« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

一月も終わる

2010_0131ab
2010_0131ae
最後の二日間は、家で机に向かって捻出し描いたり、本を読んだり、
食べては寝転んだりしていました。

| | コメント (0)

2010年1月30日 (土)

満 月

2010_0129ag
今日は満月です まる

| | コメント (0)

2010年1月29日 (金)

16時50分

2010_0129aa2010_0129ad2010_0129af

| | コメント (0)

家探し

2010_0128an
ご縁があるときはあっという間に決まるのが家。あいにくご縁がなくて、ず〜っと難航しています。今日は杉並にある一軒家(一戸建)。都会の一戸建は両隣が接近していて、おおむね一階は陽が当たらずです。今日の物件はまあまあだったのだけど、道路に近くてひっきりなしに車やバイクの音が聞こえて来て惜しかった〜。静かで集中できる場所は他にもあるから、また出直しま〜す。

| | コメント (0)

2010年1月28日 (木)

よい睡眠

1
深い眠りにつくためには、呼吸を深くすることらしいです。

*画像の複製、コピー、無断使用ご遠慮ください。

| | コメント (0)

清正の井戸

7_4
明治神宮は菖蒲園の奥地にある加藤清正の井戸に友達と。

2010_0127aa_3
昨日の夕暮れ空の表情も素晴らしかった。

| | コメント (0)

2010年1月27日 (水)

止まってるお寿司

2010_0124aa
うとうとしていたら、NHKの「プロフェッショナルの流儀」にアンコール特集のすきやばし次郎出演で目覚める。自宅の中野から新宿まで毎朝40分歩き(ハンチングかぶってた)、商売道具の手を痛めないよう真夏でも手袋をはめているらしい。寿司を握っている時は無言で目でお客の様子を伺らしく、無愛想と言われてもいい、美味しい寿司出てくる方がいいでしょ、と話す。

ごっくん。観てたら無性にお寿司が食べたくなった。回ってなくて止まってるやつ。酢の効いたあのシャリが旨いのよね〜。酢で締められたあの寿司職人の手を観ながら食べるのが好きなのよね〜。

*画像の複製、コピー、無断使用ご遠慮ください。

| | コメント (0)

2010年1月26日 (火)

マクオさんでweb講座

2010_0126ab_2
いろいろいじったコンテンツ。

午後から自宅でwebの指導を受講しました。 HPのコンテンツの作り方、配置の仕方など何年も変更したかったことが、やっと出来る様になりました。
私のHPはドリームウェイバーというソフトなんですが、HP立ち上げ当初は難しくて泣きながら覚えました。今ではデザインやレイアウトをいじったり更新したりと、毎回自力でやっていますが、それも冷や汗もので毎回毎回「ドまぐれ」です。もう2度とできません。とにかく殆どはまぐれでデザインしたり更新していたのですが、トップページのコンテンツだけはどうしてもいじれずに、何年もほったらかしにしてあったのです。しか〜し、やっと今日念願のコンテンツが作成できるようになった。先生の分かりやすいご指導あってのもの、ありがとう〜〜!
一向に私は携帯やらwebやら、ゲームのようなものに慣れません。ちんぷんかんぷんです。
と、戦ってると向上しないので、マクオさん(自宅のマック)みたいに仲良くしようと思います。

| | コメント (0)

ついつい

2
余裕こいて準備していたら、約束時間に遅刻してしまいました。遅刻した事に気付かず、駅に降りて時計観てとっさに冷や汗だ〜っ。夜通しで準備していたこの品物はどうなるのやら〜自分のあほ〜と走った。遅刻だけど許してもらえました。ありがとうございます。あーやっぱ今度から時間にも心にも余裕もって出かけよう。

| | コメント (0)

2010年1月25日 (月)

苺も当たり年

4
去年のフルーツは全般に当たり年だったらしいが、熊本の苺農家のカッキーによると苺も当たり年らしいです。良かったですね〜。食べる方も、嬉しいし美味しくてたまりません。

| | コメント (0)

2010年1月24日 (日)

寒中お見舞い申し上げます。

1_2
1/22日のものです。ここのところ、カラッといい天気で眩しいですね〜。この日は夜に、行く年ぶりの久方の友達と電話で話して懐かしかったです。

| | コメント (0)

2010年1月23日 (土)

