« 嫉妬する線 | トップページ | 気のボール »

2008年3月13日 (木)

世界から戦争をなくす方法 その1

Rimg0023戦争をしたがっている人たちは寝る暇もなく努力しています。
平和を願う人たちの努力が追い付いていないから世の中から戦争がなくならないのです。(by 高木善之)
----------------------------------------------------------------
ろうきん未来バンクap bankに資産を預ける〜なら今すぐにでも私たちにすぐ出来る努力です。しかも戦わないでポジに動ける一歩。

まさか一般銀行や郵便局に預けてる資産で戦争が行われているなんて誰が知り得るだろう。

ろうきん(労働金庫)はデザインも宣伝戦略ももっと頑張ってよ〜って思うが、普通にコンビニや他銀行のATMでキャッシュカードで利用できるし店舗は少ないけど全国にあるので便利です。未来バンクの金庫もろうきんだそうだ。

その点、坂本龍一や桜井和寿、小林武史さんの立ち上げたap bankは監修が田中優さんでコンセプトは同じく持続可能な未来であっても、流石に見せ方がとびぬけてお洒落で心惹かれる。
やっぱり、デザインは大事だ。私たちの生き方もデザイン。地球をどうしたいのかもデザイン。

この世はデザイン(思想のデザイン=ビジュアル化)。

デザインひとつで、戦争を起すことも止めることもできるんじゃないか、それくらい影響が多大だ。デザインは事実、世界を動かしている。
アートディレクターの役割は偉大。ミュージシャンの力もデザイン(思考の表現)のひとつ。音楽は嘘つきな政治家の話よりずっとか今の世の中で起こっていること、世界の動き、政治を知り得る。

音楽は国境を超え、生きとし生きるものの根源に響く。

よってap bankの活動に私はとても惹かれる。音楽でできることの最大限をデザイン的に表現し、伝える事の大切さをおしえてくれる。触れて感動する。
ap bank fesなんて日本を代表する才能の集結、超実力派ミュージシャン勢ぞろいで、豪華。片っぱしから、いろんな人を巻き込むあの勢い。
わくわくドキドキして楽しいんだもん。

そう、マイカーは手放し、マイ箸にマイバックは持った方が、銀行もろうきん未来バンクap bankに預けた方がかっこいい。

自給自足は究極のアート。消費せずしてリバースする衣食住、古着にリサイクルの活用は、よりお洒落。


「できるかぎり素敵に自分をデザインし、楽しんでいろんな人を巻き込め〜♪」 

ap bankに学ぶ。


|

« 嫉妬する線 | トップページ | 気のボール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 嫉妬する線 | トップページ | 気のボール »