« つれずれ | トップページ | 旬のイカ »

2009年6月29日 (月)

この世界の宝、少年の心

1_2久しぶりにトータス松本を聴いてキュンとなる。この美しき透明な心は一体なんなんだ〜。この純粋なまでに純粋な少年の心とはこの世界の宝だ(大袈裟〜)。ほんっときれい〜。
家でも外でもずっと聴きたくなって調子の悪いi podを銀座のマック館まで修理に行く。待ち時間ざっと4時間。ひぇ〜、仰天してその日は諦める。なので、家の中でマッキントッシュのマクオさんでリピートしどおし。

「僕は誰?何処から来た?何がしたくて何処へいきたい?
積み上げた雑誌と 将来の夢
買ったっきり一回しか履いてない靴
ポタポタと落ちる蛇口の水
やけくそのカラオケ 笑えないテレビ
そんな日々をただ僕は泳ぐ

涙を届けて ほんとうのこと
思いを届けて 言えないこと 
言葉にできない 明日を届けて
/トータス松本; 涙をとどけて」

私の中のおっさん心をくすぐる。

---------------------------------------------------------------
銀座で開催されていた陶芸家、伊藤慶二さんの個展を先日鑑賞しに行く。一人の人間の世界、そこから発するエネルギーといい緊張感といい、圧倒される。仏間にいるような錯覚にも陥る。
一番弟子のI先生は国内のコンペ総なめ、今は世界中にパブリックコレクションがあるやうな日本を代表する現代陶芸家でありながら、未だに個展前になると、体重が4キロ減り、睡眠中全ての歯がガクガク抜け落ちる夢を見るくらいの緊張ですごいプレッシャーらしいよ(もう何年も前に伺った話だけど)、と、やっちんに言うと、「そうあって欲しいし、そうあるべきだと思う。」「一流のお笑い芸人は、未だに舞台に立つとき緊張で震えるというやん。人に観てもらうということは、それぐらいのことなんだと思う。」、やっちん返す。
見るサイド、観客というのはゾッとするほど冷めてる。冷静だ。続々とこれから展覧会を控える友等よ、楽しいだろうけどがんばってね、削ってね〜^_^;

*写真はライターのひろよさんにいただいた玉葱みたいなかたち、外国産の新種のフルーツ。

|

« つれずれ | トップページ | 旬のイカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つれずれ | トップページ | 旬のイカ »