« 土曜の夕べ | トップページ | 動けば変わる »

2008年7月 7日 (月)

純情商店街にイケメン君に会いに行くの巻

2_23Dscf8153昨日は三重県時代の高校の同級生、阿佐ヶ谷に住むめぐちゃんと、高円寺の純情商店街で待ち合わせ。いや〜なつかしい!この純情商店街は美大の頃の青春だったわ、ひと足早く着いたので、出かける前に仕上げた原稿2本を商店街のコンビニから手配しつつ、学生時代に買い物していた総菜屋やスーパーなどが相変わらずあって、ひとしきり慕情にふける。この界隈のライブハウスにもよく足を運んだものだ。

てんつくマンつながりで知り合った北川君(26才の男子)が個展にきてくれて、その子のバイト先に食事に行ったのでした。先週、個展会場に来てくれた彼は、なんと、ギャラリーの入り口で靴を脱いで上がってきたのです。後で入り口にそろえてあったスニーカーを見て分かったことなんだけど、私はその様に感動しました。ギャラリーではてんつくマンの話でひとしきり盛り上がる。てんつくマンの住む映画ロケ地でもある小豆島に、春は田植えを体験しに行った話、その際、あの竹墨職人のキムさんと差しで一晩飲み明かした話、てんつくマンに路上詩を描いてもらった話、などなど、たくさん話を聞かせてくれて、その目の澄み切ったキラキラした輝きといったら。。。、この子のお嫁さんになる人は一体どんな人なんだろう(この人の嫁になる人がうらやましい!)と、想像をめぐらせてしまいました。そんなわけで、今日めぐちゃんと純情商店街で働く彼のバイト先に行ったのですが、北川君は予想通りめぐちゃんの心を捉え、めぐちゃんも終始、彼のキラキラに吸い込まれていました。

てんつくマンの数日前のメルマガに「覚悟」の話がのっていたらしいのだけど(見逃している私)、自動ドアで例えると覚悟をしてる人はドアが開きっぱなし、閉じたり開いたりしてる段階では覚悟ができていないのと同じ。誰にでも神様がついていて、その神様がこちらに入ってきたくても閉じたり開いたりでは入ってこれなくなる、開きっぱなしにする覚悟の話を目を輝かせて話てくれていた北川くん。近々、てんつくマンを誕生させた、路上生活、路上詩人にも挑戦するらしい!私も、私の目をみて降りてくるインスピレーションで描く詩を書いてもらいに行こう!

とにかく、彼の10年後、20年後と、この先どういう歳の重ね方をするのだろう40才、50才になった時の姿が楽しみやわ〜と眺めていました。夢に立ち向かうその姿、実に男前(何よりその心がイケメン)!。


「あんな子に結婚してって言われたら明日にでも結婚するわ〜」めぐちゃん曰く、「私はてんつくマンと結婚したいわ〜!、でもあんな鋭い人(まるで格闘家の如き眼光)と結婚したら毎日怖いやんな〜」と私。「もうあかんやん、こないだ(てんつくマンは)結婚したやん!」、と、めぐちゃんのツッコミ。ぐっはっは。

いや〜、いくつであろうが夢を描き、自分と闘う男は格好いい!お腹かかえて爆笑しまくりの純情商店街にイケメン君に会いに行くの巻でした。

|

« 土曜の夕べ | トップページ | 動けば変わる »

コメント

まゆみん、ひさしぶり!
そっちのイケメン旦那、うっちーは元気?

そうだね、有り難い出会いはたくさんあるね。
しかし年令が若すぎ〜〜〜。笑

投稿: やだ | 2008年7月 7日 (月) 17:58

お久しぶりです~個展に行けなくてごめんね。
わざわざハガキくれたのに(泣)・・・

高円寺のイケメンさんいいねぇ。

その後どうなの?
いいお話はあったかなぁ?

沢山の出会いの中からきっといい人みつけてね

楽しみにしてるから。


投稿: まゆみん | 2008年7月 7日 (月) 17:51

あーいう男前くんをみると、日本の未来も
捨てたもんじゃないなって、思うやんな〜。

てんつくマンはもとより
高橋歩のことを話す、彼の目の輝きに、更なる
壮大な期待を感じずにはいられない、
やだおばちゃんでした。笑

投稿: やだ | 2008年7月 7日 (月) 01:12

いやぁ、キラキラに吸い込まれましたよ〜。
久々にナマのイケメンを見たので、目と心の保養ができた(笑)。

またちょくちょくお邪魔させていただきますとも〜。

出会いって素晴らしい!!

投稿: めぐちゃん | 2008年7月 7日 (月) 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土曜の夕べ | トップページ | 動けば変わる »