« バスキアさま | トップページ | ガネーシャごっこ »

2010年9月 4日 (土)

品性と知性、ものを引いてみる力

Rimg0042_4
一流のアートディレクターになるためには、
「品性」「知性」「ものを引いてみる力」の3つが必要不可欠
(水谷事務所より引用)

著書本「デザインが奇跡を起こす」に書かれていることが端的に描かれている、
このページ
最近、社会にアクションを投げかける、いわば黒子であるアートディレクターの仕事が気になる。
そしてアートディレクターに深く敬意を払う。
実際にお会いしたADの水谷孝次さんは、垣根が低く、笑顔で人を受け入れるとても大きな方だったが、
随所随所から品性と知性が溢れていた。
芸術を愛し、デザインを愛し、世界を愛する。。何より全身から「愛」が溢れていた。
奇麗だった。自分が恥ずかしかった。

*写真、こちらも水谷事務所にあったアート。友達である田中靖夫さんの落書きらしい。

|

« バスキアさま | トップページ | ガネーシャごっこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バスキアさま | トップページ | ガネーシャごっこ »