« プレ壮行会 | トップページ | 神無月 朔日 »

2010年9月30日 (木)

Rimg0006

今日はずーと雨でした。昨日は秋雨の合間を縫って一日晴天。横浜在住時お世話になっていた、書道の先生宅に伺った。相鉄線の希望ヶ丘という駅。

先生は私と同郷で、母校の先輩でもあった。郷里にいた小学校の頃習っていた かな専門の書道家の先生のご親友でご紹介いただき、横浜時代お世話になっていたのでした。この横浜の先生の人柄が大好きでした。男っぽくてさばさばしていて、可愛いらしく、お茶目で、小柄な先生でした。小柄な体で力の強い大きい作品を書かれます。

横浜の先生は、柳田泰山という楷書の書道家の一派で、楷書を専門の書家。先日、開かれた泰山書道展の図録を拝見し、なんと須藤元気くんが書道をやってることは知っていたが、先生と同じ流派、泰山書をされていることを知った。先生が、この方はいろんなことに才能があるよね〜と仰られたので、書道はどうですか〜と聞くと、「ある!線に勢いがある」と話されていました。でか筆で書かれた二文字の作品が掲載されていた。

先生、78才。すこぶる感性が若く、年の差を感じさせない。ピアスをしてみたかったと、数年前開けた耳にガラスのピアスをされていた。洋服もお洒落。絵も描かれていて、山盛りの絵を見せていただいた。書に絵に生活を楽しんでおられて学ぶ事多しでした。肌もつやつやで奇麗で、なにもしていないという。すべからく、何もしていないという人ほど肌が奇麗だ。

昨日は、ほんとうに素晴らしい天気で、横浜の空は明るかった。この明るい空に惹かれて、横浜に引っ越しした当時の気持ちを思い出した、


のでありました。

|

« プレ壮行会 | トップページ | 神無月 朔日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プレ壮行会 | トップページ | 神無月 朔日 »