« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

すたこらと

0102
ミニ引っ越しをぼちぼち手の空いたときにやっていて、椅子や、テーブルや、小さい収納ケースは随時キャリーで運んでるんですが、一昨日、無印の透明5段ケースを階下に落としてしまいまいた。が〜〜ん!
テープで入り口を全部閉めてあったのだけど、手が滑って、ご覧のとうり。これはだいぶん片付けた後ですが。大豆が散らばってそれを収集したり、瀬戸物の破片を収集してめちゃ時間のロス。今は仕事机と本棚や大きいもの以外はなくて、ごはんも荷物の入った段ボールを机にして食べたり、下を汚さないように余った段ボールの上で食したりして、なかなか楽しいです。

| | コメント (0)

2010年3月30日 (火)

外出の日

12
今日は一日中外出の日になりました。明治神宮に始まり、→恵比寿のEkoca→六本木に打ち合わせ→渋谷→福ちゃんに教えてもらった幡ヶ谷のホームスパン→新宿、帰ってきました〜。午前中に出かけて、帰宅は夜。めちゃくちゃ歩いたので体も熱くなりそうでしたがそれにも増して花冷えを通りこした、真冬のような外気。一昨日よりはいくぶん暖かくても、さぶかったですね〜。

福地さんのディスプレイが春らしく素敵に展示されていました。恵比寿のEkocaさんの「あの人にハガキを贈ろう。」ハガキ展開催中です。

Ekoca
渋谷区恵比寿南1-21-18 圓山ビル2F
2010.3.29(月)~
12~19時

| | コメント (0)

2010年3月27日 (土)

「あの人にハガキを贈ろう。」 ハガキ展

2010_0327aa
3/29日の月曜日からスタートする恵比寿のEkocaさんの
「あの人にハガキを贈ろう。」ハガキ展に参加させていただきます。

旅立ち、出会い、再会、再生。
新しく命が芽吹きだす始まりと終わりの交差する春に、
手紙を書く行為はとてもドラマチックな感じがします。
私も、誰かにあてたいと思います。
色とりどりのハガキをあしらったディスプレイも秀逸です。
お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

-------------------------------------------------------------
Ekoca
渋谷区恵比寿南1-21-18 圓山ビル2F
2010.3.29(月)~
12~19時

| | コメント (0)

2010年3月25日 (木)

冷たい春の雨

2010_0325aa2010_0325ab昨日今日はめちゃさぶかったです。反して、窓から見える桜の開花。昨日は雨が凍って半分みぞれになり、コンクリートにあたるシャリシャリ冷たい音が耳に残っています。桜が風邪ひいてしまいそう。。

ずっと外に出てたので、家に帰ると家の中がまた冷たい。今日も出たり入ったりしつつ、作業していましたが、冬みたいです。

可愛い飴ちゃんもらいました。これがびっくりするくらい美味しくて、あっという間に平らげました。ご馳走さんでした。

| | コメント (0)

2010年3月24日 (水)

大阪に

100323_181001
昨日は大阪に日帰り出張でした。打ち合わせのあとは最近印刷でお世話になったはしもっちゃんに何年ぶりかでつき合ってもらって、いとへんに藤本直也くんの作品展を拝見、夕食もつき合ってもらいました。感謝! 
夜新幹線に乗るが、、新横浜に着くと、渋谷行きの東横線が珍しく人身事故で止まっていて、家に着いたのは夜中前。そこから連載のお仕事の直しで、N社の編集長が我が家に来られて、夜半まで仕事机にて原稿に書き込んで直しをしつつ雑談をしました。偶然にもその編集長様は同郷で、桑名出身の方なのでそんな話や4人のお子さんの子育ての話など。疲れも吹っ飛ぶほど、楽しく充実のある時間でした。
タクシーを捕まえる三宿通りまで見送り、帰ってきて一仕事。まだ終わらず、ノルマが残っています。明日は早朝からこれまたノルマで夜まで予定びっちりです。気を抜くとまたウイルスでももらってしまいそな、いや、倒れてる暇はなく、今月は気を引き締めてあれよあれよと引っ越しの当日まで走る月刊です。

| | コメント (0)

2010年3月22日 (月)

Rimg0259

| | コメント (0)

2010年3月21日 (日)

強風につき

Rimg0253_2
洗濯竿に巻き付けてあった角ハンガーが朝おきたらありません、どこかに飛んでいったよう。近所あたりをぐるぐる回ったが見当たらず。おまけに何の洗濯ものをかけてあったのか覚えていません。こんなん初めてです。なんちゅう強風やねん。
今日は台風一過のような、抜けるような晴天でした。

| | コメント (0)

2010年3月20日 (土)

探しています。

大阪に住む作家の中村晃大くんの愛車が盗難にあったらしいです。とても手の凝った自転車で、一目見たとき素晴らしかったのが記憶にあります。想像を絶するショックだと思いますが、見つかること祈って私もキョロキョロしようと思います。関東圏で売買されるケースもあるらしく、見かけられた人はご一報をおねがいします。

以下転載

20100318183836

2年がかりでコツコツ作り上げた愛車が盗難に遭いました!
どんな些細な情報でも構いませんので、ご連絡頂ければ幸いです!

pist.level.sos★gmail.com
上のアドレスの★を@に換えて送信願います。

日時:2010年3月15日(月)午前11時半に気がつきました。
駐車:3/14日 21:00〜3/15日 11:30
場所:大阪市東淀川区東中島2丁目マンション前

■スペック
フレーム:LEVEL(メタルブルー)
フォーク:LEVEL(ブラック)
ヘッドセット:TANGE(ブラック)
ステム:grunge 50mm(ゴールド)
ハンドル:B-Witch ライザーバー(ブルー)※切ってかなり短くしています。
グリップ:スポンジ(ブラック)
ホイール:フロント/SPIN 26インチ 
     リア/Velocity Deep-V 700C(イエロー)×ハブ
/グランコンペ(ブラック)×スポーク(ブラック)
タイヤ:フロント/26×1.25(ブラック)
    リア/700×23c (ブラック)
クランク:SUGINO 165mm (ブラック)
チェーンリングSUGINO RD MESSANGER 46T (ブラック)
コグ:Surly 17T(シルバー)
チェーン:IZUMI V SUPER TOUGHNESS 1/2×1/8 106L(ゴールド)
サドル:concor (ブラック)
シートポスト:dixna 27.2mm (ブラック)
ペダル:バズーカ フラットペダル(ゴールド)
トゥークリップ:プラ製 (ブラック)
トゥーストラップ:フジトシ ダブルバックル(ブラック)
チェーン引き:Profile 3/8(ゴールド)

写真の状態からハンドルバー、グリップ、ステム、チェーンリング、
クランク、チェーン引きを上記スペックに変更しています。

木に鎖でガッチリとロックしていたのにも関わらず盗られました。
ちなみにマンション内には持ち込み厳禁で見つかり次第多額の罰金を請求されるという
所の為外に仕方なく停めていました。
毎日停めている訳ではなく不定期に停めている場所です。

また、ロックしていた鎖までもが盗られていて、ちぎれた南京錠のみが残されていました。
鎖はカスタムオーダーで120cmの長さでチェックの色もオリジナルで編み込んで
頂いたもので同じ物は全く同じオーダーをしない限りありません。

南京錠の「tough」>>「頑丈」という文字が何とも物悲しい。
たまに、前輪を柵に固定していて、前輪以外を盗難に遭ってキツいなー。
とは思っていたが、僕の場合、車体全部+鎖まで。
何もかも持ってかれた。
関東では頻繁に盗難があることは聞いていたが、
関西圏にまで糞野郎どもがわいてきているみたいだ。


よければ、ご自身でされているブログに貼付けて頂ければ助かります!
どうか善良な皆様ご協力下さい!

中村 晃大

| | コメント (0)

2010年3月18日 (木)

そらそら

2010_0318aa


| | コメント (0)

2010年3月17日 (水)

掃除の時間

2010_0314au

| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

空に羽ばたく学び

2010_0314aq2010_0314ar

田舎に帰省しようとした前日、ノロウィルスのような胃腸風邪に突然かかり吐きまくって倒れていました。高熱万歳!

| | コメント (0)

2010年3月12日 (金)

春はなにかと

2010_0310aa
いそがしい。

| | コメント (0)

2010年3月 9日 (火)

無手の法悦(しあわせ)

2010_0129af
踊りの師匠に口を裂かれ、両手を斬り落とされ、80歳まで生きた大石順教尼さんの「無手の法悦」を読み終えた。一言でこの方自身が生きていた事実が奇跡の、すごい本だった。

弘法大師の命日に亡くなることを夢に見つつ、現実に21日の命日のほぼ同じ時刻に80歳で大往生、息を引き取られたという。

口に筆を加えて絵を描き、文字を描き、日展に入選された書家でもあり、結婚し子供を生んだ後、尼になられた方。

両手を奪った師匠を、恨むどころか「師匠に罪はない、師匠を追い込んだ苦しみが悪いのです、私は師匠を恨みません。どうしたら彼の罪が軽くなるか」と警察官や裁判官に17歳の少女が瀕死の状態で乞い、終身その生き方を貫いた偉業の方。

