« 卯月はじまり | トップページ | 松濤の昼下がり »

2008年4月 2日 (水)

ボケずに長生きしなはれや

Dscf70171.
年を取ったら 出 しゃばらず
憎まれ口に 泣き言に
嫁の陰口 愚痴言わず
他人のことは 誉めなはれ
聞かれりゃ 教えてあげるとも
知ってることも 知らぬ振り
何時でも阿呆で いるこっちゃ

2.
勝ったらあかん 負けなはれ
いずれお世話になる身なら
若い者には 花もたせ
一歩さがって 忘れるのが
円満に行く コツですわ
何時でも感謝 忘れずに
どんな時にも へおおきに

3.
お金の欲を 捨てなはれ
なんぼゼニカネ あったとて
死んだら 持って行けまへん
「あの人は ええ人やった」
そない人から 言われるよう
生きているうち ばら撒いて
山ほど徳を 積みなはれ

4.
と言うのは それは表向き
ほんまはゼニを 離さずに
死ぬまでしっかり 持ってなはれ
人にはケチと 言われても
お金があるから 大事にし
みんなベンチャラ 言うてくれる
内緒やけど ほんまだっせ

5.
昔のことは みな忘れ
自慢話は しなはんな
わしらの時代は もう過ぎた
なんぼ頑張り 力んでも
身体が言うこと 利きまへん
あんたは偉い わしゃあかん
そんな気持ちで おりなはれ

6.
わが子に孫に 世間さま
どなたからも 慕われる
ええ年寄りに なりなはれ
ボケたらあかん そのために
頭の洗濯 生きがいに
何か一つの 趣味持って
せいぜい長生き しなはれや

〜 ボケずに長生きしなはれや/作詞:加賀自生山 〜
*写真/祐天寺駅近くに咲く山吹

|

« 卯月はじまり | トップページ | 松濤の昼下がり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 卯月はじまり | トップページ | 松濤の昼下がり »