« 久々のイタ飯記録 | トップページ | 花 束 »

2009年2月22日 (日)

南青山の和の隠れ家

12345_26昨日、BUD-Rのスタッフのお代官様からアトリエセールの連絡をもらって出かけた。路面点をのぞき、そのあと、ここはなんていうアトリエだろうか、デザイナーの事務所兼アトリエなのかわからんけど、この隠れ家に初めて伺った。すごかった〜。重厚感のある日本家屋のしつらえ、エントランスには紅梅の木が春の息吹とともにほころび、中庭には竹の木々がざんざん林立し、中庭はよく手入れが行き届いている。中のお屋敷に入ると、これまた素晴らしい昔ながらの日本家屋の設計で、洋服をみたあと、トイレに入る。その設計がたまらん〜。旅館みたいである。もうすぐ裏手は六本木という滑走とは裏腹に、あんな静かな奥地の隠れた場所に、あんなに贅沢な建物が広々と建っていることが奇蹟。しばし、心が潤った。BUD-Rのデザイナーのコンセプト、骨格が衣食住から感じられる場所だった。帰り道、彼女(デザイナー)のもの作りにたいする徹底した頑固までなこだわりに感服するばかり。

7恵比寿で約束の時刻まで時間があまり、お腹がすいた。どこかに入ろうかと迷ったが、家にたくさん玄米をたいたのと冷蔵庫の中の野菜が思い浮かび、家に帰って、チャーハンを久々につくってお腹を満たす。また恵比寿にGO!

|

« 久々のイタ飯記録 | トップページ | 花 束 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々のイタ飯記録 | トップページ | 花 束 »