« 本当のことは | トップページ | 歌 の 力 »

2008年3月 5日 (水)

ザ・シークレット

Dscf6855友達から書籍「ザ・シークレット」を借りて読んでいる。
これは目からウロコだ。またまた大仰なアメリカちっくなコマーシャルに思いきり興ざめひいていたが、これ究極の単純明快な真理の本。実に分かりやすく人生に関する疑問の様々な答えがそこに載っている。ページめくるごとに、これ、買わなきゃ!ってなってしまいました。

しかもこれ、山川鉱矢、亜紀子夫妻が翻訳。山川鉱矢夫妻の翻訳本は、なまけものの悟り方に始まり、パウロ・コエーリョのアルケミスト、そしてブライアン・ワイス博士の前世療法なんて今でも引っ張り出して読む愛読書。この夫妻の翻訳本はどれも塊に深く問いかけてくるものばかり。

友達が貸してくれなくば、こんなことでもなくば読むことはなかっただろう。最も適切な時期にものごとはやってくるというように、最も適切な今という時に私の手許にやってきた。

そんな友達から、タイミングよく貸した事も忘れていた野口嘉則さんの書籍、「鏡の法則」についての感銘電話がかかってきた。「この感動をメールで伝えられなくって電話した」「電車の中で込み上げてきて、エスカレーターで移動中、泣いた」という。一緒に鏡の法則の中に入っていった。勇気だよねえ愛だよねえって。私もまた「ザ・シークレット」を貸してくれたあなたに感謝しながら読んでいた。

ありがとう。
ゆっくり味わいながら読んでいます。

|

« 本当のことは | トップページ | 歌 の 力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本当のことは | トップページ | 歌 の 力 »