順教尼さんの教えはたくさんのしかかってくるものばかりだけれど、中でも今の自分に入ってきた教え(言葉)は
「悟ったふり」
「時を待つこと、許すこと、心づけば謝罪すること」
「罪を犯す意地悪な人が悪い人で、やさしい人がいい人ではない。世の中にはいろんな人がいるということをその人たちをモデルにして神仏が教えてくれている。目の前に立った人はすべて自分の先生です。」
「体の障害者であっても、心の障害者になってはならない」
「何事も、逃げようとすればよけいにそれは追いかけてくるもの」


身に積まされる事ばかり。
本の締めくくりには、私のこの手を師匠が斬り落としてくれてなかったら今頃私は、傲慢な踊りの師匠になっていた。私は無い両手で、たくさんの幸せをつかんだと書かれています。

言葉を失うくらい、頭にからだにずしんとくる本でした。五体満足でありながら不平不満だらけ、強欲で感謝を忘れ通しの自分が恥ずかしくなります。このような人が実在していたことが驚きです。その大石順教尼さんの記念館が先月和歌山にできたらしく、機会があれば伺いたいと思いました。この方の説かれた教えをもっと知りたくなりました。


| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

沈丁花

2010_0305ab
たった一輪、二輪なのに、沈丁花のにおいが、部屋一体ぷんぷんします。
四時半、五時でも外が明るく、陽が長くなったよな〜と、沈丁花のにおいに包まれながら、季節の移ろいをしみじみと感じます。

| | コメント (0)

2010年3月 5日 (金)

。。。雨

2010_0304aa
一雨毎に春の足音が忍ばれます。日中、再放送中の冬ソナに見入る。何回見ても号泣、ウルウル。今日は最終回。固唾呑んで画面に張り付く気満々。笑


| | コメント (0)

2010年3月 4日 (木)

ひな祭り2

123

今日はひな祭りなので桜の草木染めの結城紬を着てみました。新宿の伊勢丹に用事行きついでにかんざしも探す。下りのエスカレーターの脇の展示コーナーにすごい勢いで引き寄せられた。特別催事場で小田原にある菜の花の道具展がやってました。ラッキ〜!
気持ちが惹かれるものばかりで、ついつい長居してしまった。小野セツローさんのかんざしにも心奪われる。小泉誠さんの新作、琺瑯のケトルがありうちはやかんがなかった(無水鍋で用を足してる)ため、そのかたち、デザインの可愛らしさにゲットする。やかんがないからというのではなく、やかんはなくてもいいと思って今まで持たなかったし今後もいらないと思っていましたが、そのやかんだから買ったのでした。紅茶やコーヒーポットにもなる用途あるかたちに思えたのです。


夜は駒沢に住む友達のお気に入りのお鮨屋さんに連れていってもらいました。

| | コメント (0)

2010年3月 3日 (水)

ひな祭り

312>4
おっと、今日はひな祭りですね〜。桜餅や道明寺に熱いお茶が飲みたいですね〜。去年の春から12ヶ月まるっと作ってようやく吊るし雛が吊るされました。吊るし雛講座の抽選に当たった人たち全員の吊るし雛。圧巻〜。どこ行くときも裁縫道具とこれ持って、移動中もお茶の時間も惜しんで縫ってこれを作ることに専念した1年、途中で辞めやんくて良かったわ〜涙。中には途中、辞めようとしたという人もいた。去年のような時間は今後しばらくもう作れやんわ〜。あ〜美しや。

昨日は仕事の合間にずーっとユーチューブでBank Bandの音楽を見て聴いてました。シンクロ。偶然にも小林武史のゴシップネタがヤフーニュースに流れてクリックせど、アクセス殺到で見れず。ミーハーです。いや〜、音楽って癒されるし、感動で震えたり、すごいけど、自分に力がないと聴けないなあ。しばらく遠ざかっていたので久々でした。やっぱり手を止めて聴いてしまうので、仕事にならないし、自分に力と余裕がないと音楽は聴けないな〜。

| | コメント (0)

2010年3月 2日 (火)

インドの葉っぱ書簡

2010_0302ab_22010_0302ac_2
昨日、書道のあと先生が、ここにつまようじで何かを書くと黒くなるんだよとインドの葉とつまようじをくれました。珍しい葉っぱで本当かどうかしらないが、昔、インドの皇族の間では書簡のやりとりされていたとか。最初は緑なんだけど、時間とともにどんどん黒くなって、ボールペンで書いたみたいです。

この葉っぱ、かたくて丸っこいかたちで愛らしい。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »