« つれづれひきこもり | トップページ | 夕空に見とれる »

2008年4月24日 (木)

近所の学校

080423_182801080423_183002080423_183501080423_1830043_2うちからすぐの三宿通り入ったところに、世田谷ものづくり学校ってのがあって、夕刻に覗いてみた。ちょうどギャラリーでドローイングのグループ展がやっていて、芳名帳に名前を書くと、なんと知ってる、名前をみたことある同業者が何人もいた。あっ、と思うような人の名も連ねてあった。誰が誰か認識できないのだが、どうやらこの会場に今きて同く観ている人は、絵を描く人ばかりのようだ。隣街の学芸大学だったり同じく祐天寺だったり、池尻や三軒茶屋やらこのあたりの住所が書いてあった。みんな散歩がてら仕事の合間に気晴らしに来てるんだな。

絵は空間を多くとった素描が多く、フレーム(額縁)がないのがよかった。最近、これは私の趣向なのかしらないが、絵に囲み(フレーム)がないほうがいいと思える。絵のタイプにも依るし、見せ方次第なのだけど。どうもフレームがない絵に惹かれる。一時期は逆にフレームにすごく惹かれた。それも天然の白木。いわゆるデッサン額縁。
世田谷ものづくり学校は教室内でプレスで版画刷ってたり、立体こしらえてたり、様々なものつくりの人たちの工房としてもあるようで、たま〜に世田谷の区報に、工房レンタル募集って載ってる。おもろい公共施設だ。

*近所の世田谷ものづくり学校。工房があったりカフエがあったりパン屋があったり、中が面白い。同業者の鹿野ちゃんと銀座に寿司ランチいったときの写真がでてきた。去年のもの。二人とも間抜けでおもろ〜〜い。鹿野ちゃんは旨いもの食べ歩き仲間でもある。

|

« つれづれひきこもり | トップページ | 夕空に見とれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つれづれひきこもり | トップページ | 夕空に見とれる »