« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

海守_浜口惣七さん

Img_5208


Img_5204Img_5207Img_5209Img_5213

Img_4953Img_5242Img_5217Img_5198

三重県の伊勢市に、浜口惣七さんという92歳の元漁師の
おじいちゃんがいらっしゃる。

海の博物館 から刊行の
書物にもよく載っていたから存じ上げてはいたが、
実際、電話でお話させてもらったときから、
生き仏のような印象の方でした。


なんと!
東京の三越で、デザイナーを3年やっていた経験もおありの方だ。
(戦争から帰国されたあと)

昔から、絵を描くのが好きで、デザインが好きだったそうだ。

そのあと三重県の伊勢市に帰り、24歳で漁師になり、
およそ50年もの間、海と向き合ってきたという。

『先祖からもらった海を、自分たちは、こんなに汚してしまった。
申し訳がたたない』と、
海を奇麗にしたい一心で、浜辺に打ち上げられた海藻で
しおりをつくり、裏に、詩をかき、学校や、組合、
環境活動団体に贈るなど、海を奇麗にする活動をされてきた。

今も尚。

合成洗剤や高度成長期の海の汚染で
一気にヘドロが溜まった伊勢湾の海を奇麗にする運動で、漁師の間では
一時期は、救世主ともいわれていたらしい。

新著の『いのちをつなぐ海のものがたり』が地方新聞に掲載されたのを
みてくださり、本にこのしおりを付けてくださいと、
何百枚か私に贈ってくださいました。

Img_4953

海を美しくしたいという願い、その美しい浜口さんの心が伝わって来て
泣けてきそうだった。

是非、お目にかかりたいと、GW、会いにいってきました。

お孫さんが、おじいちゃんをのせて、駅まで、
愛車で迎えにきてくださりました。
このお孫さんの、おじいちゃんを見つめる眼差しのやさしいこと。。。
Img_5203


じんとしました。

ご自宅で、長年、海の汚染について調べたデーターの山、
各学校で授業をしたときの小学生や中学生からの作文集など
たくさん、勉強させてもらってきました。

耳がものすごくいいんですよ。
頭もすこぶるはっきりしていて、
デザインとか、デザイナーとか、横文字が普通にでてきて
92歳とは思えない若々しい感性。

最後に記念撮影していただいたとき、
一緒に並んだ私の事を、「彼女(わしの)。笑」って
かわいいじょーだんもいっていた!
Img_5250_2

このおじーちゃんの心が、海そのものだった。

会えて幸せでした。

| | コメント (0)

2012年4月29日 (日)

さらなる海へ〜

Img_5130
三重県の鳥羽には、建築家、内藤廣氏の代表作品、
海の博物館 があるんです。

建築学会賞をとった、海をイメージしてつくられた有名な建築。
建築家を目指す人々にもっとも知られているという。。

やはり、私も、建築家の友達に以前教えてもらい伺って、今回二度目。


Img_5133Img_5141Img_5118Img_5120

ここをちゃんと回ろうと思うと、数時間かかる。
大きな建物が、大自然のなかで5棟も立っているのだ。

森林セラビーにもなり、精神的な療養にもいい、
海に囲まれた高台にある、山のなかにある素晴らしい環境だ。

Img_5166Img_5162Img_5159Img_5150

海女小屋の棟には、船玉さんがいっぱい!
次回じっくり観にいかなあかん〜。

海の博物館の館長は、テレビ業界においでだったとかで顔が半端なく広い。
内藤廣さんは昔からのお知り合いで頼んだらしい。
長身で、白髪頭は学者のようで、ダンディという言葉がぴったりの男性で
カリスマもオーラーも半端なかった。

Img_5147Img_5148

帰り道見上げると、伊勢湾口の名物、カツオの鯉のぼりが
気持ち良さそうに、空を泳いでいた。

| | コメント (0)

2012年4月28日 (土)

カメラ教室に

Sh3f04230001
26日の木曜日は、ずっこと、ずっこの職場に以前いらした吉村さんと
飲み会。大井町の由良(ゆら)というしぶくて魚料理がうまく、
ばつぐんのコスパが高いお店。楽しかった〜。お二人、ありがとう〜!


