« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

なりゆきサーカスのイラストレーション

2009_1030ai2009_1030ao2009_1030aj_2原宿にあるペーター佐藤さんのギャラリー、『ペーターズギャラリー』で昨日から開催中の大阪のイラストレーター集団、なりゆきサーカスのオープニングの展示に伺いました。関西在住のイラストレーターが集まって、関西をもっと盛り上げようという意識が伝わってくる、観ている側がわくわくするものでした。イラストレーションを描く事に心から楽しみ、イラストレーションでやれることの可能性を発信してる素晴らしいイラストレーターたちの作品群で見応えは重々。やってる人たちもみんな人が良さそうな人たちで魅力があるのだろうと思う。

イラストレーションっていいな〜、素敵だな〜って思う。お時間のあるかたは是非足を運んでみてください、この方々の作品からエネルギーがもらえると請け合いですよ。


なりゆきサーカスの展示告知より引用
なりゆきサーカスの展覧会 -其の壱-』
2009年10月30日(金)より11月4日(水)までペーターズギャラリーにて
なりゆきサーカスとしてはじめての展覧会を行います。
メンバー6人が共通のカタチに絵を描きました。単純な図形から複雑な図形まで。
たくさんのカタチから受けるインスピレーション、メンバーはそれぞれどんな解釈をして仕上げていくのか。
お互いの作品を意識しながらも自分らしさを探して。そんな作品をぜひご覧下さい。
会場:ペーターズギャラリー 〒150-0001 渋谷区神宮前2-31-18 TEL.03-3475-4947

| | コメント (0)

2009年10月29日 (木)

目黒不動明王ご縁日

2009_1028ac2009_1028ad2009_1028ae毎月28日は不動明王の御縁日。今日はかつてから行きたかった目黒不動の御縁日に伺った。道中出店が出てて賑やか。護摩に願い事を書いて、護摩焚きに参加させていただく。
不動明王は大日如来と同一で、大日如来は天照大神とともに太陽神とされている。お不動さんの前に、神社によくある鏡がここにもあった〜。御真言や般若心経を唱えて一同にお参りすること30分。アフリカの太鼓の音、儀式を観てるようだと、瞑想状態だった相方は感激していた。今までいくつかのお寺で参加させていただいたが、不動明王の御縁日の護摩焚きはお寺によってそれぞれリズムが違うようで、ここは、太鼓とお経のリズムが音楽そのもの。外国、異国情緒の不思議な感覚がした。宗教と音楽はやはり強くつながっている。というか音楽自体が祈りで宗教なんだろうけど。ここのお不動さんの護摩焚きでトランス状態になる気持はよくわかる。近ければ毎月行って、常連の人はほとんど口ずさんでいたあの御真言を私も全部唱えれるようになりたい〜。

かんまん。

| | コメント (0)

2009年10月27日 (火)

大分ふぐ

1Santyan先週大分に行ったとき、画家の三ちゃん(三宮一将くん)に、しぶ〜い、とても好みな郷土料理居酒屋に連れていってもらった。「こつこつ庵」という。この店内には焼酎が壁一面にずらりと、奥の席にはこちらの大将が買い集めた現代アートや絵画がこれまたギャラリーみたく飾られていた。その中に三ちゃんのワインの瓶を木箱に配置したオブジェもあった。そういえばそれ格好よかった、写真とってくるべきだった。

大分の郷土料理、関サバの和え物、鳥南蛮、団子汁、いろいろ食べさせてもらったな〜。何がって、大分弁を聴きながらの飲み食いはそりゃ旨い。

三ちゃんは、当時所沢に住んでいて、画業の合間によく国立で一緒に友達等と合流して飲んだ。何を話したかあまり覚えていないけど、絵の話はもちろん、とにかくよくいろんな話して、三ちゃんのグループ展観にいったり、後輩ひきつれて私の個展に連日きてくれたときもあった。面倒見がよくて情のあるやさしい(絵にもそのやさしさが現れる)画家だった。いや〜当時はロン毛がトレードマークの三ちゃん、いつの間にか短髪で普通になっていた。しかも大分弁のよく気のつく可愛い彼女もいた。懐かしいわ〜三ちゃん!とかひとしきり盛り上がったけど、相変わらず自分を飾らず、気負いなくやさしい穏やかなオーラで、こちらも楽に話せていい大分の思い出になりました。別府には何十年ぶりだった。大分の奥地に今度は行ってみたい。

| | コメント (2)

2009年10月25日 (日)

実りと芸術の秋

2展覧会真っ盛りで、昨日今日で最終日の展覧会にいくつか出かけた。なかなか見応えのある展覧会ばかりで思いがけず代々木のギャラリーで一目惚れして絵を買った。作品展終了の搬出時に作品を受け取る約束をし、それまで方々のギャラリーをはしごする。新国立美術館でやってる美紀ちゃんこと『加藤美紀』さんの損保ジャパン奨励賞受賞の彫刻鑑賞は間に合わず、最終日の月曜日観に行く事にした。蔵前のin-kyoで開催中、『くまがいのぞみ』さんの器展は盛況でたくさんの人でにぎわっていました。色とりどりの作品がやさしく並んでいました。

目黒のクラスカのギャラリーに置いてあるもの、セレクションは格別と思う。堀井和子さんのコラージュもさながら、伝統工芸品の常設に心惹かれて長居した。芸術の秋らしく作品が色とりどり華さかせていい刺激をもらいました。

終わりかけの巨峰を頬張る。2009_1023aa

| | コメント (0)

2009年10月24日 (土)

天孫降臨

2009_1021au2009_1021aw2009_1021ax2009_1021ay2009_1021az2009_1021bb2009_1021bc2009_1021bd2009_1021be2009_1021bf2009_1021bg2009_1021bh2009_1021bi2009_1022aa2009_1022ab2009_1022ac2009_1022ad_32009_1022ae

| | コメント (0)

2009年10月23日 (金)

天安ケ原

12345066789101120日から九州に行ってきた。大分の友達の展覧会鑑賞と宮崎の高千穂へ。画家の友達、三ちゃんこと三宮一将さんの近年の作品は「祈り」がテーマでキリストを描いています。圧巻〜。相変わらず三ちゃん、やさしいオーラを出していた。100歳まで描いても足らないほど、頭の中に描きたいものが次々浮かぶと話していた。神道とキリスト、つながっているのか浄化されてきました。

| | コメント (0)

2009年10月20日 (火)

着物が日常

1そうなったらいいけど、現実的に到底及ばないね〜。けど、最近外出する時は着物にしている。眠っていた着物も出番がきて嬉しい。今日は書道の帰り渋谷の東急で着物フェアーがやっていて、見て回る。着物って常々思うけど、ほんと紙一重だ。一歩間違えると相当勘違い、おかしな人になる。それから、内側からくる品性や身のこなしが大事で、それが一番むずかしい。作法の練習になっていい。それから着物にはまると行き着くところは総合芸時の茶道、そっちに惹かれる。先は長い〜。

家に帰って旅支度する間もなく、買ってきた長襦袢につける襟を縫いつけて、押し入れから着物や帯締めなど小物類を出して真綿の藍染めの結城紬もやっと出番がきたと今月末のお出かけの着物のコーディネイト考えていたら何時間も経っていた。着物はきれい。眺めているだけで目の保養になる。

| | コメント (0)

2009年10月19日 (月)

Yes is love

1なんでなんだろうな〜、どんなことでも反対されると、俄然やりたくなる。盛り上がる。恋愛の場合、反対されると、障害があればあるほどに、科学的にも脳から恋愛なんとか(エキス)が放出されると実証されているらしい。というわけで、心配でやまなかった近くにいる人を応援しようと思う。というか、本当は応援したいのだ。体験を得る事を心から応援。自分で得た体験、それは宝物。

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

旅支度

1みそ汁の具に茄子と紫芋を入れようとスライスした。煮干しと鰹節でだしは最高にうまくとれたのに、汁が紫になり残念〜。ひとつ学べてよかった。そして紫芋の甘い事。目が醒めるようなマゼンダよりの紫。きれいやね〜、生は。

来週、ぷらり一人旅に出るので支度をせねばと思いつつ、旅の支度が苦手〜。いつも当日数時間前でないとできない。のでほったらかしにしてある。

| | コメント (0)

2009年10月14日 (水)

笑みちゃん自邸

1234白石蔵王の新居の笑みちゃん宅。大工のお父さんが建てられた。夏は涼しく、冬は暖かく、昔からの日本の知恵を受け継いでつくられた素晴らしい家でした。

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

誕生日お祝い

01昨日は華ちゃんの誕生日。なのでみんなで集まってサプライズパーティーをしました。デザートプレートにはチョコレートで祝福の言葉が記載されて、お店の方々がイタリア語でハッピーバースディを歌ってくれて、あたりに祝福の華が咲きました。誕生日ってやっぱりいいもんですね。

| | コメント (0)

2009年10月12日 (月)

自分でつけました

1今日は日中やや暑かった、ので半袖。が、夕方冷える。ここ数日夕日が鮮やか。


2笑みちゃんの第2子。古い女神さまがついてるんだって〜、この子。だから「彩乃」と、古風な名前をつけられた。でも、親がつけたのではない、と思う。名前は自分が生まれてくるときにこの名前にしてくれと親に指令して、つけさせるのだと思う。

この無愛想さがニクい〜。

| | コメント (0)

2009年10月11日 (日)

秋のお夜食

011ありあわせの夜食。なんと幻の天然いわしの煮付け。畑でとれたにんにく揚げ。とかなんとか。

| | コメント (0)

2009年10月 9日 (金)

ベスト1にてもろこし

010203先日の長野県蓼科の直売所にて種分けされたじゃがいも。かわいい。

1そこで買った、もろこしがなんとも旨い事。7月に種を撒き、今頃が収穫期らしい。今まで食べたもろこしの中でベスト1と言えるほど。

近頃食べ物の話ばっか。今日もたらふく野菜のおかずをこしらえた。ホクホクのじゃがいもにすりごまマヨネーズ醤油がけ、キャベツとさつまいものみそ汁、大根ときゅうりのぬか漬けに、昨日の残りのイカとキャベツのオリーブ炒めと新米。こんなに食べてるのに、季節の変わり目で近頃ひどくなってきた鼻炎予防策に粘膜を鍛えようと脱砂糖を試みて甘いお八つを抜いているためか、痩せていく。お茶碗にゆうに2杯はごはん食べる日々、されど砂糖のカロリーに比べたら可愛いもの、ごはんや野菜のカロリーはすこぶる低いのだろう。大食漢なため、3度のごはん以外に、お八つも成人男子の一日分カロリー分くらいとってたからかもしらん。

| | コメント (0)

2009年10月 8日 (木)

秋の台風一過

1昨晩、10年に一度の強い台風到来。東京も夜強風で大雨。明くる日、かき回された空が澄んでいた。しかも日中暑い。夕方、やっぱさぶい。

2今日は月に一度の世田谷区のエコプラザでの吊るし雛作り講座の日。残すところあと3回らしい。そのあとは3月までにつくった吊るし雛たちをモビールに吊るす作業とか。また来月の講座の日までせっせとノルマを達成せねば〜。
白石蔵王の笑みちゃんからこんなにたらふく秋の味覚と、私が好物で毎年取り寄せている、というかねだってる手製の味噌をいただいた。野菜はほとんど笑みちゃんのご実家のお母さんがこしらえたもの。この土地の枝豆がバカうま〜。山形に近い土壌故か、だだちゃ豆に似た風味で味が濃ゆ〜い。梨もいくつか転がっていて、こんなにたくさん贅沢な品々、どうもありがとう。早速いただいてる、今日はかつおと煮干しをふんだんに効かせたさつまいものみそ汁と、里芋の煮物、茹でブロッコリーのごま和え、キャベツとイカのオリーブオイル炒め。じゃ〜ん。

| | コメント (0)

2009年10月 7日 (水)

季節の変わり目

2_3東京も毛布が手放せない気温。布団が恋しい。

| | コメント (0)

2009年10月 6日 (火)

長野県 蓼科

1_3678どんどん山奥に入っていく。友達に教えてもらったハーブ専門店ハーバルノートに行く。このお店、素晴らしかった。アレルギー性鼻炎と花粉症に効く季節の変わり目にネイティブアメリカン、先住民たちが好んで摂っていたというハーブ、それを調合したものをゲットする。
毛布が手放せない、ずっと被っていたいほど寒い。一気に、気温が下落。ぶるぶる。

| | コメント (0)

2009年10月 5日 (月)

大麦小麦カフェ

1_22_23_245ビール好きの働く友達のカフェ大麦小麦に行ってきました。粉でつくったケーキ類やパンも充実であのあたりの土地で採れる旬の素材でつくられた美味しいランチプレートをいただく、食用花が好物故、この豪華な花が盛りつけられたのは嬉しかったな〜。山盛り食べたいくらい花が美味しかった。

| | コメント (2)

2009年10月 4日 (日)

中秋の名月

123その翌日は半袖Tシャツで汗ばむくらい暑かった。夕日がやけに眩しくきれい。

| | コメント (0)

2009年10月 3日 (土)

0201道歩いたまま、パソコンみたまま寝れるくらい眠い。

恵比寿のアトレに入ってるカフェで取り扱われているとんでもなく美味しいモンブランを先日ごちそうになる。多分、今まで食べた中で一番好みだった。で、昨日恵比寿通過するときにそこのモンブランこうてきてや〜とやっさんにねだるが、売り切れ〜残念〜。で、キハチの阿蘇の栗をつかったモンブランをかわりにごちそうになった。こっちはこってりしてフランス料理のあとのデザートみたいだった。モンブランって上品なのにどこか間抜けでいい。どこか間抜けな人やものや作品にたびたび惹かれる。

| | コメント (0)

2009年10月 1日 (木)

神無月朔日市

12本日は出雲大社で全国の神様が集まってミーティングの日という噂の神無月の朔日市ですねー。神社にお参りに行かなかったので明日行こうと思います。

眠く重たい眼を無理矢理開けて早起きし、朝一番で新宿の世界堂に注文の品を引き取りに行き、そのあと上野に移動、美術館で開催中の独立書人団の展示を観る。同時にチベットトルコ展が開催中でえらい人!あんなにすごい人混みの中で並んでまで観たいという人々のパワーに脱帽だった。
5634銀座に行くまで時間があったので東京芸大のキャンパスに向かう、途中、公園の中に構成された旗が、緑の中で彩りよく風に揺られて、眺めていて気持がよく歩行しながら立ち止まってはまどろむ。アートサロンでドローイング展を鑑賞し、芸大オリジナルスケッチブック購入。

京橋、銀座、赤坂、渋谷と用事を全部まとめて済ます予定で、素早く行動する。銀座に行く前に近所の根津にも足を伸ばし、大手町、日本橋経由で京橋に向かう。文具の伊藤屋、松屋と用事を済ませ、松屋の地下で来週訪問のお宅へのお土産用の和菓子を見繕うおうと徘徊するが、やっぱりなんだかんだ言って貫禄あるとらやの羊羹を買う。それから、「だだ〜っ」と用事済ませせ赤坂に移動して、そこで著作権と盗作についてとある版元さんの顧問弁護士さんの事務所に、版元の社長さんらとイラストレーターさんらと同伴で伺う。この問題は今年に入ってからずっと伺っていたのだがやっと動き出したようで、慰謝料配布の確認で私もお声がかかった。弁護士さんや関わった人々への支払いでほとんど慰謝料というのは手元に残らないらしいが、権利を守るためにきちんと法的な処置を踏むということらしい。そりゃあそうだ。穏やかで柔らかい版元の社長さん営業さん、イラストレーターらさん、弁護士さんの会話が子守唄のよう、午後の心地よい時間帯、なんども意識が遠のく。が、途中、日本の離婚の慰謝料は世界的に低くて200万なんです。という弁護士さんの解説でぱっと目(意識)が醒める。それも結婚生活10年した場合です。と続く。普段慰謝料とは耳に慣れた言葉であっても、現実的にどれくらい、個々の問題によって、つとに男女間の問題において予算がたてられるものなのか縁がなかったため、興味津々だったのでした。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »