« 1984 | トップページ | 信じると磨かれてくる »

2009年6月 2日 (火)

みなちゃんと晴ちゃん

Mina熊本のカッキーんちの四人姉妹の中でとびきりおしゃまでチャーミングな3女のみなちゃん。
Minakawaasobi
Haru「みな」という名前は長女の晴(はる)ちゃん(現在小学校3年生)が当時(4年前の5歳時)つけたらしい。晴(はる)ちゃんのペットはこの2羽の鶏ちゃん。学校から帰宅すると一目散に鶏を追いかけ両手で抱きかかえる。晴(はる)ちゃんには好きな男子がいて、なんだっけな、なんとか君。彼氏と呼んでる。「彼氏?両思いだよ。今頃宿題してると思うよ。」という。彼氏はどんなとこがええの?とたずねると「何も言わなくても、色いろやってくれること。」だって〜。「言わないとできない人は嫌」だって。
彼氏と結婚するかもしれない晴ちゃんは、東京の大学に行ってみたいけど、遠くに行くと母ちゃんが淋しがるからなるだけ近くにいるつもりという。考古学者になりたい晴ちゃんを東京に呼んで国立博物館に一緒に行くのもいいな。「勉強好きな晴ちゃんに鉱物や珍しい恐竜の骨やいっぱい見せてあげたいんや〜。」長女でいっぱい我慢してきた晴ちゃん、中学に入ったら新幹線のチケットを送って、晴ちゃんと一緒に上野の博物館を案内してあげたい。

Kotori晴(はる)ちゃんのペット
Kotoritamago熊本から帰ってくる時にいなくなっていた一匹。どこかに隠れて卵を温め、卵から還ったヒヨッ子を連れて小屋に帰ってきたらしい。晴ちゃんは鶏のみならず野生で生きる生物様々抱けるらしい。やっぱ大自然に育った子はちゃうわ〜。

|

« 1984 | トップページ | 信じると磨かれてくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1984 | トップページ | 信じると磨かれてくる »