27日の金曜日は、銀座のキャノンEOS学園にてカメラ教室に参加する。
近頃、趣味でいいカメラをみなさん持ってる。
使い方を学べる講座がたくさんある。
メカの使い方を教わりながらつくづく、思った。
最初にも最後にも、究極は、『何を撮るか』だということを。

そのあと、銀座エルメスに山口晃 「望郷―TOKIORE(I)MIX」を
鑑賞しにいく。
詩と同じで、見るものに、答えを委ねている。
あのゆがみに社会を重ね合わせた。
体も歪むような構造の小部屋は物理的に気持ちわるくなった。

次に、新宿のコニカに
今年の木村伊兵衛賞の田附勝『東北』展を見に行く。
写真集が出たときから、ググ〜っと引き込まれた。
この人の、目線にだ。狙っている、この人の焦点に
時代がとてもよくあっている。

東北のあの独特の土着、文化をよくとらえている。
ファインダーを覗く作家に感情移入した。
が、怖い。長く流れ経てきた歴史、一言では言えない
人間の中に流れるリアルなえぐいもの。ゆえに見たくなる。
一番は、ファインダーを覗く作家と、被写体の間に
流れる、あの狂気に惹かれていた。

| | コメント (0)

2012年4月27日 (金)

代官山 蔦屋書店に4/28並びます。

Sh3f04170001

あわただしく日々は過ぎ、あっというまに今日。
いろいろあったけど、今週一番嬉しかったのは、
噂のあの本屋!
代官山・蔦屋書店に、
新著、 『いのちをつなぐ海のものがたり』が並ぶことです。

書籍の主任の方が一目みて、
『これはきれいな本ですね、是非、注文します』言ってくださりました。
『山の本はたくさんあるのに、海の本がない。
日本は海の面積のが多いのに。この手の本はもっと欲しいと思っていた」と。

そして、今日並んでるはずです。
私は所用で連休開けまで伺えませんが、感動〜〜(涙)。
お近くの方や、ついでの方、是非、みてみてください。

Sh3f04150001

代官山にはおる犬も、ちゃ〜う。


Sh3f04070001Sh3f04100001

トイレに飾ってあるアートもちゃ〜う。
絵が描きたくなった。

代官山の蔦屋は仕掛けが、ちゃ〜う。


| | コメント (0)

2012年4月25日 (水)

ドキドキ

Rimg0037_2

私の愛するKJ(降谷健志)が、ほんとに近所に住んでるみたいだ〜。

奥様のブログに家の目の前の遊歩道を、息子ちゃんの入園式の
手をひいて歩いてるKJの後ろ姿写真があった!

めっちゃ会いたい〜。
『寝ても覚めても魚のこと』、じゃなく
『寝ても覚めても降谷健志のこと』で
頭がパンパンの時代があったのだ〜。
ドラゴンアッシュのライブビデオを毎日リピートし、
写真集を眺め、カラオケで練習し、リリックに酔いしれ
ライブもかなり前の方をとってもらったこともあった。


もしかしたら、駒繋神社なんかでも
すれ違っているかもしれん〜。

やっばり寝間着じゃなくて、ちゃんとした格好で
歩こ〜。

でも、すれ違いそうになったら、隠れるかも!
じーーーーーーっと、みていたいから。

あードキドキ。やっぱり大好き〜。

自分、きもい〜。

*ちなみに、写真は関係ありません。

| | コメント (0)

2012年4月24日 (火)

あいすまんじゅう@ソイラテ浸し

Img_5045

九州のあいすまんじゅう。
これのバーを抜いて、お椀に入れて、
上から豆乳とアイコーを注ぎ入れる。

これが、っんまい!


| | コメント (0)

2012年4月22日 (日)

土日のランチ

1Sh3f04030001

Sh3f04040001


Sh3f04060001Sh3f04050001


連ちゃんで、横浜、 チャラン・ポランのランチ。
割烹で修行された、板前のこまさんのお手前、ほんと美味しい!
私好みの、だしの効いた、和食ベース。
器は全部オーナーが見立てた作家もの。
ひとつひとつが、いちいちかわいい。
近所にあったらもっと頻繁に通いたいような、空間と味だ。

| | コメント (0)

2012年4月21日 (土)

