« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

コントラスト

2009_0428aa02

| | コメント (0)

2009年4月29日 (水)

「つるし雛飾り」作り

Hina世田谷区の主催する様々なリサイクル講座。その中の「つるしひな飾り」作り講座に当選した。やった〜!めっちゃ嬉しい。

以前、知り合い宅で、女の子の赤ちゃんの上に回ってるの観た時も感激した「つるし雛」。おばあちゃんが作ってくれたとか。あまりにもの可愛らしさに、美しさに感動して忘れられなかった。

先日、裂き織り講習に参加したとき、ロビーに飾ってあったため再び感激した。聞けば、世田谷区のリサイクル講座で生徒たちが一年かけて作ったものだと言う。生徒数に限りがあるため抽選だとか。一年間休まず参加できることが条件。家でも補習があり、様々な絹布を集めるのも一苦労という。加えてつるし雛の先生は大変厳しい。しかしこの講座は大変人気で申し込みが多数、倍率も高い。本年度の募集は締め切り間際だし、こないだハガキがいっぱいきていたみたいだし、おそらく難しいでしょう。と裂き織りの先生曰く。駄目もとで往復ハガキを出してみた。あのつるし雛、作りたい、めっちゃ欲しい。宝くじも買わねば当たらない、というわけで送ってみた。期待はしてなかった。ポストに返信ハガキが来ていた、なんと、目を疑った。当選〜。やった〜。ものすごく嬉しい。月に一度、一年間、精魂こめて作ろう。

2009_0428ad日中の日差しとは反対に冷たい空気の昨日、寒くて震え上がった。

| | コメント (0)

2009年4月28日 (火)

さんさん緑

Midori緑に包まれて、街中を自転車で走る。癒される。

| | コメント (0)

2009年4月27日 (月)

黄色い夕焼け

0102ベランダから見える家々が黄色く染まり、視界にやけに入る。急いで夕焼けを観ると、黄色く輝いていた、思わずシャッターを切ったけど、いまいちです。

| | コメント (0)

あさり2009

Asari実家のあさりの漁が最盛で、今いちばん大きい。まるで蛤のよう。
よって近所の友だちにふるまう。
とあさりのみそ汁と、竹の子と油揚げの煮物、さやえんどうの卵とじ、全部旬のもの。季節の移り変わりを堪能できることがいともぜいたくな日本の食卓を思う。

| | コメント (0)

2009年4月26日 (日)

GW初日は雨

090409_150801昨日は、朝からザンザン雨でした。今もこれでもかってくらい降っています。こないだ世田谷リサイクルの講座でロビーにかかっていた、つるし雛。一年かけて生徒さんが作ったものらしい。絹の古布でこしらえた小さいキャラクターたちがリズムをなしてひとつになっている。ほんっと可愛かった。

| | コメント (0)

2009年4月24日 (金)

新緑というよりは緑満開

01家から見える桜がどんどん緑化していきます。すがすがしい空気と風が行き交う。

同じ人間なのに芸能人というだけでほんとかわいそう。ほんと不自由な世界だ。しかしその不自由な世界に身を置く事で地位を保っているというか、それも含めて商品となっているというか。

普通って得難い。ありがたい。普通が一番気楽。

| | コメント (0)

2009年4月23日 (木)

今日の空

2009_0423ae

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水)

ツツジ満開

02近所のツツジが満開。小ぶりで、固まって咲く様が迫力もあり可愛らしい。つい、観てしまう。

久しぶりのざんざん雨の昨日、一晩降って上がった今日の天気は抜けていて、気持ちがよかった。

| | コメント (0)

2009年4月21日 (火)

ある日の朝ごはん。2009

01
友だちとみーちんぐあとの食事。
冷凍庫に保存してあった穴子を煮て、朝ごはんにかけていただいた。買ったまま調理し忘れていた蓮根をきんぴら風に炒めた。にらと竹輪を玉子でとじたりと、冷蔵庫のあまりものでいただいた朝ごはんが美味しかった。

| | コメント (0)

2009年4月20日 (月)

18

| | コメント (0)

2009年4月19日 (日)

酸っぱ〜

0102奄美大島の友達ファミリ−の写真。この女の子の、タンカン?夏みかん?はっさく?食べてるときの顔ときたら・・・。ちょーかわにくたらしい!

| | コメント (0)

2009年4月18日 (土)

好きな色

Kiiro白・黄色・コーラルピンク

蛍光ピンク・黄緑・草色・イエローオーカー

藍色・茶色・エメラルドグリーン・紫

| | コメント (0)

2009年4月17日 (金)

