« 動けば変わる | トップページ | 祈  り »

2008年7月 9日 (水)

音楽の力とアーティストパワー

Dscf8162Dscf8164昨日は恵比寿のEcokaに納品帰りの華(はな)ちゃんがうちに寄ってくれました。
ヨガの先生でもある華ちゃんに家でできる簡単なヨガのポーズを指導してもらい、その後夕方からキャンドルナイトで一杯やりながら、トータス松本の「涙をとどけて」がラジオから流れると、やはり華ちゃんも仕事の手を止めて聞き入ると言う、そうやんなそうやんなあもう心がぎゅーってなるやんな〜って二人で盛り上がって音楽の動画をみまくった。

ウルフルズ時代のファンキーなトータスも格好いいけど、ウルフルズ時代は根暗な自分をだせなかったと言う、今回のこの曲が本来の自分だと告白する、より内に内に向かう、陰なト−タスも好きだ。そりゃあこんなガラスのような男の人の心情、本来の自分がそう(陰)でなくてはつくれないだろうな。切なく張り裂けそうな心情を叫ぶトータスの姿。杯傾けながら二人でしびれながら何度も何度も繰り返してみとれる。

ミュージシャンはずるい。こんなん目の前で歌われたらイチコロだよって華ちゃんもひとしきり盛り上がり。つーか仕事にならんよ。笑
涙をとどけて/トータス松本


それで際限なくいろんな動画を検索、プレイしながら、久しぶりにBank bandのto Uを聞く。やっぱいい〜〜!鳥肌がたつ、今回の地球環境会議、北海道洞爺湖サミットのこの機会に全世界にこの映像を流して欲しい。世界じゅうに流れてほしい、
限りなく勇気がわいてくる、音楽の祈りの力を感じる。この蒼々たるアーティストのパワーといい、やっぱ音楽はすごい。
〜to U〜/Bank band


それから華ちゃんも好きでカラオケでよく歌うといってたDragon ashのいくつか。
いや〜なつかしいわ〜。Dragon Ashライブチケットゲットしてもらって、お洒落頑張って赤坂ブリッツに行ったよねえ。ファンクラブ入って、降谷健志(kj)につかまれまくって毎日ライブビデオあほみたいエンドレスでみて、ロッキンオンジャパンから掲載誌という掲載誌すべからく降谷くんのインタビュー読みあさり、カラオケでもちろん歌いまくったあの頃。久々に降谷健志(kj)の歌う姿を映像で見る。やっぱすんごく格好いい。
でもって、「陽はまたのぼりくりかえす」、この歌にどれほどの若者たちの心が命が救われただろう、勇気を与えられた事だろう。今みても、古くない、体ごと引き込まれる、音楽の力というものを感ぜずにはいられない。オーディエンスの熱気に包まれたライブ中に感極まって歌えなくなる降谷くんのシーンで毎回ぐぐっとくる。
音楽は世界を動かすだけ力がある。絵だって写真だってできる、世界を変えれる、アーティストの力(光)があまねくこの世界を照らすことを祈りたい。

陽はまたのぼりくりかえす/Dragon Ash


grateful days/Dragon Ash


Dragon Ash and Sugar Soul, Garden
/Dragon Ash

Let Yourself Go, Let Myself Go/Dragon Ash

|

« 動けば変わる | トップページ | 祈  り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 動けば変わる | トップページ | 祈  り »