« ヨ ガ | トップページ | 伊勢神宮、朔日市参り »

2009年2月28日 (土)

船盛り日和

28昨晩から三重県に帰省しました。昨日までの雨空が嘘のよう、今朝の三重県はまばゆいばかりの快晴。暖かくええ日和でした〜。今日はおめでたい日なので、家族で船盛り囲んで食事しました。海の魚はやっぱりおいしゅうございました。

|

« ヨ ガ | トップページ | 伊勢神宮、朔日市参り »

コメント

ササキハレノスケさん

どうもおーきに〜。
なんかめちゃたいそうなお祝辞、ほんまありがとうございます。
地道に気楽にいきたいと思います。
またの再会を楽しみにしております。
いただいた幻冬社の見城徹さんの御本、読ませていただいています。
深いですねえ〜〜。

投稿: やだ | 2009年3月 7日 (土) 23:48

こんばんは。

まずは、なによりも心よりおめでとうございます、と言わせてください。

同い年の誼みで、いつもご厚誼いただいておりますうえ、人生の晴れがましい一頁を無事過ごされたご様子

にこちらまで胸が熱くなりました。

こころから厚くお祝い申し上げます。

これからの日々が、矢田さんにとってさらにゝ未知の世界へと羽ばたく一歩々々となりますことを遠くからですが、念じております。

人生に答えはない--いま、思いがけずふっとそんな言葉を思い出しました。

ここに記すまでもなく一人ひとりの道行きは当人にしか選択できないものである以上、決断なさった以上は

少しでもよりよい新しい人生の扉を開くべく、足並みそろえて前進していかれますことを期待してやみません。

これまで何気なく見過ごしていた事柄や風景が、いままでと違って煌めいて見える・・・そんなかすかな相違が人生の機微だろうと、偉そうに思ったりします。

新しい一歩を踏み出されたその感激と決意をどうぞ大切に胸にしまってこれから温めていってくださいね。

長々と書きこみして申しわけありません。

来るべき一日が新鮮で、有意義で、それでいて可笑しくて、時に泣けたり、励まされたり、どんなに苦労に

満ちていても希望の灯を灯しながら温かい気持ちを忘れないで愉しんでくださいね。

これが私からの祝辞です。

おめでとうございます(^O^)/

投稿: ササキハレノスケ | 2009年3月 7日 (土) 02:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヨ ガ | トップページ | 伊勢神宮、朔日市参り »