等々力にて宝石箱

Sh3f04000001

昨日は、待ちに待ったF編集室、まちがった、S編集室にRさんとお邪魔した。
S編集室は、等々力の高級住宅街の中にたたずむお上品な一軒家。

伺う前に、噂に名高い洋菓子の王道店、
おーぼんびゅーたん(オーボンビュータン)に立ち寄るべく
一つ手前の尾山台で下車した。
おーぼんびゅーたんは接客も物腰柔らかで、伝統的なお菓子が
宝石のごとく、きれ〜いに整列していてまぶかった。
そのなかの宝石箱みたいなプチケーキの詰め合わせを持参したのだが
なぜか、編集室について蓋あけてもらったら、中身があばれていた。
あわてて、Aさんとかたちをたてなおす。

みなさまにお茶をごちそうになって、
歓談しつつ、F編集長の書斎も見せていただいた。
香港か台湾の掛け軸が飾ってあったし、貫禄あった〜。
寝泊まり用のソファーもあって、枕も積まれていた。笑

等々力のS編集室をあとにし、みなさまと
自由が丘に移動し、夜ご飯をいただく。
どえらいお腹すいていて、テーブルの上に順次注文して並んだ
料理をみんなで無言で平らげた。
ひととおり腹ごしらえをしたそのあとは、
ノンストップで会話が盛り上がり、
名残惜しくも終電間際で別れる〜。
この続きは、誌面作りが本格稼働の来月か再来月校了後に〜。笑

心にビタミン補給〜♪あ〜たのしかった!

| | コメント (0)

2012年4月19日 (木)

桜開花宣言@松本

1

先日、松本に伺った。
詩人の ウチダゴウさんが主催される
ブックパッカー
にお邪魔した。

仕事で上京中のウチダさん’ズ、カーに便乗させていただいた。
道中、いろんな話しをしてあっという間に松本に。

にゃんと、葉桜の東京に入れ替わり、
松本はまさに桜の開花宣言がなされた日だった。


ウチダさんおすすめの、松本の新市街の近くにある
おきな堂という超うまの、しぶ〜い洋食屋さんで昼食をとった。
私はオムライスをいただきつつ、外をながめた。
ゆったりと時間がながれた静かな平日で、
外には花見客がいた。


ブックパッカーことウチダさんの仕事場は
おもしろそうな本が満載だった。
丁寧な暮らしをされているのも、ひしひし伝わってきた。

来月が楽しみやわ〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


20120511_bookpaker

『いのちをつなぐ海のものがたり』〜 松本へ 〜

チャラン・ポラン(横浜)の展示は5月27日迄そのままで、
松本ではさらに、絵と、映像と写真によるドキュメントが加わります。


【いのちをつなぐ海のものがたり展@松本】

【場所】: ブックパーカー(松本)
【会期】: 2012年5月11日(金)〜20日(日)
【時間】: 12:00〜18:00 *会期中無休 / 入場無料
【展示内容】: 絵、写真、ドキュメントムービー(伊勢湾の海が舞台)

【トークイベント】:矢田勝美トーク 海の幸ごはん付
         2012年5月20日(日)19:00〜21:00
         料金1,300円 / 定員先着20名 / 要申込

| | コメント (0)

きょうという日

Img_5041


雑務を夕方迄すたこらこなす。
夕食にごぼうと人参のきんぴらをつくり出した時
『近所にいるんやけど、からだあいとる?」と、
いつものごとく、華ちゃん突然あらわる。
そして、華ちゃんにいわれるまま仰向けになって、
タイ式ヨガのマッサージの練習台になった。

二人でごはん食す。
またたく間に、華ちゃん、すたこら帰っていった。

ほんま、マイペースな子やわ〜。人のこと言えやんけど。笑

| | コメント (0)

2012年4月16日 (月)

いちごくらべ

Rimg0018

Img_4996

どっちのいちごがいいかな。
味ではなく、カメラ。上がコンパクトデジカメで、下が一眼レフ。
やっぱレンズのいい下やろうか?

| | コメント (0)

2012年4月15日 (日)

一掃、なう

Img_4992

とまらなくなった。

大掃除(ぷち)

| | コメント (0)

2012年4月13日 (金)

横浜から松本へ。

20120413_05030_2

『いのちをつなぐ海のものがたり』出版記念 ~ 横浜にて 〜

【会期】: 2012.04月08日(土)~ 5月27日(日)
【時間】: 11:00-22:00(月:定休)
【場所】: チャラン・ポラン(横浜)