早起きは三文の徳

12
今日は久しぶりに早起きしました。ウインズ陶芸研究所の板橋廣美先生の研究会(講義)に伺おうと思い、土曜日はほぼ仕事の打ち合わせで埋まってる友達に声をかけたらたまたま空いていて、また違う友達もOK!というナイスタイミングで、3人で仲良く駅で待ち合わせ。バスに乗って下車すると、友達が路を間違えて真逆に歩いて行こうとし、それに着いて行こうとする友達の動き、滑稽でした。実に3年ぶりの研究会参加。この日だけ集まってくる研究生も多々。
今日は先生のお話の他に、磁器による手びねりの実技もあり、久々に楽しく充実した陶芸日?でした〜。
先生のお話は相変わらず心揺さぶられる内容で一言一句、目が離せません。今活躍されてる陶芸家の作品、とある作家のお人柄と故に生み出される作品のエピソード、展示情報が充実で、ライブで手にとれて、時々はやっぱり伺いたいなあと思いました。
素焼きのままになっている皿が何枚かあるので今度釉薬かけに行こうと思う。やっぱり研究会もちょいちょい伺いたいと思ったし、久しぶりの友達と再会して楽しい1日のスタートでした。友達等と、先生元気そうだったね〜、久々に会えて嬉しかったね〜良かったね〜と盛り上がりながら帰りました。吉祥寺に着くと新宿の高島屋に脚を伸ばし、開催中の伊藤慶二氏の陶芸展示を見に行きばいばいする。私そのあと世界堂に行って用事を済ませ、帰ったら洗濯機の蓋が空いたままで洗濯は回っておらずでやりなおし。ナイスな1日でした〜。

| | コメント (0)

2010年1月22日 (金)

おにゅ〜

2010_0122af
年末カメラに詳しい方にご指導いただき、今までの1年も使っていなかった機種を下取りに出し、新機種にチェンジしました。とても巻きが早く、画像も奇麗で流石と思ってしまいました。ブログに載せている写真の解像度は一番低いため画像が荒れてるんですが。

なんだか、今日の太陽はでかく見えます。

| | コメント (0)

2010年1月21日 (木)

川の流れ絶えずして

123
夕方から久方ぶりの吉祥寺で、ウインズ陶芸研究所の仲間の飲み会がありました。何年ぶりかの再会に昔話と近況報告に華が咲くことしきり、後半は板橋廣美先生のお弟子さんで売れっ子の陶芸作家、松野章弘さんこと松ちゃんの素敵な話で盛り上がりました。皆で嬉しいね嬉しいねと幸せな気分で帰路に着きました。随分月日が経ったものだなと思いを巡らす感慨深い一夜でした。また再会し、わいわい分かち合いたいです。

| | コメント (0)

2010年1月20日 (水)

暖かい大寒

2010_0120aa大寒の今日は記録的な暖かさで、外を歩くと、春が来た?と思ったほどでした。なんと日中は17度を超えて20度近い所もあったようです。

| | コメント (0)

2010年1月19日 (火)

やっぱり空が好き

1
レーシックしてから日中の光が眩しくなり、無意識にサングラスを手放せなくなっていたことにはじめて気付く。

| | コメント (0)

2010年1月18日 (月)

阪神淡路大震災の日

2010_0118aa
昨日、1月17日は阪神淡路大震災の日。当時から15年経った今、体験した人たちの生の声を聞くNHKの深夜ドキュメント特番、「神様のいじわる」のプレを当日まで毎晩観ていた。なんとも引き込まれて考えずにはいられない内容構成でした。
「神様はいじわる」と思うか?の質問に、長い沈黙のあと、「思う」と、辛苦の表情と共に声を振り絞って答える男性、子供のストレートな作文、西で起こった事は、全部つながって今、新たな生の声としてこちらに突き刺さってきました。この日を忘れないことができることのひとつであること。

| | コメント (0)

2010年1月17日 (日)

イメージとミッションとFUNKISUT

Sora1
一昨日の入江冨美子さんのお話の中に、「イメージとミッション」の話がでてきました。「イメージは自分の力だけど、ミッションはあっち(天)の力を借りられる。」自分はある時から、神様が目的とされる事を私にさせてください。と、毎日祈ったと言う。そして神様の目的の道具になったというエピソード。そこに辿り着くまでのプロセスは壮絶で全部意味があった。超自分主義(ぴょん吉の声)は超宇宙思考だけど、表向きの自分思考(ひろし)は我が侭だとも言っていた。
一昨日の舞台に上がっていた3人に共通することは、全員、自分を捨てていること。というか、一旦、自分を捨てれた人たち。あの舞台に立っていなくともたくさんそこまで辿り着いた人はいて、あそこの舞台に立った人は見本になってくれていたのだろうな。

途中、FUNKISUTというバンドが飛び入りで演奏してくれた。この音楽に完全に心を鷲掴みにされました。いや〜こんなすごい人たちがいたなんて、噂では聞いていたが度肝を抜かれた。このバンドのボーカルが南アフリカの母と、日本人の父のハーフで、ものすごい強い思いを感じ、固唾呑みながら、音の世界に、詩の世界に、ボーカルの凄まじい類いまれな表現力と、センスに引き込まれていきました。センスがすごくいい。こんな人たちがいたなんてこんな音楽の世界があったなんてと驚いたし、何より、音楽をやるしかなかったんだその為に生まれてきて、音楽の力ってすごいとど直球で伝わって来たし、これはミッションであっちの力を借りていると分かってしまった。

あのボーカルの人そのものにとても引き込まれ、知りたくなったのでした。すぐ休憩時間に物販にCDを買いに駆けつけたけど既に売り切れ、帰宅し調べて、再来月ライブがあることを知り、チケットをとる。あれはライブじゃないと感じられない。舞台の上で歌うこと、伝えるその表現力をみていて乗移ってるように見えた。

とにかく何年ぶりかにあのような講演に出かけたけど、全部意味が有り、とても感動しました。

| | コメント (0)

ひろし&ぴょん吉

2010_0116ab

昨日は夕方まで映画『1/4の奇跡』の入江監督×てんつくマン×中村文昭さんの講演会を聞きに行きました。

映画『1/4の奇跡』は大阪に住む、主婦の人が、大晦日に雷に打たれるごとく天からメッセージを受け取り生まれた(つくらされた)、ドキュメント映画です。私は2回観に行って、これから観れるチャンスが有れば何回でも観に行きたいほど、観るたびに感じ方が違う不思議な映画で、観るたびにボロボロ泣いてる映画。

スピルバーグが上映したと言われる映像で名高いコロンビア大学で(現在、スパイク・リーが上映申請中)上映後、会場全席異例のスタンディングオーベションで盛り上がったとか。前例のないこと、奇跡が全世界に連載し広がっていってるらしく、その入江監督をライブで観てみたかったのでほんとにラッキーでした。

3人個々の講演と、最後は3人のクロストークで、涙ぼろぼろ。
印象に残ってることは沢山あるけれど、ド根性カエルの「ひろしとぴょん吉」の話が特に印象深かった。
ぴょん吉は核(芯)の自分でひろしは表面の自分。核のぴょん吉は、こうしたいとつぶやくのに、もう一人の自分であるひろしが「そんなんどうせ無理無理、やめとこ〜」って出来ない理由や楽な方向に誘惑する。正直なぴょん吉の声に蓋することや、ぴょん吉がひろしを超えて動き出す衝動の話、自分の声に正直に生きる事の話など。

行ってよかったわ!

自主上映映画、『1/4の奇跡』わざわざ出かける価値あります、ご縁があれば是非。


*写真/おでん風けんちん汁を作っり味見に一人夜食を食す。

| | コメント (0)

2010年1月16日 (土)

2010_0116ab
最近、体内時計がおかしかった。今日は用事があって無理矢理早く起きたが(起きるのがとても難儀したけど)いざ起きてみるやっぱり朝早い方が空気も奇麗で、断然気分がいいということを改めて実感した。朝型の体内時計にチャレンジしてみようと何度も思い、自分に甘く挫折してきたけど、訓練だなあと思う。

| | コメント (0)

2010年1月14日 (木)

吊るされる日まであともうちょい

2010_0114aa
今日は世田谷区のエコプラザ主催、吊るし雛作りの日でした。申し込んでありがたいことに抽選に当たって1年間通った吊るし雛作り、内職、宿題が大変よ〜と噂に聞いていたが本当にやることてんこもり、月に一度の教室までのノルマこなしにとかく時間が裂かれた吊るし雛作りも、来月でとうとう終わり。暮れの紅白観ながらと正月はもちろん、吊るし雛に没頭。手を動かさなければ進まないため、移動中も、旅先でも、待ち合わせ場所でもと、どこでも作ってほぼ完了かと思っていたが、今日行ってみたら吊るすまでの行程がまだまだあった。
来週は12ヶ月かけて作ったモチーフ全部もって朝から吊るす作業。それに備えてチクチク最後の追い込み。
紅白の花飾りが可愛い。

| | コメント (0)

2010年1月13日 (水)

澄み渡る

2010_0113aa
昨日の冷たい雨の冷え込みから一転、起きるとスコーンと抜ける青空に、眩しく照らす太陽。台風一過のように澄み渡った冬空でした。

今日は一日家に籠り、仕事や雑事。ストーブの上でこんがり焼ける餅の匂いに、睦月を感じる。

| | コメント (0)

2010年1月12日 (火)

雨つれずれ

0
今日は雨。空気が冷たく、一段と寒く感じます。日光に当てると水が美味しくなる(ブルーウォーター)というブルーの瓶を台所の窓際にいつも立てかけていますが、今日は曇りなので水は入ったままで使っていません。置いてあるだけでこのブルーが奇麗で眺めています。

1
昨日は成人の日。新宿まで出かける途中、ホームや電車の中で振袖姿の奇麗な成人式に向かう女性を見かけました。振袖って本当に奇麗ですね。贅沢に全面に絵が描かれており、芸術品だから結婚しても切らない方がいいと言われる所以がよく分かります。
いただきものの黒糖羊羹、美味しかった〜。


2
昨日は夕方から可愛いカップルのお客さんがお見えになったので、すたこら仕込みをしました。年末に実家でカレイのおっちゃんに貰ったどでかカレイを冷凍したものを煮ました。このカレイ、子持ちカレイで卵がふんだんなので切ってしまわないように、一匹丸ごと煮ました。鍋からしっぽがはみ出ています。最後には体全部おさまって、いい塩梅に甘辛く煮上り、子供もほんと美味しく味が滲みて喜んで貰えて良かったです。
ほんと可愛らしいゲストさんたちで、終始楽しい夕べのひとときでした。

| | コメント (0)

2010年1月11日 (月)

黄色のチューリップ

2010_0110aa
11月に植えたチューリップの球根の芽が出てきました。色は、黄色だといいな、って思っています。

視力矯正手術(レーシック)をして2年目になる。レーシックのランクにもピンキリで、私がしたのおそらく中上くらいのランク。当時の紹介割引で17万8000円。なんと、今は、同じランクのものが、12万8000円になってるらしい!私がレーシックしたのは平日、なのに満杯だった。そんなにレーシックの手術連日おこなっていたら、世の中近眼の人が底つくのではないか、レーシック業界も今だけしかやってけないのでは?と心配していた2年前、今でも平日はすいてるが休日が満杯らしい。どんだけ世の中、近眼が多いのだろう〜。
眼鏡生活していた事も忘れるくらい、今、生活が楽だ。

好奇心底つかず、やりたい事はいっぱいあるけれど、今度やりたいのは坊主。ずーっとずーっと昔から一度坊主にしたかった。で、出かけるときはカツラをかぶる。一度坊主から髪の毛を伸ばしてみたい願望。でもネイティブアメリカンの本にカツラは良くないと書かれていて迷っています、笑。というか、その程度の願望(夢空想)なんかも?いや、でも一度やってみたい〜。

| | コメント (0)

2010年1月10日 (日)

つれずれ

1234567
昨日は着付けに行った後、六本木の新国立美術館へ。独立書の展示を観に行く。入場5時半にぎりセーフ。どこの美術館でも美術館は駅から遠いのが難。けど、考えたら、土地(空間)が大きいから駅から近くにあるほうが珍しいというものですね。

今回の展示はとても奇麗に見えました。書のいろはも分かっていないから、おそらく今までは考えに考えられた陳列の計算や美しさが見えてなかっただけで、ちょっと目が慣れてきただけなのかもしれないです。気になったいくつかを写真に納めました。この他にも気になるのがたくさんあったけど。まどみちおの唄を書いている作品もあって可愛かったです。

アクリルケースの中に、独立書の創始者、手島右脚さんの一番弟子さんのものすご〜〜く上手な臨書があって、溜息まじりに眺めました。上手というだけでは洗わせれない、神の領域というかそんな曲線と奥深さ。現代書というのも、この基本の臨書の奥深さと美しさの上にこそ成り立つものだというのも間の当たりにするような、とにかくあんな魅力的な字はそうそう書けないことは分かる、そんな臨書でした。ちょうど弘法太子の字を観てるような。。

字を絵のように書く独立書人団の冬の展覧会。書に慣れない人にもお勧めです。芸術として、既存の書を覆す現代書の作品群です。


8
そのあと恵比寿で友達と定食食べました。高校生ちゃんに教えてもらった「なかよし」というお店。ここに一度行ってみたかったのだけど、良かった。心のこもった家庭料理で、恵比寿にしては良心的なコストパフォーマンス。軽く夜ご飯食べて帰りたい時など、度々利用してみたいと思えるお店でした。なかよしで仲良く、夜ご飯。

いろんなことが本格的に始動してません。やることはてんこ盛りなのに、どうも時間の使い方が下手、もしくは切り換えがど下手。さくさく頭を切り替えて、「手を動かす」を今年のモットーにしたいもの。

| | コメント (0)

2010年1月 9日 (土)

表と裏

12
駒繋神社に初詣。こんなに近所なのに、新年のご挨拶が今日になってしまいました。しかも夕暮れ時。

3
田舎に帰っても、こっちに戻ってきても会う人、会う人に痩せたと言われるので、体重計に乗ったら減っていた。これはいかん!(痩せた方がいいのに、既存の体重を維持しようと脳が指令するやう)と、むさぼり食べる。

| | コメント (0)

2010年1月 8日 (金)

海の好物その2 

2009_1228aa2009_1228ab2009_1228af2009_1228ah
かご網漁で採ったこの穴子。うなぎより柔らかくて口の中でとろける旨さ。白焼や煮穴子にわさび付けて食したり、穴子寿司が絶品。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
昨日は実に半年ぶり、いつも教えてもらっている呉服屋さんの着付け教室に伺いました。家で訪問着に袋帯を結んでいたら、結べなくなり急遽駆け込んだのでした。去年は度々外出に着物を着ていたけど、半幅帯や名古屋帯ばかりの常用で、袋帯の結び方が途中から忘れていました。

袋帯はお茶会やちゃんとした場に伺う時の常用で、滅多にしないのでなかなか慣れません。

袋帯の復習でまたすぐ思い出す。やっぱり着ていないと忘れる。
今日は新しいテーマで着付けの練習。着物の中で一番難しい第一礼装の留袖。第一礼装の留袖は、着物を二枚重ねて着ている様に見せるため、予め下にもう一枚着物を重ねて縫ってある比翼(ひよく)仕立てになっており、これを着るのが予想以上に技術を要し、四苦八苦。プロの着付師は自分で着るけど、一連の着物が着れる程度の人は、着付け師に着付けしてもらわないと着れないらしい。これが自分で着れるようになったらお手のもの、どんな着物も楽勝とか。俄然やる気になってみた。
目標は、留袖と振袖と振袖の帯結びを人に着付けれるようになること。ここまで行くには相当着物に慣れなくてはならないので、今年は、去年以上に着物を日頃から着ようと思います。
着物を自分で楽しみ、できるなら人に着せてあげれるようになったらもっと楽しいだろうな〜。張り切きりや〜す。

| | コメント (0)

2010年1月 7日 (木)

海の好物その1  カレイ

2009_0101aa
暮れに、好物のカレイを、カレイのおっちゃんが実家まで届けてくれました。カレイのおっちゃんは父の友達で、カレイやしゃこ海老を専門に採ってる漁師のおっちゃん。もう何年も前から酒を辞めている。煙草は健在だろうか?尋ねるのを忘れた。桜の咲く頃が最も美味しいらしいけど、肉厚でたらふく子持ちで、どえらい美味しゅうございました。なかなか普段口にすることができない贅沢品で、大感謝です。

| | コメント (0)

2010年1月 2日 (土)

謹賀新年 2010

1
明けまして おめでとうございます。
皆様にとって明るく幸多き1年となりますよう。

大晦日から元旦まで寒波到来で、全国的にめちゃさぶかったですねー。鈴鹿の山奥にある良縁で知られる椿神社に車で初詣に行く道中、鳥居を潜ったところから大渋滞でなかなか進みません。しかも吹雪が吹き荒れ、30分〜1時間経過した頃、観念してUターンして戻ってきました。


2
去年の暮れ、やはり、うんこクリームてんこもりのコメダ珈琲のシロノワールを喰い納めました。ご満悦の図。

新年を迎え、気分も清々しくあります。
本年もよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »