« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

機が熟す

2009_0131ac斉藤和義はめちゃ好きなミュージシャンの一人。年末のレコード大賞にも出演で腰抜かす。テレビにラジオと最近露出が多い斉藤和義。なんで今頃なんだろう。プロダクションが商品として計らってるのだろうけど、出ない方がいい。昔のが断然良かった。容姿も歌声といい、清志郎と歌ってる頃はメロメロでDVDに張り付いていた。声がすごい。母性をくすぐるあの甘えフェロモン。歌もいいし、何しろ、ほんと声がダイヤモンド。「歌うたいのバラッド」はたまらん、1万回は聞いている。が、そこに目をつけるセレクトがいいミスチルの桜井和寿くんのがぐっとくる。病み具合が断然上。死ぬか生きるかってくらいの瀬戸際で歌ってるから深刻さが違う。やっぱり歌もなんでもそうだけど、陰の度合いが深ければ深いほど、才能が突出してるというか、訴える力が大きいのかもしれない。本人はめちゃくちゃ生き難そうだけど。

とにかく、斉藤和義、昔のが病んでて“陰”が相成るフェロモンの純度が強く、断然良かった。
が、それぞれの世間への開花(社会とのコンタクト)が才能の機(才能の開花のタイミング)とは関係なくあることは実感する。

| | コメント (2)

2009年1月30日 (金)

バシャール須藤元気くん

Sora1昨日たまたま、久しぶりに須藤元気くんのブログを観ていた。書道展に入選した作品やら。
そうしたら、偶然にもヤフーのニュースで元気くんが、拓殖大学大学院の地方政治行政研究科に合格したのニュースが。シンクロだし、うわ〜。

「YES WE CAN」に並ぶ、「WE ARE ALL ONE」と口ずさむ日本がやってきたら〜。妄想はけたたましく育つ。
いや〜イメージが大事だ、もっと大事なのは行動。宇宙は行動が何より好きと、バシャールも言う。

2012年に向けて?というのは著書本には書かれていないが、元気くんの著書本にも書かれていたように、政治の世界に進出する準備を整えているのかもしれない。

須藤政権に変わってくれたらこの日本もオバマさんともっと近くなると思う。
って、気が早い。けど、今の世の中何が起こるかわからない。ベルリンの壁だって誰も壊れると思わなかった。変化は突然やってくる。ただ、戦争は突然やってこない、平和も突然やってこない。

平和も戦争もクリエイトするもの。“クリエイト”とは地道な継続という“行動”によって成される。

須藤元気くん、やった〜。そのベクトルに参列したい。
いつも、継続に裏打ちされたその突発的な行動が格好いい。ご精進、めちゃくちゃおめでとう♪〜

| | コメント (0)

2009年1月29日 (木)

お人好し

3先日、Ekocaの福地さんと行った恵比寿のイタリアン。

12

| | コメント (0)

2009年1月28日 (水)

高熱とガン

SoraSora1Sora128昨日は、夜にイタリアンを食べに行きました。
帰ってから明け方まで何回もトイレやキッチンで吐く。胃がムカムカして痛い、吐き気の続く気持ち悪さで、布団の上でもがき唸る。これって、もしや〜。あくる朝、病院に駆け込む。ノロウィルスでした〜。
熱も38.5分まで上がり、体内のがん細胞を殺してくれているっぽいです。高熱を出すのは去年末のインフルエンザが8年ぶりで、フリーランスだからか、気が張ってるのか熱をめったに出さなかったので、からだのためには時々高熱を出さなくてはならないとよく整体の友達に教えてもらっていました。高熱を出す方法が皆目検討がつきませんでした。なので年末のインフルエンザは超しんどかったけど、ラッキーだったのです。

誰でも持っているガン細胞。ガンは冷たいからだが好き、高温に弱く、高熱を出すと体内のがん細胞が死ぬらしいです。整体をやってる友達は高熱になると、体温計を観て、もっと上がれ〜もっとと喜ぶと言っていました。そしてどんどん汗を出して洋服を着替える。
体内の大掃除を高熱はやってくれるため、注射や薬で下げずに、どんどん上げガンを殺し、体内を浄化するのが長生きの秘訣らしいです。

去年末に引き続き、一ヶ月ぶりの高温。ノロウイルスではあるが、インフルエンザのAorB型のやっていない方の可能性もあるということで夕方からまた再検査に行くことに。今はようやくなんとかマクオさんに向かい文章を打ててるけど、こうしてる間にどんどん体内の温度、高熱に上がってきてガン細胞をブチブチ退治してくれているっぽく、ふらふらしてきたため、もう休みます。

ウイルスに感染しないためには水と睡眠をたくさんとることらしいです。

しか〜し、しばらく高熱を出したことのないそこのあなた、誰かからウイルスを移してもらってもいいかも。ガンが減ります。

| | コメント (0)

2009年1月27日 (火)

白いアート

Ceeze苦手な乳製品、中でも一等苦手なチーズ。
けれども、かたち、マチエール、テクスチャーといい、見た目がとっても魅力的。特に、カマンベールは芸術品。

| | コメント (0)

2009年1月26日 (月)

お知らせ

123_2
>ELLE netにて連載中、おすすめスイーツの取材を年末に受けました。

なんだ〜、このお陰でしょうか、年末年始のブログへのアクセス数が連日何百人となりある時は450人となってどうしたんだろうと疑問に思っていたのでした。そういえばあの取材はもうアップされているのかな?と今見つけた次第。。。

本当は和菓子屋、恵比寿にあるトシヨロイズカの手前にある伊勢重のつぶあんの大福を紹介したかったのですが、お店が取材掲載お断りとなり、祐天寺の家の近く、中目黒に向かう遊歩道沿い入ったところにある「バンセンヌ」さんに決まりました。こちらは子供たちに気軽に食べてもらえる値段設定が目標なんですって。それでもってひとつひとつの仕事が丁寧でとっても素朴で美味しい。おそらく青山界隈に出したら倍以上の値段で普通に勝負できるお手前です。一時期、あまりにも手軽に買えるスイーツで旨いので3つずつ買って家で食したときもありました。
中目黒、祐天寺にお越しの際はどうぞ召し上がれ〜。

| | コメント (0)

2009年1月25日 (日)

ローリン・ヒル「To Zion」

1ローリン・ヒルのミスエデュケーションというアルバムがとても好きで、中でも「To Zion」を一時期擦り切れるほど聞いていた。去年、専門学校の生徒がそのアルバムを持っているのを観て久しぶりに無性に聞きたくなっていた。
例によってCDはほとんど手放して手許になく、ヤフオクで落札しやっと再入手する。念願の「To Zion」をエンドレスで聞く。i podにも入れて外出時も一緒。平井堅とローリン・ヒルが今、私のブーム。
「To Zion」の中には一番売れているときに子供を宿したローリン自体の体験からなる歌詞でみんなはよく考えろと私を引き止める、それでも私は神のお告げに従う、なんて美しい神の子という感嘆が挿入され、キリストの受胎告知になぞらえた歌詞である。当初は英語だし歌詞は分からなかったのに当時ものすごく伝わってきて感動しながらリピートしていたのを覚えている。ザイオン=Zionとは天国を意味するが彼女の息子の名前。歌詞を読んだらますます惹かれていき、アルバムの世界に入っていった。打たれた。一流を目指すアーティスト、ミュージシャン(商品)でありつつ一人の女性としてのローリンの生き方に興味を持っていった。世界的に売れたアルバムだった。今聞いてもやっぱり打たれる。

| | コメント (0)

2009年1月24日 (土)

銀座の民芸2009

2009_0123aa2009_0123ab2009_0123ac

女は着物では破産しない。着物を買ううちは色気がある、即ちエネルギーがある。とは、着物博士の京子さんの師匠の言葉らしい。

うひょ〜。それでは女が破産するときはどんな時だろ〜。

*写真/民芸「たくみ」で砥部焼飯茶碗をゲットする。着物も好き、陶芸も好き、書も好き、伝統工芸が好きで、キリがない。でも破産しない。

| | コメント (0)

2009年1月23日 (金)

一月の雨

2009_0122aa

会社帰りの片岡さんと一杯やるのに食卓で使ってみた。

乾燥しっぱなしの外気に突如恵みの雨。やっぱり水分は命だ。お肌も潤う。
先日、スパイラル青山でやっていたフードコーディネイターの長尾智子さんが福岡と大分の県境にある小石原の
窯元たちと提携し立ち上げた、新しい民芸を提案する食器ブランド「小石原ポタリー」の展示がたまたま開催されていて、さっそく2皿買った。ん〜、さすが長尾智子。フードコーディネーターとして食を彩るだけではない、用途とされることが命の民芸をよく分かっておられる使いやすさ、料理の栄え具合のある器だった。長尾智子は当時一番好きな、今はベスト3に入るとても好きな料理研究家。音楽のような(まるでフリージャズみたいに)料理を作るところが好きだった。おこがましいけど素材の組み合わせや味付けの気持ちがわかる、そんなレシピの数々だった。
そんな長尾智子さんが目を付けた素材、現代民芸への提案は興味がそそられた。民芸故のコスパ共々、期待を
裏切らなかった。

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

雨つれずれ

1チャリにて中目黒に本店がある和菓子のHIGASHIYA発見。
Karihurawer実家から送ってもらったカリフラワー。でかいので半分送ってくれた。長い間ベランダにおいてあったため切り口が痛んでいたので包丁で切り落とす。パーマ頭みたいやわ〜。

今日は今から着付けのお稽古。名古屋帯がだいぶん結べるようになってきた。来月は袋帯を復習〜。

| | コメント (0)

2009年1月21日 (水)

祝・アメリカ新大統領誕生!

002_21彼の演説は確かに人を引きつけるものがある。話している内容は所々しか分からなくても、伝わってくる気迫と言葉の力を感じて、感動する。感染する鳥肌がたつ。アメリカの長年の夢が当選させた一人だからだと思う。

舞台にたっているのは彼一人でも、その後ろには何万人という人々の存在があり、その気配を感じるからだと思う。

1300万人のボランティア団体(親衛隊)を動員させ、大統領選を戦った人々の目から涙があふれる。 自分たち一人一人の力でオバマを誕生させたと誇りに思っているオバマ親衛隊たち。国民一人一人が政治に感心を持つようになったと。
日本もこういう熱気のある、政治家が総理大臣になってほしい。

オバマさんが言う。「自由という贈り物を次の世代に引き継ぎたい」
そうだよ、自由。オバマさんはこれから莫大な人数の期待を背負って行くことになる。戦争を回避しながら経済復興をアメリカができるだろうか。ガサで起こっている事実、10分間に9発もの空爆に怯え眠れぬ家族、子供たち。その空爆を押さえられるのは今、アメリカしかない。その空爆をお金儲けのために続行させねばならなかったアメリカ。アメリカさえNOと言えばガサの空爆は鳴り止む。

戦争をなくして世界の経済を復興させるには・・・。オバマさんが訴えた「自由」というキーワードに込められた真意は深いと思う。
みんな連鎖している故、オバマさんが就任したことで、世界中に変化、チェンジが起こることは間違いないだろう。一人一人が国の問題を認識し責任もって生きていくこと。オバマさんの演説を日本人としても受け止めたい。
日本もこれくらい鳥肌たって、声を大にし、おめでとう〜〜〜!と言える総理大臣がでてくれることを祈って、
「第44代アメリカ新大統領=バラク・フセイン・オバマ大統領、御就任、ほんとうにおめでとうございます!!!」

| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

人と比べず、昨日の自分と比べる

DokurituSoraラジオから「人と比べない、比べるなら昨日の自分と比べるように」と流れる。ええ言葉やわ〜。教訓にさせていただきます。

昨日は最終日の「独立書展」を観に、また国立新美術館に行った。味わうには多大すぎる。前回も気になって立ち止まった、篆刻家でありつつ書家である小木太法の作品。写真に納める。

NHK風林火山、北野武の「アキレスと亀」の題字を手がけた書家アーティストの柿沼康二のお父さん、柿沼翠流の書を見るが、整いすぎて、もう上手すぎてこのくらいのレベルになると分からない。
いつ見ても柿沼康二のブログは気迫がすごい。命を燃焼している。めちゃくちゃ尖っている。その命の削り方に憧れる。一枚でも多く書いたものが勝つ。「書の基本は臨書、書の醍醐味は究極は臨書」との本人のモットーどうり、臨書部屋を設け、時間さえできれば偉人たちの書を模倣する勉強熱心な書家アーティストである。私から観るとアーティストでもあり格闘家そのものに見える。柿沼康二とくると反射的に書・格闘家とのテロップが自分のなかに流れる。

昨日の曙橋近くのビル、7階から見た空。雨上がりの翌日故、朝から空気が透き通っていた。夕暮れも奇麗。

| | コメント (0)

2009年1月19日 (月)

姐 御

090117_140701よくよく考えてみると(周りを見渡してみると)、友達の大方は姐御。気っぷが良くて太っ腹、世話好きで、困ってる人を放っておけなくって自ら身を乗り出し面倒を見てしまう。男に変な色気を使ったり、ぶりっ子(こびへつらったり)は間違ってもしなくて、まさに姐御ちゃん。不思議なことにほぼ全員、私の女友達は何故か姐ーさん気質である。そういう彼女たちが大好きである。

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

駒沢大学の夕べ

0123451昨晩は駒沢大学(田園都市線の駒沢大学駅)に注文住宅(建築家に建ててもらった)自邸に住む友達(ずっこ)夫妻の家にお招きいただきました。年々、料理研究家の栗原はるみ似のずっこのイタリアンベースの心の籠った料理をいただだく。アンティパスト(前菜)からして、シチリアにイタリア料理を食べにいっただけあってほんと旨い味付けだった。鯛の焼き物なんて皮がパリパリで下に敷かれた長時間炒めた甘いタマネギと相成って絶妙だった。ジェノベーゼのスパゲッティも最高。

結婚以来見てなかったというずっこ夫妻二人が映ったDVDを見る。途中ずっこが涙する。なんと純粋な人なんだろう、帰り道反芻しながら帰宅する。

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

ぎんなんといちご

2_2

3_24_25

| | コメント (0)

2009年1月16日 (金)

書の道


067101112_2そのあと六本木に移動し、国立新美術館で開催中の独立書展に行く。格闘家ごとき柿沼康二が所属する独立書人団。なにかと派閥がある芸術の世界で、唯一ここは自由で、広がりがあり、絵のように文字を描く。「自由」とはこういうころを言うのだと思う。資格も師範もいらない、唯一必要なのは感性。

毎回、独立書人団の書をみるとゾクゾクする。今年は書を再開したい。篆刻と書を教わっていた独立書人団の先生の書がやっぱりとても好きなので、また門を叩きたい。相方のお母さんも書家なため、書に触れる機会が増える。話を伺ったり作品を拝見するとやっぱり血が騒ぐ。書を絵のように書いている独立書人団。まだまだ未熟な私だが、意識は、絵を書のように描くがモットー。とてつもなく書の世界に吸い寄せられる。

いつか独立書人団のこの会場に飾られることを目標に、やっぱり書は一生かけて続けて生きたいと誓った年初。

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

今月の指針

1今日は午後から自宅で取材と撮影がありました。取材とは、自分の考えを整頓できるありがたい機会である。

そのあと打ち合わせを電話で行い、着付けの練習をする。明日は明治神宮に行くので着物を着ていこうとコーディネイトを考える。が、夜は来客ホームパーチィだったのを思い出した、料理をすたこら作るからやっぱり着物はやめる。先日の来客ホームパーチーの時、着物で用意したらえらい疲れた。慣れてない故。

今日の取材で過去のイラストで探し物があって朝からどたばた引き出しや押し入れをやさがしする。たくさん現ががでてきて、というか、去年一年のものをまだ整頓してなかった。それを見ると、なんという下手なんやろと恥ずかしくなるものも多々ある。反して、ほ〜う、こんなん描いてたんやっていうのもあたりやなんかで反省を多いにする。

今月いっぱいの目標。
*全引き出し、押し入れ、仕事用品の整理整頓。
*名古屋帯、鏡を見ずに結べるようになる。

| | コメント (0)

2009年1月14日 (水)

命の誕生

Rinoko今月7日に誕生された“梨乃子”さん。何千年も前から守られ受け継がれてきた、「命」のトップランナーたち。この地球という星を幸せで満たすために、幸せになるために生まれてきた小さな命。おめでとうおめでとうおめでとう!

Ayano1こちらは去年3月にこの地球にやってきた古代姫の生まれ変わりと言われている(笑)“綾乃”さん。こないだ綾乃さんのお母さんである友達の笑みちゃんと電話で話中、4歳になった長男の清吾と電話でちょこっと話す。第1子である長男の清ちゃんは、私と同じ誕生日で同じ血液型9月8日生まれのB型。やだぴんちゃん(私)とも同じ、松本人志とも同じやなんて、めちゃくちゃええ男になるに違いない〜〜〜!笑。めちゃ縁感じるわ〜。

9月8日生B型の清吾「やだぴんちゃん、白石に遊びにきてね」

9月8日生B型の私「うんうん、行くよ〜。知ってた?やだぴんちゃんの携帯の待ち受け写真は清吾なんだよ〜♪清ちゃん、お父さんとお母さんどっちが好き?」

清吾「お母さん!(声が大)」

私「あら〜、ほんま?お父さんとお母さんどっちが好き?(もう一度)」

清吾「お母さん!!!(声が大)」

私「へ〜〜〜。で、お父さんは今なにやってんの?」

清吾「洗濯〜」

というお父さんの第2子の綾乃さんをおぶって洗濯からいっぷくの姿。ええよね〜、最近は前でおぶる親多いけど、後ろでおぶってる姿、やっぱいい。家庭的なお父ちゃん。あと最低1人で、子供は本当にかわいい、人数多いの好きだし、できるなら何人でもいいって〜。うひょ〜、大家族、うらやましい!

Youkan先日、恵比寿の呉服屋「奥和屋」でいただいた、とらやの羊羹と、入れたてのお抹茶。めちゃんまかった!

001002_2仕事部屋から見た、今日の空。でっかい〜。

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

子供は天才

1_22_2子供の絵画展示。圧倒される。自由なんだもん。

| | コメント (0)

2009年1月11日 (日)

冬の空

4_25_2本日最終日、恵比寿キャピタルのバーゲン、めいちゃんと現地集合の約束。間に合わなかった。うー。

| | コメント (0)

2009年1月 9日 (金)

着物にふれることー日本

1空を見ていると、心もおっきくなる。


3だしをとりながら一緒に大根の葉と、わかめも煮る。わかめからもまた、いいだしがでる、それが旨い。


今の住まいからチャリンコで15分の恵比寿は、ほとんど生活圏で、ここでよく買い物をする。恵比寿はとても好きな街。昨日、華ちゃんとランチしたあと、トシヨロイズカの隣の和菓子屋でまめ大福を買ってEkocaに行ったら、布作家の石川ゆみさんもいるではないですか〜。嬉しいやない〜。
相変わらず素敵な二人に見とれつつ、福地さんと石川さんと3人で新年のご挨拶を交わしつつ、神様(神道)の話で盛り上がったり、しばらく雑談する。年末から目をつけていた岩手県一戸町、鳥越の鈴竹のかごをゲットする。これにおにぎりをたくさん入れて誰かの家に差し入れ、または、野外で食す構想。

そのあと、恵比寿でお気に入りの呉服屋、奥和屋に行く。最近よくしている紙布の暖色系の帯と反対色の水色の帯び絞めをゲットした。なんとその水色の帯締めの名前が「白月」という。和ってなんてロマンチックなんだろう、っていうか日本ってすごい。色の名前にもたくさんの物語があるし、誰が考えたのかその名前のつけかたに感心する。

それから、着物着ているとつくづく思うが、平らな紙や布を立体的に美しく見せるあんな帯の結び方とか、一枚の布を着物というかたちに仕立て、畳むと平になるなんて一体誰が考えたんだろうと思うくらいの神業だ。昔の人はすごい、というか、日本という国がすごい。

着物を着ることは、必然的に、日本という国の素晴らしさや知恵を知ることになる。思うこと、学ぶこと、発見することが多すぎる。

日本の「色」についても。

| | コメント (0)

2009年1月 8日 (木)

友達は宝

11_2今日はまたまたEkocaに納品の華ちゃんと、途中にある前から気になっていたイタリアンでランチ。今日もいろんな話したわ〜。しかもそのお店が大当たり!夜も行って、あそこの常連になりたい。味とコスパが素晴らしいのと、雰囲気もいいし、音楽の選曲がよかった。恵比寿で常連になりたいと思った店は初めて。

12_2
夜は友達と家ごはん。いつもこんなに賑やかではないです。

| | コメント (0)

2009年1月 7日 (水)

銀ブラデート

11今日は、華ちゃんと銀座でデート。四苦八苦し、着物を着た。憧れの銀座を着物姿で歩くことが夢だった。。。あ〜うれし。
華ちゃんと松屋で待ち合わせし、そのあとエルメス本館に行く。よく見とれる、南果歩に似てる華ちゃん。


1213ダロワイヨでパンを買って、資生堂パーラーで宝石のようなデザートを食す。正月の話や、最近もっぱらバシャールに影響うけてる私は、問題を説くとき、バシャールの言葉を思い出す。そんなことを華ちゃんに聞いてもらったり。。。つれづれ話に華が咲く。お釈迦様(仏蛇)と同じことを言ってる、バシャール。

いい思いも悪い思いも、発した言葉もすべからく自分に返ってくるという宇宙の法則。
「あなたが与えたものがあなたが受け取るものです。」

「あなたが見ている世界は、あなたの内面の現れです。状況を変えたければ、あなたが変化すること。
世界を変えたければあなたの内面を変えればいい」

「つねにわくわくすることをしなさい。情熱に従って生きなさい。それが自分の使命への近道です。」

「行動がすべてです」 by バシャール

| | コメント (0)

2009年1月 6日 (火)

「めくるめく」と「2009年は着物」

6元旦からかけ足で日が過ぎて行くような気分。晦日にまとまって出した年賀状に反して、予想もつかぬ人々から近況報告、積み重なる年賀状の束。有り難い悲鳴、書いても書いても年賀状が終わらない。

うちの神棚さま。お手製。真ん中に天照大神、天照大神から向かって右手はこのあたりの土地を守ってくださっている産土神である駒繋神社(すさのおのみことが御祭神)を飾り、左手は好きな神様を配置する。明治神宮か三重県の実家の産土神の久久志弥神社(女神)のお札を迷って、いつも久久志弥神社(女神)を御祀りしてある。

二礼二拍手のあと、みそぎの祓いというお浄めの祝詞を唱える。15日までお正月飾り。本来は〆縄も飾る。正月飾り故、榊(さかき)には松があしらわれています。いいわ〜。日本は。

明日は大好きな銀座で、華ちゃんとデート。着物でお出かけしようと帯結びを教科書眺めながら復習する。粋な角出し結びがまだ自信がないのでとりあえず名古屋帯で二重太鼓。何を着ようか、帯揚げと帯締めのコーディネイトにわくわくする。結城紬の藍染めか桜の草木染めか。。。

| | コメント (0)

2009年1月 5日 (月)

新年の抱負

5石井ゆかりさんの筋トレによると、乙女座は新年の抱負は11日まで大丈夫と記されていたので、考え中。。。

1にも2にも、からだが資本。今年は華ちゃんやEkocaの福地さんを見習ってヨガをベースにし、からだを鍛えようと思う。

土台はからだつくりの2009年。その上にどんな夢の柱を建てようか、11日までじっくりと考えよう。

| | コメント (0)

2009年1月 4日 (日)

三重県の空

1_2合掌。

| | コメント (0)

2009年1月 3日 (土)

友達母ちゃん

3_23日は同郷の友達と3人で会う約束だったが、インフルエンザでなしに。そのかわり、午後、それぞれ二人が実家に顔を見せにきてくれた。

一人は2児の母、もう一人は3児の母で、ばりばり母ちゃんである。ありがたい。

しまった、ばりばり母ちゃんと子供らを、写メっとけばよかった〜。

| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年

21明けましておめでとうございます。

世界のどこかの国でおこっていることが決して他人事ではない、私たちの一部であるこということ、
国境を越える想像の翼を日々たくましくしたい。

2009年が、みんなが笑って過ごせる明るい年となりますよう、心から心からお祈り申し上げます。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2009年 元旦

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »