« 秋への移行 | トップページ | 日常つれづれ »

2008年8月19日 (火)

矯正着物

1_22_23_2夕方の打ち合わせ前に、4回目の着付け教室。今日は名古屋帯の締め方。マンツーマンで丁寧に教わってるので、分からなくなったところや苦手なところを繰り返し指導していただいたり、先生が私のペースに合わせて下さるのでほんと有り難い。複数の教室だったら、覚えが悪くておいてかれる〜。まだコツを得てない為、2時間、3時間経った頃にはヘトヘト・・・。でもって、手を後ろに回して固い帯を締める時なんか、腕が吊りそうになる。帯締めは体力もいるし汗だく、昔の人は凄いな〜、器用だな〜って思う。あと着物はからだのいろんなところを絞めるのだけど、それがマッサージの指圧みたく気持ちいい。背筋がしゃんと伸びて姿勢も正される。「この締め付け、無性に気持ちいいです」ともらすと、先生曰く「骨格のゆがみも徐々に矯正されるから」って仰る。私のからだも右肩上がりで骨格が歪んでるらしい。

というわけで、着物道、からだも気持ちよくって、病みつき。。。

*写真は郷里の家からの風景。

|

« 秋への移行 | トップページ | 日常つれづれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋への移行 | トップページ | 日常つれづれ »