« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

感謝感動!

2010_0630ab_2
そんなにちゃんと見てなかったのに、昨日のWカップみた。
全てが終わった戦士たちの姿に、もらい泣きした。日本選手たちの顔がとんでもなく素晴らしかった。一人一人の中にある様々な思いがこちらにも伝わってくるような映像だった。あの強い目、自分を信じる強さを教えてもらった。アジアに期待と光を与えてくれてありがとう!

| | コメント (0)

2010年6月29日 (火)

すたこら

2010_0628aa2010_0628ae制作にいそしんでいます。やや大きめの絵を描くため床で制作しています。よく汚れるので、何回もこうやって汚れ除けの紙を張り替えてます。この継ぎはぎが作品で描くよりいいなと思ったりする。あっと言う間に散らかりました。わずか1時間後。。。

2010_0628ac2010_0628ab

一方でベランダで絵を干す。カンバスも干す。絵つくりは料理と似ている。段取りが肝心。乾きを計算しながら筆を入れ一方で下ごしらえ、平行して作業して。次の段階に入れるよう、ふんだんに光を浴びて乾きますように〜。

-------------

先日の日曜美術館、アールブリュットの特集のが頭から離れない。心が洗濯されるようだ。
アールブリュット展を開催するパリの美術館のキュレーターがとっても良かった。絵を見るまなざしがやさしさに溢れて見えた。とてもきわどい作品に対して、これが好きかと質問する田島さんの問いに、「私の中の、どの私に質問するかによって答えは異なってきます。」というアンサー、とてもわかると頷いた。
自分の部屋には飾りたいと思わない、だが美術作品として素晴らしいという作品がある。好みと作品の価値は一致しない。

| | コメント (0)

2010年6月28日 (月)

偉大なるアールブリュット

2010_0627aa
昨日の日曜美術館は釘付けになった。これからパリで開催されるアールブリュット展特集。
アウトサイダーアートの指導をされている絵本作家、画家の田島征三さんのコメントもよく、画面に取り憑かれたように描く作家らを追う。時に居眠りしたり、作品が出来上がると興奮してどこかにいってしまう作家もいたり目が離せなかった。

田島さんは、欠落していれば欠落してるほどに強い作品が生まれるとも話されていた。闇があればそれを力に変えれるとういようなことも話されていた気がする。田島さんは、このような能力をもった作家らに嫉妬しないかとのコメンテーターの問いかけに、嫉妬しっぱなしという。あまりにも素晴らしい展示で、パリで開催されることがとても羨ましかった。

今回パリで出展されるアールブリュットの作家が、番組にゲストとして迎えられていた。空間を睨みつけるような異様な視線と表情、間、リアルで作家そのものが作品と言える力強さに心が奪われてしまった。

「なんでこのような絵を描くのか?」という(愚問とも思える、けれど私のなかにもその疑問は正直にあった)その問いかけに、終始「わからない」というアンサーは、素晴らしいと思った。理由づけしたら嘘になる。



緑があるって素晴らしい。日々成長していってるのがまた嬉しくなる。癒される〜。
朝昼夜と、しょっちゅうベランダに行っては緑を眺めて空気を入れ替えています。

| | コメント (0)

2010年6月27日 (日)

夏みかんとムッキーちゃん

Mitumituremonnimg600x4471277525289k
郷里から毎回送ってもらう食の荷物の中に、夏みかんが豊富に入っています。
多分もう、段ボール1箱分は送ってもらってる。


Muki_2
そこでこのムッキーちゃんという、力がいる夏みかんの皮むきに一役どころが大役かってくれる利器をおかんに教えてもろて、箱に入れてもらいました。わずか数秒で全部皮がむけました。すんばらしい!あっと言う間にひとつ平らげました。

| | コメント (0)

2010年6月26日 (土)

下北沢道中

2010_0626aa_2
息抜きに、中目黒図書館に本を返却と新しくリクエスト本を取りに行き、下北沢まで散歩に足を伸ばす。kate coffeeにてサンドイッチをつまんで本を読む。フリーペーパーにいとへんの角谷くんの文章があり、意識の高い活動姿勢に感心して拝読する。


2010_0626ab_22010_0626ac_32010_0626ad_52010_0626ae_3
下北沢から三軒茶屋を結ぶ茶沢通りの花屋にて、青じそと、イタリアンパセリと、なんだっけかな中国のレタスの苗をゲット。ベランダ農業目指すべきモデルを近所で発見。家の前に畑のごとく植物を耕している民家あり。ゴーヤにモロヘイヤ、茄子にきゅうりにかぼちゃ?ほとんど全部植わっていた。この茂った図。
これを目指すのら〜〜。

帰り道、雨を浴びて壮快。

| | コメント (0)

花*々


2010_0625ac
実家から荷物を送ってもらうついでに、お墓と家の仏壇用の仏花用に母が畑で育てている花もまた入れてもらいました。
花、好きなんですよね〜。家のなかに花があると一層明るくなります。今日は風がよく入ってきて、花も一層気持ちよく綺麗にみえました。


2010_0625aa
ベランダ農業の準備の一環で、草木を整頓すべく植え替えをやっている。ウーツェさんが注文した品物を近所だからとわざわざ届けてくださった。にゃんと!お土産にブルーベリーのミニ苗をいただきました。うれぴぃ〜〜♪ブルーベリーめちゃくちゃ好物なんですもん。大きく育ててたくさん実をならせたい気まんまんなり。


| | コメント (0)

2010年6月25日 (金)

梅干し作り二日目

2010_0625aa_22010_0625ab_22010_0625ac_2

一晩水に浸し灰抜きしました。こうすることで塩を含みやすくなるとか。。水を捨て、カビないように水気を拭いて塩を振って重しをします。今回は2キロの梅。塩は400グラム。どれくらいで水が浮き上がってくるのか楽しみです。

| | コメント (0)

紫陽花(あじさい)


2010_0624ac_3
今最も輝いている紫陽花、きれいやね〜。

| | コメント (0)

2010年6月24日 (木)

梅干し作り

2010_0624aa_42010_0624ab_4
和歌山の南高梅といういい梅を取り寄せて、初めて梅干し作りにチャレンジ。先週はこれで梅酒もつくってみた。午後からお茶に友達が来てくれていたので、その友達のお母さんに電話してコツを教えてもらいました。
今日は梅を洗って、おへそをとり、水に一晩浸すとこまで。


| | コメント (0)

日々勉強 日々進化

3_2

制作していると、昔の絵が気になり
この絵って良かったなー、また描きたいなあと眺めるが、
どう思い起こせど、どうやって描いていたのかがさっぱりわからない

こういう事が度々あるので考えてみたが、、

日々、自分(人間)は変化していて、考え方も変わる、
一昔前の考え方、価値観にはもう戻れないのと
同じなんだ

昔のものが良く見える時があるけど、
必ず今のが進化している、そういうことだ

| | コメント (0)

2010年6月23日 (水)

ぼっけ〜

2010_0623ac日が長くなった。


2010_0623ad2010_0623ab2010_0623ac_3
1分毎に空の色がかわる。昨日は帰宅し、ガソリン切れで床にくたばる。今日になっても気力が湧かず、な〜んもせんとぼさーっと今までしていました。そんな日もあるわさな。

| | コメント (0)

2010年6月21日 (月)

ミニトマト

O0800065910588689994
ベランダ農業の手始めに、ミニトマトの苗を買ってみました。

| | コメント (0)

2010年6月20日 (日)

ベランダの

2010_0619ab
工事の人たちが塗ったペンキがまだらで、この黄色、かわいいんですけど。

| | コメント (0)

2010年6月19日 (土)

空きろく

Rimg0028_2

| | コメント (0)

2010年6月18日 (金)

スピーディに

2010_0616aa
日々が過ぎて行く。
大学の授業は実技と自分の体験話。

| | コメント (0)

2010年6月16日 (水)

あっつ〜

Rimg0015
心も燃えてます。なんつってー。


| | コメント (0)

2010年6月14日 (月)

闇を光に

Rimg0007
久しぶりに中村一義を聴く。聴きすぎると苦しくなるが、忘れた頃に聴きたくなる。
中村一義の音楽は、闇から光を見いだす芸術の力を表した良い例だと思う。


友達に誘われて、夕方から銀座松屋にADの水谷孝次展を見に行く。
水谷孝次と言えば、華々しすぎるくらい活躍した広告業界のアートディレクター。今日誘ってくれた友達は大学の同期で就活の時水谷さんに会いに行き、十数年経った今北京オリンピックでの開会式で世界じゅうの子供たちの笑顔を咲かせた傘の情報を新聞で知り、再び水谷さんに会いに行ったのです。彼女の情熱も素敵です。

今年の1月に放映された水谷孝次出演の情熱大陸のユーチュブを毎日見ている。本能の赴くままに、直感に従い子供のような純粋な目で世界と向き合っている姿がそこにある。こちらが熱くなるような素晴らしい内容。なんて素敵な人なんだろう!

世界に笑顔を咲かせる、世界をデザインするその理念と慈悲。世界じゅうの子供達の笑顔を納めに走り回る日々。生きている実感が直に伝わってくる。
行き着くところはこういうことをやりたかったというのが画面から溢れてる。

広告業界で手に入れた彼の輝かしい名誉は、このプロジェクトをやるために神様から与えられた道具のように思えた。


机に座ってちまちまデザインしている時代は終わった、世界を地球をデザインする。思いをカタチにする奇跡のデザインを。

アートディレクター 水谷孝次 59才、独身。格好よすぎる。


http://mizutanistudio.com/

http://www.woopie.jp/video/watch/1db2d851bbcf33cb?kw=水谷孝次&page=1

| | コメント (0)

2010年6月12日 (土)

2010_0612ab
髪の毛をおかっぱに切って一ヶ月。まだうっとうしいので今月中にでも切りに行こうと思う。
制作の合間に、うっとうしい前髪を切った。前髪がほとんどなくなった。つうか、前髪がな〜〜い。おかげで、絵が明るく見える!

2010_0612aa
今日は暑かったですねー。海に入りたくなりました。


| | コメント (0)

2010年6月10日 (木)

さる花

O0800106710575906213
先日載せた猿はコンランショップで一目惚れして連れてきたもの。こんなんも好きやんたんや〜って友達にびっくりされたが、昔の私だったらこんなん家に置かない。でも最近はぬいぐるみしてないやつなら仕事部屋にだったらちょっと置いてみてもいい。こいつ、むっさかわいい♪ついつい。。


写真/実家からの荷物に花も入れてもらいました。

| | コメント (0)

2010年6月 8日 (火)

さるみ

Rimg0053
よっ。

2010_0607aa
おっと。

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

永遠に変わらないもの

O0800058110575930812
昨日は横浜の関内、駅前の横浜市民ギャラリーにて開催中「時のかたち展」最終日に行く。
画家の三宮一将くんこと三ちゃんが毎年出展している展示らしく、初めて伺った。出品作家は全員プロの画家。エネルギーがある。キリスト、祈りを描く三ちゃんの作品は相変わらず深く、重厚で見入りました。額装もすごくよかった。

| | コメント (0)

2010年6月 6日 (日)

新玉さん

Sintamanegi
いろんなかたちでかわいい〜。

| | コメント (0)

2010年6月 5日 (土)

久々の大倉山

2010_0605ah
昨日は、以前住んでいた横浜の町、港北区の大倉山に、打ち合わせに行きました。
実に4年ぶり。

| | コメント (0)

2010年6月 4日 (金)

初夏の風

友達に会いに上野に行き、ランチをして別れた後、丸ビル、新宿と一日出掛ける。上野の駅ビルがあんなに綺麗に変わっていたなんて知らなかった。

久しぶりに単衣の着物を着た。真夏の着物もいい。一枚の布からしつらえた我が国の民族衣装は素晴らしく考えられていて、とても涼しい。夏日に下駄の音も一層心地いい。

真心ブラザースに聞き入る。音とYO-KINGの歌のへたさがとてもいい。

| | コメント (0)

2010年6月 3日 (木)

価値観のボードを塗り替える

自分の中の間違いを見つめる。

気がのらないことは、やらない。

| | コメント (0)

2010年6月 1日 (火)

美しい暮らしとは

100531_162402100531_162501
「それは、ひとりであったり、家族であったり、大勢であっても、ささやかな愛情と、手のぬくもりによって、おにぎりのように、まあるくこしらえた 暮らしを大切にしようとする人の心、ちからとなる働きです。決して日向に現れるものではなく、目に見えるかたちでもありません。言葉やかたちで言い表せない、触れただけで自然と涙が流れるようなまばゆいものです」暮らしのヒント集 まえがきより。

暮らしの手帳 編集長の松浦弥太郎さんの豊かな表現力に洗われる。
特に、「人の心、ちからとなる働き まばゆいもの」というところが琴線に触れた。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »