« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

台風〜。

2009_0831aa暖房いると思う瞬間があるほど、今日は寒い〜。聴けば10月下旬の気温だとか。台風接近で東京は豪雨。夕方から出かけるがその頃には台風も通過してる予測。こうやって一雨毎に、季節が移行してゆくのでしょうねー。別れと似ている、季節の変わり目はせつないですね。

| | コメント (0)

2009年8月30日 (日)

演技力とエンターティナー性

001関東地方台風接近で夕方から雨が降り出した。夏の高校野球もじっくり観てるとそのように、選挙もドラマがあって投票結果速報観てると目が離せない。思ったより投票率が低かったけど、「日本を変えてほしい そのために初めて選挙にいった」「大物の相次ぐ落選に驚く、みていておもしろい」という国民の声、ほんと観ていておもろ〜い。別に民主党を支持しているわけではない、なんか顔にでてるやんあの人〜、嘘つきの顔、よってあの人がいる党には入れませ〜ん、って人もたくさんいるだろうな〜。というか人が一番で党はもはや関係ないだろうが。
面白いのが選挙運動スピーチの映像。政治家は人を幸せにする仕事、そこには自身をプロデュースでき人を惹き付けられるもの、エンターティナー性と演技力は肝要かも。そこに込められたものが真実でなくてはならないけれど。そして、やっぱり人は顔に出る。
話は変わるが、将来は政治の世界に入り、人の幸せにしたい、そのために色んな人の気持が分かるようになるべく今は俳優業で学んでいるという前K内閣のご子息Kさんの台詞が今回思い起こされた。

| | コメント (0)

2009年8月29日 (土)

ピーコのお話

1今日の暑さたるや〜、日中家に帰ったら部屋の温度37度〜。蝉も最後の力を振り絞って鳴く、うだるような一日でした。

先日、ラジオのゲスト、ピーコが人生相談に回答していた。
Q「蛇が嫌いなんだけどどうしたらいいか?」
ピーコ「あのようなかたちをした生き物をなぜ神様は創られたのでしょう?命の素晴らしさを実感しませんか?そうしたら蛇を違った目で見れるのではないでしょうか」

Q「腹が立って仕方ない、うまくいかない人とのつき合い方を教えてください」(ちょっと内容忘れたがこのようなことだったと思う)
ピーコ「私は片目を除去する手術をした後、いろんなことがきっかけで、あるときから自分の事を一番後回しに考えるようになりました。そうしたら全ての欲がなくなって、人によく見られたいとか、賢く観られたいとかそんな欲もなくなって生きるのが楽になりました。」

ピーコってこういう方だったんだ〜と聴いていました。もっと色んな質問があったのだけど心に残った、この二つ。

明日は総選挙の日。どんな化学変化が起こるのか日本中、いや世界中が注目してるのやもしれませんが、投票率に興味がありますね〜。お盆に実家に帰ったとき、おそらく今まで選挙に行ったこともないと思われる弟でさえ、自民、民主、なんたら、政治と世の中の動きをネットで調べ、明日の選挙の話をしていたらしい。ということは、連鎖反応なので投票率が増える確率大ですよね。どんなんでしょうね。

| | コメント (0)

2009年8月27日 (木)

夏ふたたび

01ここ数日、朝夜がめっきり秋の気候になって肌寒いくらいだった。が、今朝は蝉の鳴き声から出発のめくるめく降り注ぐ日差しの残暑到来日和〜。夏が名残惜しげにその存在を放っている。こないだ今年最後と思われる畑の今度は小玉スイカを割って食べた。これからは新米が楽しみな、また、育って来たぬか床でのお新香が楽しみな季節である〜。

| | コメント (0)

2009年8月25日 (火)

銀座に書道鑑賞

2009_0824ag昨日は今指導を受けている、書の先生の展示に銀座に行ってきました。暦上、今月一杯しか着れない今年最後の浴衣を着て。

字を絵のように描く書道団体、経歴や年齢は一切通用しないという、風林火山の書を作成した柿沼康二も所属する独立書人団体の理事、審査員を今はやっておられて、書と篆刻の両方をつくられる。私も書の他に月に1回は篆刻の指導をうけている。その先生の師匠が小木太法という書道家で、私は、この方の字と篆刻にはだだ広い会場(新国立美術館のような空間)の中でも足が止まるほど好きだ。一度観ると忘れない。絵のような篆刻に書。


そもそも独立書人団に所属する書家たちの書はだいたい好きだ。派閥も規制もない。正真正銘の自由。そして書が芸術であることを感じる。

小木太法さんは私の大好きな中川一政と生前交流があったようで、一緒に仕事したり中川一政の篆刻集や今は手に入らない貴重な本を、弟子である先生は譲り受け、ご自宅の書斎で見せていただいたり、「こんな愛らしい字を描く人はなかなかいないね、失敗してもそれがいいといって治さない」などと中川一政のことや、作品つくりのエピソードを聴けるのも大きな悦びとなっている。先生の師匠、小木太法さんは大の骨董好きで魯山人の作品もいつくか持っているというそれ(本物)を嘘のような値段で入手する際のエピソードも大変興味深いのだ。骨董屋の主人より目利きで、骨董屋が見抜けない本物の直筆(いろんなパターンの)サインを見逃さなかったり。小木太法さんの話を伺ってると、評論家になる必要はないしなってはならない、が、本物を観ぬく目が芸術家には肝要、このことをいたく知る。

私が指導を受けてる書の師匠(先生)は、今年還暦だが、こんなに奇麗な目をした少年みたことないってくらい純粋な透き通った心が目に映し出されていて、毎回先生宅に伺う度に感動して帰ってくるのでした。うちの相方も、あんな少年みたいな人。。。と初めてお会いしたときに同じような印象を受けたようだった。今日の展覧会でも、相変わらずどこにいてもはにかみ人の目を見れない純粋な少年の目をした先生がいました。芸術家は心をいつも奇麗に掃除しているほうがいいし、そうでないと閃きを受けとることができないのでしょうね。

しりめつれつレポート  書道鑑賞三昧の日々。

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

六本木で書道鑑賞

11_203_2
とねさんと。


| | コメント (2)

2009年8月23日 (日)

さんまより鰯

2009_0821ab秋の味覚の到来もすぐそこに。秋刀魚より鰯(いわし)のが旨いと思ってる。七輪で焼いた鰯をショウガ醤油でぱくっといきたいわ〜。

| | コメント (0)

2009年8月22日 (土)

慶びお祝い事に松の木

01まあ、この近所の裏街道のお家の門にまたがる松の木さんの立派な事。このお家は、さぞかし松の木さんに見守られて、さんさんと慶びごとも多いことでしょう。

| | コメント (0)

2009年8月21日 (金)

緑と太陽

01駒沢大学のあたりは緑が豊富に残されていて、ところどころ涼しく、また、木漏れ日が眩しく清々しいです。ビタミン浴びまくり〜。

| | コメント (0)

2009年8月20日 (木)

夏ももうちょい

001i暑くとも、だんだん夏が終わりを告げてる感覚日々実感。やっぱりちょっと淋しい。

| | コメント (0)

2009年8月19日 (水)

何年ぶりのカラオケ

1200343昨日は思い立って急遽、夜の国立に行きました。用事を済ませて、華ちゃんや中野さんらと国立にその昔あったものすごく美味しいフランス料理のお店、伝説のフレンチカンカンが再びオープンされたらしく、軽くワイン飲んだりつまめる食堂みたくなってて、ついつい調子にのって終電見送りわいわいやって、明け方近くまで着物美人らに下駄男(げたお)くんと
4人でカラオケしました。気持よかった〜。沖縄の島唄をたくさん合唱しました。

| | コメント (0)

2009年8月18日 (火)

お盆休みも終わり

090620_004熊本のカッキーの愛娘、四女中、8/13で5歳になった母親の目論みアイドル志願の三女のみなちゃんと四女の茶子ちゃん。茶子ちゃんかわいい〜、相変わらず強面、ますます男の子みたいや〜ん。

1一足早く帰省し、帰京したときはお盆真っ盛り。この3日間はリハビリの接骨院と書道以外は家に引きこもって朝から晩まで吊るし雛をチクチクこしらえていました。吊るし雛100体中、ただいま、40体くらい?完成。暇じゃないとこんなんつくれないね、富士山登山に例えれば、7合目くらいやね、ここで下山するのは悔しいし、折角講座に抽選で当たったからありがたくてっぺんのご来光見るまで登頂すべく、がんばるのみあ〜る♪

| | コメント (0)

2009年8月17日 (月)

スイカメーター2

2009_0816aaどでかスイカは朝昼晩とご飯のあとに食べて4日で平らげて、その次にでかい実家の畑になったスイカ。すでに1/4いただいた。甘い〜。やっぱ今年は異常にスイカ好きやね。

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

私たちが今 生きていられるわけ

01昨日、8月15日は64回目の終戦記念日。連日放映される戦争のこと、核についての論議に目離せず、ところどころ苦しくなった。

戦争を知ってる人たちが年々いなくなってくなかで、生きている間に語らなくてはならないと、ここ数年人生の終盤を迎えようとしている方々が複雑な心中、現実を語りだす。近年戦争に対する想いが強くなっているような気がする。戦争で亡くなって行った人たちと生き残った人たちの思いが頂点に達そうとしてるような気がする。

生きたくても生きられなかった人たち。
兵士230万人、民間人80万人、合計310万人が戦争の犠牲になった。

この人たちのお陰で、今の私がいる。

黙祷。

| | コメント (0)

2009年8月15日 (土)

習 慣

02お盆ですね〜。

田舎に帰ると環境の影響で夜が早く、夜の7時からお風呂に入り、9時には寝床で寝る準備にかかる。10時になるとなんちゅう遅い時間!という感覚になる。自然と朝はやく目が醒める。

東京に帰ってきてもしばらくこの習慣、体内時計が働き、ここ数日夜9時になるとおねむで床に入る。朝の目覚めも早くて快適。しかし一週間もすれば東京時間に体内時計も徐々に戻って行くというのが常。
なかなか都会で早寝早起きはむずいね〜。

| | コメント (0)

2009年8月14日 (金)

スイカメーター

Suikaスイカは毎日食べている。この夏の消費量は人生の中でダントツかも。はまると毎日同じものばっか食べ、ある日突然、一生分のメーターに達したのか全く食べれなくなるるハードB(型)気質故、スイカももしかしたらメーターに達してしまうやも。。ええところでやめとかなと思いつつ、この夏はとりわけスイカが食べたくてしゃーなく、ごはんの前に、後に、必ず食す。

帰省したとき父親の知り合いの船大工からいただいたものすごいでかいスイカ。まな板に載らないので、台所のシンクの中で切った。これ一人で全部平らげる気(食い意地張りまくり)。二日間で、すでに半分平らげた〜。

| | コメント (0)

2009年8月13日 (木)

ロータス(蓮)

Hasu1Hasu2帰京する当日、津市にある納骨堂にご先祖さまのお盆参りに行ってきました。納骨堂のお寺に咲き誇るロータスの数々。お釈迦様が生まれたときも咲き誇っていたという蓮の花。インドっぽい。

| | コメント (0)

2009年8月12日 (水)

ひろい空

1_32_4稲刈り前の空はきれい。夕焼けなんてこの世の色と思えないような色彩。この世の色とは思えないという表現は失礼かも〜。すべてこの世のすんばらしき色彩、美しき宝物です。

11日は静岡で地震が起きたため東名高速が故障し、車で東京に帰る予定だったのを一日ずらすことに。明け方、5時半前後、地震ならいつもすぐ目が醒めるのにこの時は全く気がつかなかった。多少の災害はあったはものの、大事に至らなくてよかった。ここのところずっと地震がなかったため懸念されていたが久しぶりの地震でびっくり。ここまで大きくなくともちょっとずつガス抜きしていただきたいもの。

| | コメント (0)

2009年8月11日 (火)

ひまわり

01_4夏といえばの花。太陽みたいやね〜。

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

おいしい自然

01_302_2030405今日は伊賀上野で自給自足暮らしをしている高田竹弥夫妻のご自宅に遊びに伺いました。あいにく竹弥さんが東京で展覧会のためご不在でしたが、お嫁ちゃんの順子ちゃんに会いに〜。久しぶりやん〜、ってな感じでしたが台風接近中の束の間の天候の中の訪問だったため3時すぎくらいでおいとま。お昼は順子ちゃんちの畑で採れた夏野菜をトッピングしたピザを、庭にある手製の石釜に入れて焼いてもらったのをごちそうになった。生地は順子ちゃんがこしらえてくれてあって、二人でトッピングして石釜を覗きに行って、出来上がりを取り分けて、ちょびっと参加させてもらったせいか一段と美味しく感じられ3回に分けて焼いた石釜ピザを二人で ハイエナのごとく勢いでペロッと平らげました。よっぽどお腹がすいていたのと、あまりにもの美味しさに無我夢中で私ら食らいついていた〜。んまかった〜。合間合間に会話しつつ、お腹いっぱいになってちょいくつろいで裏にある、ギャラリーやまほんで順子ちゃんの後輩の靴作家さんがやってる展覧会を見にいく。手縫いで柔らかくびっくりするほど履き心地もよくかわいい靴やったので欲しくなった。後に注文しようということに、、、うひょひょ〜。

今度は竹弥さんがおいでになるときに遊びにくるさかい〜ぴくよろ〜と挨拶し、三重県といえどもほとんど滋賀県の境にある里山の伊賀上野を後にし、大雨になる前に急いで家まで車を飛ばす。順子ちゃん、美味しい食べ物に、お金では変えない目を見張るばかりの美しい自然とスローな時間、どうもありがとう。

| | コメント (0)

2009年8月 9日 (日)

猿田彦神社参拝と赤福氷

01_21_22_33_2伊勢神宮に参拝の途中、手前にある猿田彦神社にも何年ぶりかに参拝した。猿田彦さんは天照大神のお孫さんを道先案内した神様らしい。ものごとの始まりに参拝するといいらしく、よい方向に導いてくださる神様らしい。縁結びも強力な神様だそうです。人生すべからく縁の結集。いいご縁に恵まれますように〜。
そちらの脇においでになるさるめ神社にも参拝しました。さるめさんも猿田彦さんと共に天照大神のお孫さんを道先案内した神様らしいが、こちらは女性の神様で、ものごとを明るく照らす、また、芸能、芸事の神様として有名らしいです。この日この土地に訪問させていただき参拝させていただいたご縁に感謝してきました。

移動し、伊勢神宮の参拝のあと、おかげ横町にある赤福のお店で夏季限定、赤福氷をいただく。渋い旨味の宇治金時のたれがかかった氷の中から赤福さんが〜。個人的には好みではなく、まあまあ。

| | コメント (0)

2009年8月 8日 (土)

シロノワール

0102紫蘇ジュース仕込みが終わり夕飯をとったあと、名古屋発祥のコメダコーヒー鈴鹿店に。ここのシロノワールという、デニッシュ生地の上にソフトクリームがうんこみたいにどかんと載って、そこにたんまりメープルシロップを垂らし食すデザート、久しぶりに食べたけどやっぱばかうま。

| | コメント (0)

紫蘇ジュース仕込み

12_23
4
6


好物の紫蘇ジュースを一年分こしらえるのに、畑からたんまり赤紫蘇と青紫蘇を引っこ抜いて、クモの巣のあるやつや、虫をのぞいて葉っぱをちぎる。これが午後からやって夕方までかかって、やっとこさプールで洗う。この時が気持良い〜。紫蘇の葉っぱも気持良さそ〜にごしごし泳いでる。

| | コメント (0)

2009年8月 7日 (金)

夏真っ盛り

今日から立秋、残暑お見舞い申し上げます。

朝5時に起きて新幹線に飛び乗りました。大阪に着くとむせるような暑さ。命を燃やし尽くさんとする蝉の鳴き声のでっかいこと。東京より大阪のほうが暑さが厳しいように思いました。夕方まで初々しい学生たちに混じり絵の実技や談話をさせていただき、特急に伸び乗り三重県に帰省する。なんのなんの三重県のがもっと暑い気がした。今日はとびきり暑い!!
しばらくこちらで仕事をしています。
katchin55@nifty.comのメールは見れますが、seasmile@nifty.comは見れませんので、お急ぎの方、恐れ入りますがkatchin55@nifty.comに送り直してくださると助かります。
みなさん良い夏を〜〜。

| | コメント (0)

2009年8月 6日 (木)

つれずれ

Nakagawakunn再び大阪に伺い、そのまま三重県にちょっくら帰省します。

昨日は夕方家に一寸戻って、雑務を片付け、旅の準備しつつ新橋で開催の中川貴雄くんのイベントを見に伺ってきました。明るい画面から元気をもらう。6日まで日テレビルの地下で開催中ですー。

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

夏の一日

0102

| | コメント (0)

2009年8月 4日 (火)

ふわふわの空

01夏はひとつひとつの情景が個人的に想い出に変わりやすい、暑いけどかけがえのない季節だな〜って思います。

| | コメント (0)

2009年8月 3日 (月)

暑いよね〜。

01蒸すよね〜。サルもスベルよね〜。

*サルスベリの木の花。
--------------------------

◆なにか腹にたまるものを食べないで

「正しい食事」と「なにか腹にたまるもの」とはまったく別のもの。
食べることと宇宙の愛はどうしようもなくひとつであり
またそうでなくてはならないのです。
自分がなにを食べているかをもし知らないでいるなら
なにも食べないでいるほうがほんとうはずっとからだにいいようです。


自然レッスン /北山耕平より
-------------------------------------

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

ピース・ベイビーの叡智

01生き方に染み渡るネイティブ・スピリットの北山耕平さんの講演を初めて聴いたときは、正直ピンとこなかった。何やらアメリカのどこそこのローリングサンダーというメディスンマンから多大な影響を受けたと言う話を熱く語られていた。それでそんなにすごいのかとローリングサンダーについて書いた氏の著書本を読んでみた物の私には難しくて読破できなかった。
けれど、この本はスーッとこころのなかに響き沁み込んで行く。癒される。自らをピース・ベイビーと称する北山耕平さんの叡智に触れ、自然に還る。
---------------
◆ベンジャミン・フランクリン氏の健康の法則

足をあたたかく 頭をつめたく、
腸はからっぽに、こころをきれいに。

--------------
◆ 自分の時間とは

あなたがお金をかぜぐのに忙しくて自分でするひまのないことを
あなたにかわってやってくれるひとをやとうために
なぜあなたがわざわざさらに忙しく働いて
さらにお金をもっともっとかせがなければならないのですか?

自然レッスン /北山耕平より
---------------

| | コメント (0)

2009年8月 1日 (土)

恥はかき捨て

Himawari「恥はかき捨て」というけれど、自分の過去の行動や日記やら見ると、顔が真っ赤になるというか、穴があったら入りたいーというものの多い事。むろん、そうじゃないものもあり、へーこんなこと考えてたんだと他人みたいに思えるものもあるが、おおむね、なんちゅうことですか!と突っ込みたくなるやうなものが多い。

人間は自分の言ったことは覚えておらす、他人の言葉ほどよく残るらしい。そのことでくよくよしたりするが、自分がこんなに変わったんだから人もかわるのが自然の摂理。諸行無常。人も自分も常に変わり変化し流れていることを忘れてしまう。

人は変わるということを痛感したのは、先日京都の友達宅に伺った際も、夜、布団を並べて眠る前に交わした会話の中で、こんなこと言う自分になってるとは〜と思うことがあったからだ。その友達も数年前のその子からは見えなかったビジョン、今望んでることを話していた。いろんなことをあきらめてくこと(夢をあきらめるということではなく、いらないこだわりを手放していくこと)は人間がまろやかになって悟りに近ついていき、素晴らしい事だけど、淋しく思う事もある、なんでだろう。「死」のにおいがするからだろう。

今年の芥川賞作家の小説の中に何度も出てくる、「死が遠くないこと」「死が遠くない年齢」。みんな例外なくそこに向かっているのだけど、生と死がリアルになってくる。よって人は変わっていくとも言える。

先日大阪で出会ったインテリアデザイナーの方が「僕は死の準備をしている」と言われた台詞も痛いほどわかる。何を残そうか考えたとき、子供たちに伝えたいことがあると思い、今の仕事(本職とは別に学校で子供に教える仕事)を進んで選んだ。と言われていた。死の準備と残したいことを考える。わかるな〜。

それは大袈裟だけど地球上に生をもってきた生き物すべてのDNAに組み込まれた本能だと思う。

*先日美紀ちゃんが持って来てくれた陽気で明るい花々。黄色とオレンジというのが、夏まっさかり。夕暮れどきでも、元気いっぱい。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »