人の彫刻と、ラッキーなことに柚木沙弥郎のコラージュがやっていた。えがった〜〜。柚木さんの作品には毎度ながら、強烈にぎゅ〜っと心がつかまれる。魂が奥底から揺さぶられる感覚陥る。絵から目が離せられなくなる。溜息を何度もついて外に出る。ふ〜〜っ。集中して見入って疲れた。でもからだの中にいい知れようのないエネルギーと明日への活力をもらった。空を眺めながら帰路につく。

|

« おとぎ話のような地球の話 | トップページ | いちじくの赤ちゃん煮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おとぎ話のような地球の話 | トップページ | いちじくの赤ちゃん煮 »