« とらやさま | トップページ | この世界の宝、少年の心 »

2009年6月28日 (日)

つれずれ

123色んな事の片付けがままならないままあたふたしていたため、ずっと睡眠不足。こないだ終わった個展は(制作は3ヶ月前くらいからいつも始めるのだけど)比較的穏やかな気持で描いていたためストレスがないと思っていたら、個展の2か月前位から、夜中一時間に1回トイレに起きるという超頻尿で出産後の母親の小刻み睡眠とはこれか〜と思うほど眠辛いわ、おしっこは行きたいやらで終わったら秘尿器科に入って薬で止めてもらおうと思ってたら、個展が始まった途端、朝まで一度も起きずに爆睡で一気に治った。やっぱりずーっと考えているからちょっと緊張してたんかも。。。その他、ぎっくり腰になんたらにと3種類くらい病院に終わった途端行こうと行き先の病院は調べて準備万端にしていたら、秘尿器科は不要になったし、いまのとこ全部やや安定してる。からだと心はつながっていることを痛感。

雑多な日常から逃避したいと、数日前思い立って晴海埠頭から船に乗り、ワンナイトのクルーズに出かけた。久々の一人旅。デッキに出て落ち行く赤い夕日に見とれながら、ベイブリッジをくぐる出航から数十分、海の上の幻想的な世界に癒され放心状態でした。と、同じ時に同上していたカメラマンの方が、デッキの上の三脚からパシャパシャ景色を撮っていて、私に「ちょっと」と指でこっちへ来てくださいと方向を合図する。。ので、私を入れてバックの夕空を撮ってくれるのかしらんと思い、その気になってたら、どうやら私が邪魔だったらしい。ひ〜ん。

と、その方の撮影に付き合いつつ、船上で幻想的な一晩を過ごすという、実は取材仕事なのでした。。。なんか面白かった〜。まるっきしホテルそのもの、海の上での移動式ホテルって感じ。料理はとても充実して美味しかったけど、船の中に、食事が終わってからナイトショーやカジノやら、エステやら、夜食室、展望大浴場などいろんな催し部屋があって、大浴場に入ってからおやすみ前のヨガ講座に出席したのだった。畳の和室に私一人しか当初いなくて、途中から二人参加された。おしりがすこぶる凝ってる事が分かってほぐし方を教わる。とても気持のいい時間だった。早朝もデッキの上でおはよう体操があり、これも何十年ぶり?っていうラジオ体操第一ができて感動〜涙。大海原に抱かれて美味しい料理やらからだをほぐしてきたり、大人になってからのありがたい初体験、ワンナイトクルーズ旅でした。

というわけで、片付けがいっぱい残ってます。石井ゆかりさんの筋トレの年報では今年はすこぶる忙しいらしい(故にからだに気をつけろと出てた。これは当たってる)。仕事というより日常のいろんな整理整頓とかだな。

|

« とらやさま | トップページ | この世界の宝、少年の心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« とらやさま | トップページ | この世界の宝、少年の心 »