« 音楽の力とアーティストパワー | トップページ | 残るものと残らないもの »

2008年7月10日 (木)

祈  り

Dscf4621_2『to U』/Bank band

作詞:櫻井和寿   作曲:小林武史    
歌:BankBand with Salyu
 

池の水が鏡みたいに空の蒼の色をまねてる
公園に住む水鳥がそれに命を与える


光と影 表と裏
矛盾も無く寄り添っているよ

私たちがこんな風であれたら・・・


愛 愛 本当の意味は分からないけど

誰かを通して 何かを通して 思いは繋がっていくのでしょう
遠くにいるあなたに 今言えるのはそれだけ


悲しい昨日が涙の向こうで いつか微笑みに変ったら
人を好きに もっと好きになれるから
頑張らなくてもいいよ


瓦礫の街のきれいな花 健気に咲くその一輪を
「枯らす事なく育てていける」と誰が言い切れる?

それでもこの小さな祈りを 空に向けて放ってみようよ
風船のように 色とりどりの祈り

愛  愛  それは強くて だけど脆くて

また争いが 自然の猛威が 安らげる場所を奪って
眠れずにいるあなたに 言葉などただ虚しく

沈んだ希望が 崩れた夢が いつの日か過去に変わったら
今を好きに もっと好きになれるから
あわてなくてもいいよ

愛  愛  本当の意味は分からない

だけど強くて

雨の匂いも 風の匂いも あの頃とは違ってるけど
この胸に住むあなたは 今でも教えてくれる


悲しい過去が 涙の向こうで いつか微笑みに変ったら
人を好きに もっと好きになれるから
頑張らなくてもいいよ


今を好きに もっと好きになれるから
あわてなくてもいいよ


『to U』/Bank band より

|

« 音楽の力とアーティストパワー | トップページ | 残るものと残らないもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 音楽の力とアーティストパワー | トップページ | 残るものと残らないもの »