« かみさまのポケット | トップページ | コーチング »

2007年11月10日 (土)

いいこと

071109_113802071109_124001昨日は銀座を仕事で回る。前日思い付いてラ・ベットラ・ダ・オチアイのランチ目指す。前回は姉妹店のビスに行ったがとても美味しかったので、今回は本店に行こうと思い並びに行く。噂には聞いていたが朝9時20分だというのに既に2名並んでる。受付は10時からでランチは11時半から。店前のベンチに順番に腰掛け、裂き織りに使う浴衣をほどくこと30分。ベンチ前にはガス暖房が焚かれやや暖かい。ふと隣を見ると20人くらいに増えていて10時にはなんと30人近く並んでいた。10時に受付を済まし人々はどこかに去っていき、ランチがはじまる11時半にまた店にくる。私は作業に夢中になり11時半までついに浴衣一枚ほどきまくった。体が冷えて震え上がった。

肝心のランチは、前菜が終わったあと、セレクトした茄子とケッパーのトマトソースのスパゲッティに、トマトソースというよりチーズからめというくらい、うっとなるほどチーズがこってり入っていて3口でギブアップ。メニューにチーズ大量入りと書いてほしかったが、私も聞けば良かった。チーズはいくら頑張って食べようとしても小さい頃から胃から吐き出されて涙が出てくる。今回のは強烈だった。しかし、オープンキッチンに落合務さんがいて、これ残すの胸が痛むと押し込むがあかん、とうとう悪寒が走り吐き気がして急いで店を出た。会計時たくさん残してしまったので理由を聞かれ、申し訳なかったが、メニューにあんなにチーズいっぱい入ってるのだったら少し書いてほしかったことを言う。

チーズで気持ち悪くなる前まで、サービスの間何を見てたかって、落合さんの顔。それはそれは素晴らしくいい顔してた。顔ってその人の生き方が出る、どういう仕事をしてきたのかが全部でる、ほんと。素晴らしくいい顔をしてた。間近でまじまじみて描きたいくらいに思った。
しかし昼間のランチの店内はおばさま8割。わいわいがやがや、宴会みたいな賑やかさなんのって。やっぱ今度行くときは落合さんの顔はみれないけど姉妹店のビスの方にしよう。

ランチを30分で出て来てしまったので大分時間が余る。スタバに入り、マイカップを買って豆乳ラテで冷えた体をあっためる。なにがって、店内装飾、音楽、すべてクリスマス一色っつうのが、晦日の気分にしたるっつう。
このマイカップの雪だるまくんたちはなにげに勝気な顔してるー。眺めつついつからこんなにクリスマス戦略が早くなったのか考える。つうか、先々週に既に中目黒のカフェではクリスマスソングかかってた。でもって、銀座のあと行った麻布十番のデザイン事務所の隣ももうクリスマスのチカチカ電球が階段を照らしていた。どうよ、これ。笑

そして本題の「いいこと」とは、今日もたくさんあった(発見した)が、恵比寿で前から気になっていた、さびれた和菓子屋。なんと華々しいあのトシ・ヨロイズカのしかも隣にあってすごいギャップの店構え。前からけったで通り過ぎる度気になっていた。そこのガラスショーケースに入った大福がとにかく気になっててとうとう買った。でらうま〜〜。びっくり。おそらく東京で今まで食べ歩いた大福の中で3の指に入る。三重県の神戸という田舎町にあるもち久っていう老舗の餅屋の餅が無性に食べたくなるときがあるんだけど、最近も思い出して食べたくなっていたのだけど、そこの餅のつぶあんに極めてそっくりのゆるゆるのつぶあんだったのでした。感動〜〜〜。恵比寿のトシ・ヨロイズカの隣にひっそりと佇むあの和菓子屋、大注目です。名前今度みてこやんと。

|

« かみさまのポケット | トップページ | コーチング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かみさまのポケット | トップページ | コーチング »