« やまとなでしこ | トップページ | マクロビランチ »

2007年12月21日 (金)

『のび太くん、未来は変えられるんだ』by ドラえもん

Dscf6283昨日は『食』と『農』について、夜半まで原稿のラフを仕上げていました。今日、担当編集者さんに見ていただくものでした。

そうしたら、知り合いの方から大切なことが書かれているメールがきました。昨晩はテレビをみていなかったのですが、9.11米国事件も予知した大予言者の特番だったらしい。阪神大震災もはるか昔に予言し、サリン事件の日付けさえも予知し、警告を促してたという。

内容がとても重要なメッセージだったので、なんてったって、驚異の予言を変えていくためには人類の意識改革が必要、そのターニングポイントは2007 年の年末までらしいんです。

今年は確かに、環境に対しての意識がすさまじくうごき出した、意識変動を促すような大きなうねりがあった。それまで環境に全く興味がなかった人が、すでに改革にスイッチがオンになり行動しだした人もたくさんいる。

中には見てる人もいたらしいわ、やっぱ。
------------------------------------------------------------------------------------------
皆様

はじめて投稿します。Mです。よろしくお願いします。

今日、テレビで、ブラジルの大予言者、ジュセリーノさんの特集をやっていました。

ジュセリーノさんは、スマトラ沖地震や、9.11米国同時多発テロを10年以上前から発生年月日まで特定し、 各国大使館や世界の大統領、首相に通知していたといいます。
ジュセリーノさんは、自分が見た夢を誰に伝えるべきなのかも、夢で見ると言われています。

たとえば、1988年5月15日に、ジュセリーノさんは、アル・ゴアに手紙を送り、その中には、副大統領への就任、「不都合な真実」の出版、そして、ノーベル平和賞の受賞の予言が含まれており、ご存知の通り、その全てが的中して います。

テレビの番組は全部、見れなかったのですが、ちょうど、テレビをつけたあたりから、なんと、ジュセリーノさんは、環境問題に取り組んでいて、国連からメダルの授与まで受けているというような内容が放映されていました。

「2043年問題」

その世界が誇る大予言者であるジュセリーノは、”2043年問題”と称して、「環境破壊」について、世界人類に対して大きな警告を発しています。地球温暖化をはじめとする、環境破壊の結果、世界は、どのような危機的状況を迎えるかというと、

2015年 ヨーロッパで大旱魃の発生
2017年 世界的大旱魃
2028年 ベネチア水没
2038年 アフリカで最高気温50℃
2040年 アマゾン熱帯雨林消滅
2043年 この惑星の生命は、大きな危機を迎える。多くの生命が命を落とすだろう。

ジュセリーノさんは、こう警告しています。

要約すると「ターニングポイントは、まさに今です。未来は変えることができます。
これから地球を守るために、我々一人一人が、何かをしなければならない。
それは、自分の国の利益を超えて、みんなが協力しなければならない。」

ジュセリーノさんのメッセージは、『地球村』の高木善之さんが仰っていることと重なっていると思います。
2007年の年末が、人類に対する「意識の変革」の期限であると述べているらしいですね。やはり、「ターニングポイント」は今みたいです。


ジュセリーノさんは”もはや神様に何も願うな、ただただ地球へ感謝しなさい”とおっしゃっておられるそうです。

---------------------------------------------------------------------------------------
三重県の実家で海苔の養殖が始まりまったんですがかつてない程海が汚れ、海苔は変色し漁師たちは悲鳴をあげてます。これは境界線がない全国の海に同じです。海を浄化する海苔が自身の力で浄化できなくなっており、もうほんとうに母体である海自体が自分の力で浄化できないところまできてるようです。

私たち人間の流す工業排水、家庭からの合成洗剤、パーマ液などの毒をもうこれ以上流さない、それらをなくしたりシャンプーを石鹸に切り替えたり、植物石けんでさえ、資源をなくさないためには使い過ぎないほうがいいのです。

紙を大切にする、森林を伐採し、人間10人分もの穀物と水田1たん分もの水を配給して育てる牛や肉類を食すことを控える(=不要に飼育させないこと)、エコ電球にきりかえる(日本じゅうが一家にいくつかののエコ電球に切り替えるだけで車92万代台のCo2が削減できるらしいです)

日本の割り箸のために伐採される中国の木は一日3000本といます。中国の森林を奪う割り箸を使わない。マイ箸を持ち歩く、、、など、、今からでもできることがたくさんある。。。

未来に命をつなぐ救世主である虹の天使は、空からある日突然降りてくるものではない、この時代を、敢えて選んで生まれて来た、私たち人間一人一人が虹の天使となり、動く時のようです。
今からでも遅くない。2007年のこの年末のターニングポイントを境に気付いた人から。

一番大切なのは「行動」に移すこと。
一人でも多くの人が行動して、みんなで協力して行けば、世界は必ず変わると思います。地球を癒していけたら未来は必ず、変えられるはずと思うんですよね。


|

« やまとなでしこ | トップページ | マクロビランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やまとなでしこ | トップページ | マクロビランチ »