眠れる幸せ

2009_0416aa最近やや規則正しい朝起き生活してるため、夜になると普通に眠くなる。夜にぐっすりと眠れることがなんて幸せなんだろうと、この春から新緑に移行する肌に心地よい気候の季節のなかで思う。今の時期って体感温度が一番心地よく、眠ることが心地いいですよね。

| | コメント (0)

2009年4月16日 (木)

近所の蕎麦屋

090415_194702祐天寺に気になる蕎麦屋が3軒あって、残りの一件に昨日とうとう行った。お店の雰囲気がいかにも蕎麦屋で良かった。出し巻き玉子と、そばがきと、天ぷらの盛り合わせ、芽カブの梅肉和え、最後に蕎麦。様々な種の蕎麦を選べるのがいいとやっちんは気にいってた。私は、より近所の大むらという蕎麦屋のが好み。あいにく水曜日は休み。久しぶりに行きたい。

関東に来て蕎麦を食べるようになったが、基本的にうどんのが好き〜。ただ蕎麦屋のつまみ類やあしらいが東京方面は楽しめてこれまたいい〜。
祐天寺駅前の喜文という手打ちうどんと蕎麦の店。ここのつゆとこしのある手打ちうどんと蕎麦は絶品。つゆも奥行きだあって美味しい。


蕎麦屋のあとに駅前の和民に行ったら、久々の和民、サービスも心地よく、新鮮で良かった。


| | コメント (0)

2009年4月15日 (水)

久々の雨

5昨日は昼過ぎからどよ〜んと曇り。パラパラ雨が降ったり止んだり、ようやく夜になって本降りになった。

これは1週間前の家から中目黒に続く緑道に咲く桜。ポップコーンみたく元気にはじけてる。まあ、今や散ってしまっているが。。。花の命は短し。なんとはなしに雪柳も手前に咲いている構図がいい。
また来年。

| | コメント (0)

2009年4月14日 (火)

晴れ続きの出来事

2009_0413aa昨日までずっと晴れで初夏のような陽気。暑くて半袖着てました。陽がよく出てるので、制作した油絵を連日ベランダに干して出かけていた。一昨日、帰って来たら嫌〜な予感。思いがけず強風になっており、4枚中2枚の絵がなくなっていた。超ショック〜〜。周りを見渡したら、隣の会社の建物、塀と塀の細い隙間に落ちていたのが一枚発見。階段を下りて、隣の会社のその狭い隙間の絵を引き上げるべく飛び降りる。
そして、もう一枚の絵がない。近所をぐるぐる回って、普段行かないようなマンションにも入り、見渡し、あらゆるところをや探しする。風向きからすると、ひとつ向こう側にあるバス倉庫のある広場に飛んでいるやもと、会社のドアを叩いて、事情を説明する。もし見かけたら携帯に電話くださいと番号を記載したメモ用紙を渡す。なんと社員の方々が5〜6人出て来て、一緒に探してくれた。なんちゅうええ人等やろ。
家に帰ってまたベランダからあたりを見渡す。すると、先ほどのバス倉庫の会社から電話がある。「それらしきものが見つかったが自分たちには取れない場所にある」、と。急いで駆けつける。「それらしきものが。。。」と指差してくれた先に目をやると、なんとうちのマンション階下2階のお宅のベランダの植木鉢の隙間にはさまっているではありませんか〜。でもって、バス社員の方よく見つけてくださったという場所、建物と建物の合間、細い隙間からでないとうちのマンションが見えないのに。もうありがたくてありがたく何回もお礼を言って、早速2階のベランダに建物の、自分の背より高い塀によじ登り、手すりから上にあがって、手を伸ばして取った。我ながらすごい体力だった。まだまだやれるや〜ん。
今年に入ってから自宅で始めたヨガで体力がついたのが最近よく分かる。一日中走り回っていても疲れにくくなった。体

と、話は長くなったが、絵が見つかって涙でるほど嬉しかった。いつもの私なら諦めたかもしれないが、完成寸前で思い入れが強かったというのものある。ん〜、製作中の絵だったらどんな絵でも諦められないなやっぱり。

これからは文鎮や重しをのせて出かけなきゃ!って多いに反省。あたしまえや〜んって話やけど。。。

| | コメント (0)

2009年4月13日 (月)

幸せな淋しさ

2009_0412aa

「とても幸せな淋しさを抱いて これから歩けない」

ダンデライオン〜遅咲きのタンポポ〜の歌詞にある一節。

「幸せと淋しさって似てるのよ。」といった、

昔、お世話になった夫妻の言葉を時々思い出していた。

幸せと淋しさは似てる。なんでだろう。

悲しみときれいなもの(美しさ)も似ている。

| | コメント (0)

2009年4月12日 (日)

ダンデライオン〜遅咲きのタンポポ〜

67金曜日の夜、楽しみにしている「僕らの音楽」。音楽の神髄に迫ったこの番組が好きで、食い入るように観ている。
先日のゲストは最近テレビでもラジオでも露出の多い松任谷由実。
松任谷由実が会いたいゲストの指名に黒柳徹子。この人選もいい。二人の会話もきゅんとしてよかった。

原田知世のために書き下ろしたダンデライオン〜遅咲きのタンポポ〜
この曲を原田知世と歌うユーミンの映像が流れる。これがほんとうに良かった。
とことん歌の世界に入っていった。歌詞の随所随所で泣きたくなった。

このような歴史的映像ほど録画することを見逃してしまう。

例えようもない切ない気持ちを自分にしかできない世界観で歌に表現するユーミンは
やっぱり時代を超えて共感されるミュージシャンだ。時代を超えて最先端にいる。

原田知世がこんなにいい役者だったというのも歌ってる姿を見て思う。
いいミュージシャンはいい役者である(演技が上手い)。

明くる日ユーチューブで原田知世の歌う姿を捜すがない。
そしたら、ユーミンと桜井和寿が歌ってる場面があった。
桜井和寿の選曲はとにかくいい。彼が歌うとこんなに苦しそう(ズルい=それが才能)。
そこがまたいい。


この歳になって、ダンデライオンの歌詞が奥に響く。


ダンデライオン〜遅咲きのタンポポ〜

作詞:作曲:歌:松任谷由実

夕焼けに小さくなる くせのある歩き方
ずっと手をふり続けていたい人
風に乗り飛んできた はかない種のような
愛はやがて来る 冬を越えてゆく
きみはダンデライオン 傷ついた日々は 彼に出会うための
そうよ運命が 用意してくれた
大切なレッスン
今 素敵なレディになる

つみとってささげたら ひとに笑われそうな
私にできる全てをうけとって
ふるさとの両親が よこす手紙のような
ぎこちないぬくもりほど 泣きたくなる

きみはダンデライオン 傷ついた日々は 彼に出会うための
本当の孤独を今まで知らないの
とても幸せな寂しさを抱いて
これから歩けない
私はもうあなたなしで

とても幸せな淋しさを抱いて
これから歩けない
私はもうあなたなしで

| | コメント (2)

2009年4月11日 (土)

裂き織りマット

090409_134701先日久しぶり(2年ぶり)に世田谷が開催している古布を細く裂いて織る、裂き織り講習会に参加しました。昔の着物をい裂いて、机の下に敷くマットをつくっています。他の人は、マフラーやランチョンマットなど作っていました。この裂き織り、古い布が有効利用できるし、昔からこのテクスチャーと素材感が好きで作家が作ったかばんを何回か購入したこともありました。2年前初めて体験した時、裂き織り機を購入したのでした。そしてクローゼットの上で眠ってるのでした。今回はこれを家で織れるようになるという目標がありました。果たしてできるようになるのでしょうか〜。もう一度来月にあります。その時に先生に肝心要を指導いただき家で織り職人(素人)になるのだ〜。

| | コメント (0)

2009年4月10日 (金)

新一年生

090406_150822友達からのメール。
『おかげ様で何とか無事卒業し、今日入学できました。
ラストシーンで子供達の涙に思わずもらい泣きしてしまった感動の卒業式でした。
子供達の流す純粋な涙は太陽の輝きにもまさる世界一美しいものだと実感しました。』

私も思わずジ〜ンときた。エジプト人の父と日本人の母に生まれた男の子、赤ちゃんのとき、顔を観にいったのに〜。もう14歳だなんて〜。あれから14年も経ったなんて〜。シャイで繊細なハートのきれいな男の子。ああ、じんとする。

カジムくん、小学校卒業と、中学校入学おめでとう。たくさん日本で感動してね。

| | コメント (0)

2009年4月 9日 (木)

春の好物

010203伊勢湾に春を告げる小女子(小さい女の子と書いてこうなごと読む)漁が3月に入ると解禁で、これが何しろ好物で、このあとに解禁になる貝漁のあさりとばか貝の季節はたらふく毎日たべたくて帰省することもあった。で、短い1ヶ月あまりの漁期間に何度も送ってもらう。小女子は海水で湯がいた釜揚げと、天日干しにしたじゃこと、母が煮付けた釘煮(古釘に似てることから)。いつも好いてくださる友達知己が取り寄せくださる。それでこんなに美味しそうな写真を送ってくださる。こちらはアグレアブルミュゼ 。調理の写真も。ほんと美味しそう。

| | コメント (0)

2009年4月 8日 (水)

お釈迦様の誕生日

08今日はお釈迦様(仏陀)の誕生日。生まれて8歩歩いて「天上天下唯我独尊」と言ったお釈迦様。
天上も天下も我に勝るものなし。かく強く、奥ゆかしくありたい。

昨日は、Ekocaの福ちゃんが一押しの、筑波にある苺農園
苺農園の苺をいただきました。甘くて美味しかった〜。やさしい味がした。1パック400円だって!安い〜。しかもめちゃうま〜。農薬を出来る限り使わず丹念に育てられているそう。筑波の大自然の中で育った苺は、作り手の心も入って幸せだ。そんなやさしい味でした。私も今度取り寄せてみようと思いました。

今年は苺をたくさん食べました。


苺ってきれいだし、 なんといってもあたりがパッと明るくなっていい。

Kame午後から永田町に用事で行き、帰りに千駄ヶ谷のギャラリーエフで開催中の亀沢裕也くんの展覧会 に、本日上京した中村晃大くん と待ち合わせて行きました。溢れるように亀沢くんの作品が手作りのかわいい木のフレームにあしらわれ、会場とあっててとっても良かったです。作家さんは毎日在廊だそうで、洋服もかわいかった。

○ 個展「亀澤裕也の展覧会〜とびっきりの忘れ物〜」

■会期
2009年4/6(月)-4/17(金)
11時-19時まで(月〜金)
(土曜は午後4時30分まで/日曜はお休み)

| | コメント (0)

展望

4これはうちのマンションのベランダから見える桜さん。満開です。ゆるりとはらはらと散っています。毎朝、目が合うので挨拶しています。桜の木さん、いつもありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年4月 7日 (火)

ちりぬるを

123昨日は、目白方面に出かける。目白川?に咲く立派な桜に見とれる。週末からどんどん散っていく花びらの吹雪の中を駆け抜ける。観るのも体感するのも心地いい。

| | コメント (0)

2009年4月 6日 (月)

花見最盛

2009_0327ak土日は桜のお花見で東京は大盛り上がりでしたね〜。これからだんだん散って行く花、葉桜を楽しむ時期に突入〜。そしてこれが終わると新緑の季節でGWに向かう。あーせわしないせわしない。日々が早くすぎる昨今です。つかの間の一息は、やはり自然に触れるー土に触れ、緑の中を歩くことです。

| | コメント (0)

2009年4月 5日 (日)

餃子にはまってます

01また餃子をつくった。ネタ作りは私、ネタ包みと焼き役はやっさん。たね(中身)は、大豆を茹でたものをミンチにしたもの、干し椎茸と人参と玉葱とにんにくのみじん切り、ニラの細切れ、味噌、塩、つなぎに片栗粉、小麦粉、卵。たれは酢醤油にショウガのすりおろし。このショウガのすりおろしがんまい!干し椎茸もうまみがでて旨いと思う〜、って、まだ焼いてない。食べなくちゃならないおかずがあるため、保存用に冷凍しとくことにしました。

| | コメント (0)

2009年4月 4日 (土)

お花見

25314昨日は手巻き寿司をし、午後から近所の駒繋神社を囲む緑道で花見をしました。外で食べるごはんはなんて美味しいんだろう。といいつつも贅沢な時間を感じつつも風が冷たく、夕暮れ前には帰ってきました。しかし、桜が奇麗だった。家の前まで続く蛇崩緑道に今だけ咲く美しい桜にみとれながら、歩く。こういう花見がいちばん贅沢に思う。

| | コメント (0)

2009年4月 3日 (金)

桜前線

2009_0401aa2009_0401ab2009_0401ae2009_0401ag2009_0401al昨日は、目白、江戸川橋、千駄ヶ谷、目黒川と移動しながら桜を目で追いかけた。夜桜もいいけど、日中、陽の下で空の青を背景に淡くほころんで咲いている桜が好き。観ていて心が広がる。昨日は夜、恵比寿で遅くまで飲んで、外に出たら冷たい雨が降っていた。中目黒に下り祐天寺まで、傘を差して歩いて帰って来た。冷たい雨の夜桜もまたいい。


2009_0402ad今朝は午前中用事に出かけて、午後出かける前に昼食を久しぶりにちゃんと作った。海の幸ともに、熊本の友達の山でとれた幸、わさび浸けに唸る。三つ葉も送っていただいてみそ汁に入れる。熊本の大地の恵み、ほんと味が濃い。ありがたいわ〜しあわせぇ。同席のSちゃんもご満悦。

| | コメント (2)

2009年4月 1日 (水)

後悔は未来のためにやる

2009_0327aeこの季節は好きな花の咲く木がたくさんある。小手毬(こでまり)、桜、雪柳、黄色に咲く山吹も好き。

NHKのプロフェッショナルの流儀で茂木さんの台詞。

「明暗の明を観る」 「後悔は未来のためにする」

この世はシンプル、真理はシンプルということを思う。

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »