« 満開さくら | トップページ | 選挙の日  »

2011年4月 9日 (土)

歌の力 

Rimg0003_2
昨日の20時から斉藤和義の『空に星が綺麗』ユーストリーム、最高でしたね〜。原発の替え歌で話題の「ずっとウソだった」を最後に唄ったときは、視聴者が3万2千人を超えていました。信念にしびれました。
こんなに素晴らしいライブをただで見れるなんてありがたい、画面の左下に募集していた箭内道彦さんのTHE HUMAN BEATSに義援金をさっそく振込ませていただきました。
忌野清志郎ファミリーの遺志を感じる。毎週金曜日配信予定だそうです。

清志郎のアルバム「カバーズ」の数々に唄われた原発問題の歌詞、日本が戦争をしたがっている、そのために核=原子力を保有しようとしている事、リアルすぎる内容の歌詞を改めて聞いてみた。カバーズに込められた真のロッカーの魂に触れる。清志郎は亡くなってもメッセージはずっと残っている。やっぱり音楽はすごい。
忌野清志郎・RCサクセション 「サマータイムブルース」
----------------------
今回の人災を受けて、自分なりにいろいろ5日間ほどかかって調べ てみました。 原発利権恐ろしすぎます。 自民党時代からの根の深い、問題です。 日本の経済成長の陰に隠れた時限爆弾だったのです。 被爆労働者などというのが許されていい存在なのでしょうか? 国民の一人ひとりが健康で文化的な生活を保障されているのではな いのでしょうか? これでも日本は近代国家なのでしょうか? こんな日本の社会構造を差し置いて科学技術大国と誇れるのでしょ うか? 学校で生徒に教えられている、非核三原則など嘘っぱちです 核兵器はなくても、事故を起こす可能性のある原子力発電所がある なら同じ事です 外交上の立場なんてどうでもいいから、その土地に住んでいる人の 健康を第一に考える政治を望みます 
williamginsberg 1週間前 32
ユーチューブ投稿より引用

----------------------
〈放射性物質、北半球全体に拡散…国際機関発表〉

【ウィーン=末続哲也】核実験全面禁止条約機構(CTBTO)準備委員会(本部ウィーン)は7日、福島第一原発から放出された放射性物質が太平洋上などを移動しながら拡散し、3月25日頃までに北半球全体に広がったと発表した。日本以外で検出された量は極めて微量で、人体や環境への影響はないという。

同原発からの放射性物質は、3月12日に群馬県高崎市で観測された後、14日にロシア東部、16日に米西海岸に到達した。その後、大西洋を越えて、23日頃にはアイスランドでも検出された。
同委員会では、高崎市など世界63か所で観測施設を運営している。

最終更新:4月8日(金)11時27分
斉藤和義のユーストリーム中に発見、ヤフーニュースより。

|

« 満開さくら | トップページ | 選挙の日  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 満開さくら | トップページ | 選挙の日  »