« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

逆光の美

2009_0530ab帰宅し、夜の制作まで(気分がのってくるまで)、気分転換に吊るし雛のポポと、座布団、ひょうたん作りにいそしむ。


2_2近所の駒繋神社の遊歩道の向かいに並んだ住宅に咲く数々の薔薇。いつも夕暮れ近くに通るため逆光。逆光の薔薇たるや妖艶で美しい。

| | コメント (0)

2009年5月30日 (土)

紫陽花があころぶ

2009_0529an01梅雨入りしたような日々、部屋のベランダから緑がぐんぐん成長してゆく様が目の保養になっています。

| | コメント (0)

2009年5月29日 (金)

裂き織り講座

2009_0528ah昨日は一ヶ月ぶり、朝から夕方までみっちり裂き織り講座の日でした。縦糸の張り方がなにより難しく、これを来月と再来月でなんとか自宅で一人でできるやう、我が身に擦り込んで習得したいと思っとりやす。

一昨日は久々にやっちんが家に来てくれて、食料買い出し財布サポートと、おかずのストック豆餃子を150個包んでくれ、DMの宛名張りを手伝ってくれたりと大助かりでした。
連日くたくたで吊るし雛の猿ポポ、その他の吊るし縁起もの制作が進んどらんのがつらいところでやんす。

| | コメント (0)

2009年5月27日 (水)

03トラワレヲテバナセ

| | コメント (0)

2009年5月26日 (火)

東が丘

01『時間』とはそこに向けられる意識と観念によって如何様にも彩りを変える。流れ方も変わる。今の私にとってもっとも凝縮された時間が流れる週1度の習い事がある。一時間ぽっきり。最近の私には、その場所に行って、全神経を集中し白い紙に向かうその一瞬(たった一時間)が、24時間の7日分くらいに感じられるほどの凝縮度、密度であり、ゾクゾクと生きている実感がする。同じ一時間でも全く感じ方が異なる。時に絵の具を塗ってるときよりゾクゾクする。

東が丘という住所がある。目黒区東か丘。友達夫妻も住んでるけどきれいな住所名だなあって思う。その住宅街のほど中にこんな風情のある住まいを発見。自転車も様になってて思わずパシャリ。

| | コメント (0)

2009年5月25日 (月)

浄化と恵みの雨

2009_0524ab勢いがあって昨日の雷と豪雨は清々しかった。昨日のノルマは猿ポポの頭3つと胴体に綿を入れて、お腹を閉じる。綿が指先まで行くよう、ピンセットで綿を上に上に重ねるよう、決して押し込まず入れていくのだが技がいる。。これでもかってくらい綿が入る。昨日はここまで。2時間なり。1年後のできあがりまで道のりは遠いが楽しみ完成が観たい。

| | コメント (0)

2009年5月24日 (日)

日 課

2009_0523aa外から帰って来て縫い仕事に集中。猿ポポをあと4つ作る。ポポの胴体をチクチク縫う。着物や布団から取った正絹の古布。色がとても奇麗。こうやって並べるとハッカのお菓子みたいでやけに美味しそう。気がついたら3時間熱中。胴体4つと頭1個分の外袋完成。キリがないので終了し続きは明日。明日は綿を入れて閉じる。明後日は胴体と頭をつなげる。目が凝るし、肩も凝る。さぼり気味のヨガでからだをほぐしたいところ。

| | コメント (0)

2009年5月23日 (土)

猿ポポちゃん

2009_0523af昨日は世田谷区のエコプラザで、吊るし雛つくりの日。猿ポポを2時間〜3時間かけて一体作った。これを家であと5体作らなくてはならい。おまけに先月、どうしても行けない用事があって休んだ、その時に座布団とひょうたんをこしらえたらしく、それぞれ6個づつ追い込みで作成せねばならない。吊るし雛は縁起ものばかりを吊るすらしく、猿ポポは災難を取り去る、厄を取り去るなど、魔除けに赤を起用するらしい。噂には聞いていたが難儀でテクニックがいる針仕事だった。帰宅し、早速その日習った針仕事を忘れないよう一体こしらえた。まるまる3時間かかった。ひぇ〜〜。

あっと言う間に夜半。これから制作に机に向かわねば〜。

| | コメント (0)

2009年5月22日 (金)

五月も残りわずか

001もう初夏のような日差しと気温だけど、扇風機もいらない今ぐらいがいちばん心地いい。緑の奇麗なことがこのうえない。あ〜自然に癒される〜。緑に癒される〜。

01先日ふらっと寄ってくれた華ちゃんと急に思い出し、久々に大阪に引っ越した謎のヨギ(ヨガ行者)・峯っちに冷やかし電話してみた。峯っち相変わらず自称アホ炸裂で奇麗だった〜。天然のアホで人を幸せにし、心が大きい峯っちに学ぶ事たくさんでした。

| | コメント (0)

2009年5月21日 (木)

感動の玉子

2009_0520ab一昨日は仕事帰りのおかちゃんが、美味しい玉子をお裾分けにと持ってきてくれた。おかちゃんは今、引っ越しを考えているらしく、もうしばらくたったらこの街から離れる。あ〜淋しい。いうてもたまにしか会わないけどご近所さんだった人がいなくなるのは淋しい。池尻に住むぴろえちゃんも今年の秋には遠のくらしい。二人とも歩いて会いに行ける距離だ。私もいつこの街からいなくなるか常に流れているのだけど。諸行無常。常に川の水は流れて止む事はない。流れる事(周りの景色がかわっていくこと)の淋しさに40年生きていてもまだ慣れない。

昨日は久しぶりに朝から家にいたため、昨日おかちゃんにもらった玉子でさっそく炒めたネギと納豆にかき入れて焼いた。大根おろしを添えてめんつゆかけていただく。玉子の黄身の色がほんっとにやさしい黄色で、すこぶるまろやかな美味玉子だった。こんな美味しい玉子をくれるおかちゃんはいい人だ。やっぱり遠くにいかないで〜。

| | コメント (0)

2009年5月20日 (水)

バラの季節

001002この季節は、方々にバラが見受けられる。そんなバラも終盤。白や薄い色合いのバラはやさしくて惹かれる。

| | コメント (0)

2009年5月19日 (火)

松っちゃん

01衝撃〜〜。
結婚はせん、司会もせん、ドラマなんてでやん、自分は純粋お笑い芸人(コメディアン)を貫くとかつての愛読書遺書の中でも豪語していた松ちゃん。後に、バラエティの番組をもち、司会をし、ドラマにもでるのみて、松っちゃん歳とともに丸くなったなあって思ってたが。。。そして最も吃驚は今回の結婚!同時にお父さんになる。松本人志、丸くなったと言うのが私の第一印象。「諸行無常っていうじゃない変わる事を恥じる事はない〜♪」、ラジオから聞こえる福山雅治の音楽。まっちゃんのお相手はB型!B同士。松ちゃん、家族全員オールB(ほぼ8割強)!!!羨まし〜。

| | コメント (0)

2009年5月18日 (月)

至福のお八つ

Sohutoカフェ・VEROCEを見かけると、ほぼ入店し、お目当てのこれを注文す。以前は1つで足らず2つ食べていた。先日も新宿3丁目の世界堂に画材を仕入れにいったら並びにあったのを発見し、帰りがけに入店。一息つく。束の間の幸せ〜♪

| | コメント (0)

2009年5月17日 (日)

なにもないことが強運

2先週は駒沢大学に住む友達が会社帰りに寄ってくれて、自宅にある久保田の萬寿を彼女にも飲んでもらえることが嬉しかった。そこで彼女がお土産に持ってきてくれたベルギービールの旨い事! やっさんにもあげてや〜ってお土産おいてった。一人で晩酌とかしたことないけどちょっと飲みたくなった。が、紫蘇ジュースを炭酸で割って飲んでるほうが一人の時は旨いね。

仙台に住む恵美ちゃんの旦那が、占い師に、あなた強運な人と結婚したわよねーと言われたらしい。恵美ちゃん曰く「私には良い事もおこらないけど悪いことも起こらないんだよね。それが強運ってことなのかも知れない。そして、かずさん(旦那)と結婚したことも強運ってことになるのか(だろう)」

この言葉深い。

| | コメント (0)

2009年5月16日 (土)

不平不満は宇宙を敵に回す

01誰もしらない遠い土地に嫁いでいった友達(大家族と同居)の「悩みがあったときの指針しにしてる」というバイブル、小林正観さんの「100%幸せな、1%の人々」という本を、車の中で運転するくだんの友達から手渡された。

パッと開いたそこには
『「不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句」を言うと、ツキや宇宙を敵に回すことになる』
という一文が直撃。痛い!!と目をそらす。次の瞬間にはしがみついて読みふける私。親も、兄弟も、組み合わせもなにもかも全部自分が選んできた。

裂けられない、逃げられない、今ある状況は全部自分が決めてきた青写真。未来はプロセスどうりに進んでいる。

| | コメント (0)

2009年5月15日 (金)

彫 刻

01昨日は午前から午後までのノルマを終えて、チャリで中目黒に向かい日比谷線に飛び乗り、東銀座の画廊るたんで開催中の彫刻2人展に行った。女子美で先生してる加藤美紀ちゃんの先輩のぶちさん(長谷川由美)さんの彫刻を観に。良かった〜。空間も色も、モデルも全部良かった。ジャコメッッティのごとく世界観だった。彫刻ってよく分からないけど、とても雰囲気がよく色が素敵だった。醸し出す空気、作品が作り出す空間に惹かれた。ぶちさんのキリストの面影を想起させる彫刻のモデルは息子さんのバンドを観にいって発見した友達(息子さんの)らしい。彫刻やってる人って常に、人物を目で追っかけてるんだろうな。美紀ちゃんも、おでこやら手やらあごやらよく観てるもんな。何より彫刻やってる人の、作家自身のリアルさって魅力的だな。

| | コメント (0)

2009年5月14日 (木)

ぬか床仕込み開始

01昨日は久しぶりに家に一日いた。銀座に知り合いの展示を見に行くことや、どこそこに用事を済ませにいくことや、ノルマはたんまりあるのだけど、からだが疲れていて、前半は家でごろごろして休んだ。ひとつだけ、中目黒の図書館に本を返却しに行った。

夕方、水に塩を入れて沸騰させ、昆布、鷹の爪、昆布、わさびをぬかにたんまり入れて、ぬか床を作った。捨て野菜である浸け始めの野菜はケール。これから毎日。犬を飼うようなぬか床管理生活がはじまる。ぬか浸け、美味しいよね〜。きゅうりに、なす、大根・・。ぬか浸けさえあれば夏の食は乗り越えられる。これからむくむく熟成発酵されていくことでしょう。んまく育ちますように。

*この笑顔、はるちゃんとすみちゃん

| | コメント (0)

2009年5月13日 (水)

うろん屋のバラ

2009_0430am博多のうろん屋の店内の風情ある雰囲気が良かった。入り口付近に飾られたくピンクのバラの大群が美しく、思わず記録した。シマシマの大きな花瓶もいい。

| | コメント (0)

2009年5月12日 (火)

茶子(ちゃこ)ちゃん

2009_0501bh熊本の茶子(ちゃこ)ちゃんは、元気かな?大きくなったかな?みんな元気かな〜?

| | コメント (0)

2009年5月11日 (月)

ひとりぼっちじゃない by 忌野清志郎

「夢かもしれない でもその夢を見ているのは

君ひとりじゃない ひとりぼっちじゃない

違う!  仲間がいるのさ

夢かもしれない かもしれない かもしれない

夢じゃないかもしれない

君は ひとりじゃない

違う! ひとりぼっちじゃない」

忌野清志郎 /イマジンより


深夜のNHKで忌野清志郎さんの追悼特集がやっていた。釘付けになる。微力だけど世界平和のために音楽でなにかしたいと言っていた。チャボ(仲井戸麗市)と歌ってる姿、二人共々ものすごく光っていて引き込まれた。チャボが駆けつけ最後を看取ったというのも泣ける。本人は自分の好きなことをやってるだけなのに、こんなにたくさんの人の心引き付けるなんて。GW中、訃報が知らされるテレビの前で何度ももらい泣きした。

私の中にも忌野清志郎の音楽は染みついている。一時期、発売中止になったアルバムの「カバーズ」を何度もリピートし、聞いていた。聞くほどにジンジンくる、病み付きになって繰り返し聞いていた。
アルバム「カバーズ」の中にあるイマジンはいつ聞いてもこちら側に強く入ってくる。愛、勇気、平和への祈り、いろんなメッセージが込められている。ジョン・レノンのイマジンとはまた違う強さがある。
やさしさとは、何かを信じ、貫くものだというのも忌野清志郎を観て学んだ。

久しぶりにカバーズが聞きたくなりました。

| | コメント (0)

あく餅

0鹿児地方のちまき、「あく餅」。鹿児島の家庭で昔から作られる保存食であるちまきで、昔、戦用に作られたものらしい。もち米を灰汁につけて、筍の皮で包んで灰汁汁で長く茹でた物です。蕨餅の様に柔らかく、きなこをつけて食す。これがめっちゃうまい。 熊本の友達んち義母さんがこしらえてくれた。各家庭によって味が異なるという。友達んち義母さんは、山でも有名なほど料理の味付けが上手く、寄り合いがあるとあっという間にこしらえたものが売り切れるという。いただいた手料理は最高に旨く、食べ過ぎて帰ってきた。このあく餅も止まらなかった。

12赤ちゃんの茶子ちゃんのおててとあんよがかわいくて追っかける。

56顔強〜。

| | コメント (0)

2009年5月10日 (日)

お茶の子

12_234人姉妹の末っ子。お茶を栽培している友達んちの産まれて7ヶ月の茶子ちゃん。4姉妹の中で、一番強い顔をしている。何度みても。。。。ガンとばしてくる。強いわ〜。

| | コメント (0)

2009年5月 9日 (土)

0201昨日までずっと雨だった東京。今日はうって変わって27度まで上がる夏日だった。そういえば雨上がりの昨日の夕方、空に大きな虹が架かった。どれくらいぶりだろう。むっちゃ久しぶりに虹を観た。
沈む寸前の夕日も光が強く、眩しかった。

| | コメント (0)

2009年5月 8日 (金)

福助華ちゃん

090506_1516012GW、寄った三重県で、家の改造をする実家の荷物の出し入れを手伝ってきた。同時に、傾いて来た家の軸を戻す作業もするらしい。移築や傾きを修正する専門の職人が入って、畳をめくって床をはいで、家を正常な位置に戻すらしい。

そこで縁側に一時移動されていた茶箪笥に飾られた福助を発見。後ろ姿がなんとも可愛らしくって。

昨日の夕方華ちゃんに連絡する。浅草で偶然仕入れをしていた華ちゃん、荷物を取りに家に寄ってくれた。ちょうど豆餃子をてんこ盛り作るとこだったし良かった。相変わらずやっちんの餃子の包み方、焼き方が上手くて、何個でも平らげる。タイミングもよく実家からもらって来た、純米大吟醸の日本酒、久保田の萬寿があった。なかなか飲んで、会話が盛り上がった。途中、畳に倒れてお腹かかげて笑い転げた。華ちゃんも、お腹がよじれるほど笑ったらしく、笑い過ぎて泣いていた。^○^。

笑う門には福きたる。

| | コメント (0)

2009年5月 7日 (木)

人ありき

000_2あっという間のGW。旅なんてしたことない、どこにも出かけたくない出不精な自分にしては珍しく、遠出した。級友たちや友達に出会ったが、やっぱり人に一番学ぶと思いました。自分のことを立ち止まって振り返る、いいタイミングだったと思う。どこの土地もすべてに意味があったと思わずにはいられない、呼ばれて、行くべくして行き、出会うべくして出会った人たちでした。ほんとにありがたい。

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

田んぼ

0田植えの時期、カエルの鳴き声の聞こえる時期に帰ってきたのは何年ぶりだろう。水田の美しさにしばし見とれる。珍しく肌寒く後半はこれでもかって降る雨空の下。

| | コメント (0)

2009年5月 5日 (火)

決めてはネタ、そして酢メシ

001_2002003_2長太の寿司。

| | コメント (0)

2009年5月 4日 (月)

姉妹

2009_0501bk

| | コメント (0)

2009年5月 3日 (日)

熊本県人吉 水上村

7

| | コメント (0)

2009年5月 2日 (土)

熊本へ〜自然と人間が先生

000001003004005006007008009010_2012013014015016017018019
020021022
023024025
026_202702812年ぶりに会った友達は、今や女の子4人のお母さん。0歳から75歳まで、出会った人全部先生だった。自然の雄大さもさることながら、きれいな子供たち、家族に感動の熊本。自然と共に生きる人々の知恵が詰まった食の美味しい事。すべてがすばらしか〜。心地よい一人旅でした。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »