« 東京珍道中 | トップページ | エルトゥールル号の話 »

2008年1月27日 (日)

宇宙体験

1今日は、地球村の立ち上げ人、高木善之さんの東京講演でした。大阪拠点の方なので東京への講演は滅多にないので楽しみでした。高木善之さんの講演を体験するのは今回で2回目です。

初めて体験したのは、去年でした。環境の事を勉強しようと思って出席したのではありません。去年、ひょんなことから私自身、講演のお話をいただいて、人前で話すなんて絶対無理!逃げたいと思ってたんだけど、伝えたい事を人前で話していくことは、本(出版物)を出すよりストレートに伝わると、ぶっちゃけ喋って行く事が一番の伝達と、ある絶大な信頼を寄せてる編集人に助言してもらっていたので、逃げるわけには行かなくなり、この降ってきたような御縁、試されごとと腹をくくって、どうやって上がり症克服しようか、去年はいろんな人の講演を聞きにいこう、盗みに行こうと巡っていたのです。

矢先、赤福の偽造問題で地球村の高木善之さんを知り(素晴らしいコメントのブログを発見した)コミュニケーションについて、コーチングレッスンというセミナーを知り、受けにいったのがきっかけです。

なんてこっちゃーない、コミュニーケーションなんて僕が教えなくても、動物でも植物でも人間もみな同じ、存在しているだけで伝わるのです。言葉によるコミュニケーションは7%にすぎないのです。どんなに上手く喋っても、それよりも、眼光、存在感から感じるもの、それが全てです。

ここに来た人たちには申し訳ないが、そんなことより、僕は今日、あなたたちに、地球の現状を伝えにきました、と高木善之さんは言うと、ダーーーッと地球の話にほとんどが費やされ、コミュニケーションよりかずっと面白いを思われる、興味深い、魅力的な感動的な話を体験させられ、ぼろぼろ泣けてくるわ、すっかり感動の伝染して帰ってきました。
そんなに数いってないけど、どんな社会運動のイベントや、人生話講演よりも、私の魂をゆさぶるものでした。

環境の話がどうのこうのじゃない。
DNAをドライブ(起動)させる話なのです。それは時によって音楽のライブに近いような覚醒、トリップ感覚、鳥肌たつような体験だったり、親から無性の愛を受けてきた人は誰でも思い出すような、生まれつき私たちのDNAに刻まれた、生き抜いていく命の智恵の覚醒体験です。

この人の話をきいてると、まさに今の時代に役割をもって生まれてきた人、この時代に求められる救世主。どうか長生きして欲しい、って思うのです。でも「人はみな役割を持って生まれてきます。しかしながら、人の役割にはいつか終わりがくる。残念ながら私に残された時間はそう長くありません。」と初めての講演のとき、静かに語りました。

あまりにも衝撃だったので、そして、高木さんが急いでいる(地球の環境に対して人のDNAの目覚めに)のを感じて、この方のことを伝えるお手伝いをしたい、って心底思って、今回、多数のボランティアスタッフを募集していて、申し出て何回かミーティングに今日の本番まで出席させてもらってきました。みんな自分から既に講演したり、イランイラク戦の中、アフガンに救援物資にいかれた人がいたり、イベントを各地でやってたりすごい動いてる人ばかりだからとても勉強になりました。覚悟が違う。

それでいて、生きているって楽しいよって教えてくれた。
このボランティアでたくさんのことを学びました。こうでなくてはダメという囚(とら)われを外せ、自分のイメージしたとうりに人生はなる、引き寄せの法則、様々を学ぶというのは自分の到らなさ、傲慢さを知るという意味では途中、本当にしんどくもなりました、それでも本当にやってよかったと思った。

今日も高木さんが本番講演まえに今回のボランティアスタッフに話されました。究極、ゴミを拾ったり反対運動するとかそんな事を言ってるのではない。人が本当にやさしさを取り戻したら、ゴミを増やすような生活をしない、贅沢をしなくても幸せ、贅沢したいとかお金お金なんて言わなくなる。やさしい人がゴミを出しますか?戦争しますか?
そういうことなのです。

環境問題が大切ではないのです、問題なのは私たちの生き方なんです。遠い昔からDNAに刻まれた生き抜く智恵を思い起こしてください。自分で甦らせ、ドライブさせてください。親が命がけで子どもを守るのは DNAに刻まれた命の記憶。そういう深い深い話をする。

今日はとりわけ環境問題のテーマがやはり多かったが、私が地球村の高木善之さんに感銘を受けたのは、動物らしい、人間らしい感性をドライブさせた生き方。

たくさんかきたいことがあるけど、これは本当に体験してみないと分からない、思い出せない大切なDNAや記号(遺伝子)の覚醒話です。
どうしてこれが宇宙体験なのか?
地球と私たちはつながっている、というよりは、私たちが地球で地球が私たちということを、頭ではなく心でわからせてくれるからです。それを地上で体験することは容易くない。宇宙飛行士しか今まではできなかった。それを、地球村の高木善之さんから、体験することができるからです。

2月.3月と大坂で何回も講演があります。これはもすごいDNAスイッチオン映画と去年思った、1/4の奇跡という映画の中に出る、山元加津子さんとのトークもある。大坂の人が羨ましく思います。是非、宇宙体験してみてください。DNAをスイッチ・オン体験してみてください。環境のこと、曰くその根本に流れる本質のことを。

|

« 東京珍道中 | トップページ | エルトゥールル号の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京珍道中 | トップページ | エルトゥールル号の話 »