【展示内容】
フランス人日本料理愛好家チャラン・ポランが考えた、
海と大地にこだわったごはんが楽しめる、横浜のダイニングカフェにて...
『いのちをつなぐ海のものがたり』の原画と描き下ろしの絵を展示します。
京おばんざいのお店で、海を眺めながら、お食事やカフェ、お酒が楽しめます。
時間が止まっているように錯覚する心地よい空間...。
どうぞお出かけください。

*サイン本と海苔の限定プレゼントセットや、
半農半漁ならではの、矢田家の有機肥料を使ったコシヒカリに
本の中に書かれている、伊勢湾のブランド海苔も
おとりあつかいさせていただいています。
無くなり次第終了になります。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

20120413_10029

『いのちをつなぐ海のものがたり』〜 松本へ 〜

横浜の チャラン・ポランの展示は5月27日迄そのままで、
松本ではさらに、絵と、映像と写真によるドキュメントが加わります。

新緑がまぶしく、山の木々も活発になりだす5月。
詩人でありデザイナーでもある、
松本在住の ウチダゴウさんが主催される ブックパッカーにて、
『いのちをつなぐ海のものがたり』展がはじまります。

信州松本は、7〜8年前に仕事にて、
醤油の蔵元の職人さんに取材に伺った以来。

豊かに茂る山々と澄んだ空、見渡す限りの自然と
その景観の美味しさに、息をのみました。


わたしには松本の土地は、大げさではなく、
神がかって見える。

今ふりかえると、山の力が大いにあると思えます。

ご縁があってウチダさんのご厚意で、このたび
山のなかで、海のお話をさせていただくことになりました。


-------------------------------------------------------------

【いのちをつなぐ海のものがたり展@松本】

【場所】: ブックパーカー(松本)
【会期】: 2012年5月11日(金)〜20日(日)
【時間】: 12:00〜18:00 *会期中無休 / 入場無料
【展示内容】: 絵、写真、ドキュメントムービー(伊勢湾の海が舞台)

【トークイベント】:矢田勝美トーク 海の幸ごはん付
         2012年5月20日(日)19:00〜21:00
         料金1,300円 / 定員先着20名 / 要申込

-------------------------------------------------------------


Okomenori_sKounago_kugini

*産直の小女子の佃煮は母の手作りで、東京から今か今かと
楽しみに毎年予約される方もおいでの味付けの良さです。
小女子は資源管理のため、毎年かならずとれるものではない
貴重なものです。伊勢湾に春を告げる、桜と並ぶ風物詩の魚と
有機肥料をつかって育てたコシヒカリも、海苔も。

海境によっては特大あさりのみそ汁も!
(こちらのあさりは料亭や旅館に下ろされることが頻繁な高級あさりです)

全て自家製、自給自足の食事をご用意してお待ちしています。

この機会にぜひ。
ふるって、ご参加ください。

| | コメント (0)

2012年4月12日 (木)

ひらひら じんじんと

Rimg0040Rimg0037_2


にゃんと!
家の中、初夏のやうな汗ばむ陽気で、
半袖で家事をす。
この暑さはなぬだ〜。

布団を干しているあいだ、シーツも洗って干した。

この桜は3日前だけど、もう半ば散ってるだろう。

森山直太朗のさくらを流し、
じんじんしながら机にむかう。


| | コメント (0)

2012年4月11日 (水)

よゆう

Sh3f03840001

今日はi podで音楽聴きながら街を歩いた。
夜は、お風呂でパックもした!

ふむ〜。やっぱり余裕って大事だ。
音楽なんてもう随分きいていなかったし
化粧しても落とさず、自分の顔もちゃんと見てなかった。
どえらい肌がぼろぼろだった。
顔のエステでも行って、いたわってあげないとあかん〜って
思ってだけど、自分でやれたら一番安上がりでええわな。

洋服にも気がいくようになった。

しかし、止まったら死ぬマグロ、あるいはサメなので
またぐんぐん動くのだ。

が、今年は大切な優先順位がある。
それを忘れない様に、動こう。

*写真は チャラン・ポラン(横浜)に搬入の先日。
思いがけず、賄いをいただいた!の図。
だしを効かせた日本料理で美味しかった〜。
京都出身で割烹で修行された板前さんが、つくっておられるから味が抜群。

手前の大盛りが私がいただいた賄い。
なんと、厚かましくもお代わりさせてもらいました。また大盛りで。
大食いで、すこぶる燃費がわるいのです。

また食べたい。

-----------------------------------------
『いのちをつなぐ海のものがたり』出版記念~横浜にて〜
矢田勝美 展

【会期】: 2012.04月08日(土)~ 5月27日(日)
【時間】: 11:00-22:00(月:定休)
【場所】: チャラン・ポラン(横浜)

【展示内容】フランス人日本料理愛好家チャラン・ポランが考えた、
海と大地にこだわったごはんが楽しめる、横浜のダイニングカフェにて...
『いのちをつなぐ海のものがたり』の原画と描き下ろしの絵を展示します。
サイン本と、海苔もおとりあつかいさせていただいています。
京おばんざいのお店で、海を眺めながら、お食事やカフェ、お酒が楽しめます。
時間が止まっているように錯覚する心地よい空間...。
どうぞお出かけください。


| | コメント (0)

2012年4月 9日 (月)

外にむかう季節

Sh3f03900001

満開の桜の花びらがひらひらと散りだした街中を、
今日はたくさん歩いた。
原宿で用事を済ませ、そのあとは今日から初日の
千駄ヶ谷の ギャラリーエフ 中川貴雄くんと、
外苑前のギャラリーハウスMAYAに大学からの友達、
塚ちゃんこと塚越貴子さんの個展に、それぞれはしごする。

二人とも素晴らしかった。

中川くんは相変わらず、チャレンジ精神旺盛で
どんどん絵がうまくなっていって、世界も楽しい!


Sh3f03920001

ギャラリーハウスマヤでは
イラストレーターに独立して初の個展、
塚ちゃん(塚越貴子さん)の展示。
よくがんばった〜。
去年の秋からこの展覧会への作品制作に、全てをかけた
彼女の意気込みと苦悩を身近に聞いていただけに、
生の作品が展示された会場に入ったら、感無量。。。
絵も、私には描けない童話の緻密な世界感と技で、
見入った。見事な完成度だった。

これから桜が散って、緑が青々と光りだし、
外にでていくには、とても気持ちのいい季節。
是非、足をはこんでみてください。
塚ちゃんは毎日会場にいます。クスッと笑える
癒し系のキャラです。


Ex04

◎千駄ヶ谷
ギャラリーエフ
2012.4.9(mon)~4.20(fri)
中川貴雄展『おとぎの国』


-------------------------


Tsukagoshitakako

◎外苑前
ギャラリーハウスMAYA
4月9日(月)〜4月14日(土)
塚越貴子展「ALICE 2012」

-------------------------

Sh3f03980001

そのあと、大学時代の友達のずっこと、
おそば屋さんで一杯ひっかけつつごはん食べる。
先週からこうやって、人とゆっくり食事する時間が
ようやく(一年以上ぶり)もてるようになった。


よぉ〜し!これから、どんどん外にでるぞ〜ぉ。
活動するぞ〜。
明日は横浜にいこ〜。


↓こちらもよろしくです◎

-------------------------


20120408_yokohamadm

『いのちをつなぐ海のものがたり』出版記念~横浜にて〜
矢田勝美 展

【会期】: 2012.04月08日(土)~ 5月27日(日)
【時間】: 11:00-22:00(月:定休)
【場所】: チャラン・ポラン(横浜)

【展示内容】フランス人日本料理愛好家チャラン・ポランが考えた、
海と大地にこだわったごはんが楽しめる、横浜のダイニングカフェにて...
『いのちをつなぐ海のものがたり』の原画と描き下ろしの絵を展示します。
サイン本と、海苔もおとりあつかいさせていただいています。
京おばんざいのお店で、海を眺めながら、お食事やカフェ、お酒が楽しめます。
時間が止まっているように錯覚する心地よい空間...。
どうぞお出かけください。

| | コメント (0)

2012年4月 8日 (日)

花見日和

Sh3f03870001

いよいよ春がやってきた。

生きとし生けるものたちが、活動しだす季節だ。

外から花見で賑わう人々の歓声が
終始、ひきこもりの私の仕事部屋に入ってくる。

日差しが強い机前のカーテンを開けて、
蛇崩れの桜並木を、私も垣間みた。

こうやって休日に、部屋からぽっつり、
自然と人々のにぎわいをながめていられるのも
幸せなことだ。

| | コメント (0)

2012年4月 7日 (土)

桜満開◎

Sh3f03880001

横浜の チャラン・ポランに搬入二日目の電車の中で、メール。
搬入後、桜新町の jikonka TOKYOにかけつける。
まきちゃんが教えてくれて、今日と明日JIKONKAで出張カフェしている、
ウインズ陶芸研究所の時に一緒だった、桑原奈津子ちゃんこと、
桑ちゃんと8年ぶりに再会。

気になってた近況報告をお互いしつつ、一緒に帰ってきた。

ウインズ陶芸研究所で平日の日中から、土こねて
磁器の鋳込みをやったり、隣りの席同士
いろんな話ししたわな〜。
懐かしい。

今日はずっと落ち込んでいたけど、
8年ぶりに再会した桑ちゃんに、神秘的な話しを聞いた。
不思議と元気になってきたし、希望が持てた。

-------------
「人間は一生のうち会うべき人には必ず逢える。
しかも一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に」

by 森信三
------------

桑ちゃんとは、必然の再会だったんかなあ。

*花道家、平間磨理夫さんのライブのはないけが見れて素晴らしかった。


| | コメント (0)

『いのちをつなぐ海のものがたり』記念展、横浜にて

20120408_yokohamadm20120408_yokohamadm_ura


Img_4965Img_4957_2Img_4968Img_4972

『いのちをつなぐ海のものがたり』出版記念展@横浜

【会期】: 2012.04月08日(土)~ 5月27日(日)
【時間】: 11:00-22:00(月:定休)
【場所】: チャラン・ポラン(横浜)

【展示内容】フランス人日本料理愛好家チャラン・ポランが考えた、
海と大地にこだわったごはんが楽しめる、横浜のダイニングカフェにて...
『いのちをつなぐ海のものがたり』の原画と描き下ろしの絵を展示します。
サイン本と、海苔もおとりあつかいさせていただいています。
横浜の港が見えるみなとみらい線の日本大通りに位置する、
京おばんざいのお店で、海を眺めながら、お食事やカフェ、お酒が楽しめます。
時間が止まっているように錯覚する心地よい空間...。
どうぞお出かけください。

| | コメント (0)

2012年4月 6日 (金)

桜八分咲き

Sh3f03810001_2

お仕事でお世話になっているP社の方々と、祐天寺でお酒とお食事を
ご一緒させていただきました。
桜も見れて、楽しいひとときの春の夜でした〜◎

| | コメント (0)

2012年4月 5日 (木)

近所のケーキ屋さんでゲット

Img_4922_2
近頃スイーツづいている。
三宿通りにできたスイーツのお店。
あっさりして甘くない。大人のお味でした。


| | コメント (0)

2012年4月 4日 (水)

食後のデザート

Rimg0037Rimg0038

岐阜にあるツバメヤさんの、どら焼きと、
かりんとうと、わらび餅の詰め合わせ。
全粒粉を100%の『大地のどら焼き』は、
素朴な味わいで、豆乳とよく合う。

というわけで、食後のデザート♪
って、デザートという感じじゃないわな。
がっつり、いただきます。

| | コメント (0)

2012年4月 3日 (火)

いちごでリフレッシュ

Rimg0018_2
なぬだこの暴風たるや。傘をさすと逆に危ないし、折れた。
新宿から帰ってくるのに一苦労。
地球が悲鳴をあげている。
自然がおかしい。

というわけで、なにかと忙しい春。
いのちにビタミンを!


| | コメント (0)

2012年4月 1日 (日)

憧れの

Rimg0049Rimg0048

私が愛してやまない、料理誌 「四季の味」
そのなかに去年から、
女優の水谷八重子さんの、連載挿絵を描かせていただいている。
うれしいありがたいし、恐縮。

そしてこのたびの春号 no.68に、
先月発刊された著書本「いのちをつなぐものがたり」が
P71にて、贅沢にもカラーで1ぺージで、紹介いただいた。
本に共鳴くださって、取材に来てくださったときの
私のよろこびようといったら...、ない!

そんでもって、余談だが、こんな立派な玄人雑誌を作っている
スタッフのみなさんが若いのにびっくりした。
(平均年齢50〜60代と想像していた)

F編集長にいただいた万年筆の直筆のお手紙2通は、
私の大切な宝物になっている。
その文面を書いたお方は、初老とばかり思いこんでいた。
なんと、実際は、私よりいくつも若かった!

たまげた。

そんなこんなで、毎号すばらしすぎて
大切にとっておきたくなる雑誌のひとつ。
『四季の味』 no.68。
どうぞ手にとってご覧ください。


| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »