« ひらひら じんじんと | トップページ | 一掃、なう »

2012年4月13日 (金)

横浜から松本へ。

20120413_05030_2

『いのちをつなぐ海のものがたり』出版記念 ~ 横浜にて 〜

【会期】: 2012.04月08日(土)~ 5月27日(日)
【時間】: 11:00-22:00(月:定休)
【場所】: チャラン・ポラン(横浜)

【展示内容】
フランス人日本料理愛好家チャラン・ポランが考えた、
海と大地にこだわったごはんが楽しめる、横浜のダイニングカフェにて...
『いのちをつなぐ海のものがたり』の原画と描き下ろしの絵を展示します。
京おばんざいのお店で、海を眺めながら、お食事やカフェ、お酒が楽しめます。
時間が止まっているように錯覚する心地よい空間...。
どうぞお出かけください。

*サイン本と海苔の限定プレゼントセットや、
半農半漁ならではの、矢田家の有機肥料を使ったコシヒカリに
本の中に書かれている、伊勢湾のブランド海苔も
おとりあつかいさせていただいています。
無くなり次第終了になります。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

20120413_10029

『いのちをつなぐ海のものがたり』〜 松本へ 〜

横浜の チャラン・ポランの展示は5月27日迄そのままで、
松本ではさらに、絵と、映像と写真によるドキュメントが加わります。

新緑がまぶしく、山の木々も活発になりだす5月。
詩人でありデザイナーでもある、
松本在住の ウチダゴウさんが主催される ブックパッカーにて、
『いのちをつなぐ海のものがたり』展がはじまります。

信州松本は、7〜8年前に仕事にて、
醤油の蔵元の職人さんに取材に伺った以来。

豊かに茂る山々と澄んだ空、見渡す限りの自然と
その景観の美味しさに、息をのみました。


わたしには松本の土地は、大げさではなく、
神がかって見える。

今ふりかえると、山の力が大いにあると思えます。

ご縁があってウチダさんのご厚意で、このたび
山のなかで、海のお話をさせていただくことになりました。


-------------------------------------------------------------

【いのちをつなぐ海のものがたり展@松本】

【場所】: ブックパーカー(松本)
【会期】: 2012年5月11日(金)〜20日(日)
【時間】: 12:00〜18:00 *会期中無休 / 入場無料
【展示内容】: 絵、写真、ドキュメントムービー(伊勢湾の海が舞台)

【トークイベント】:矢田勝美トーク 海の幸ごはん付
         2012年5月20日(日)19:00〜21:00
         料金1,300円 / 定員先着20名 / 要申込

-------------------------------------------------------------


Okomenori_sKounago_kugini

*産直の小女子の佃煮は母の手作りで、東京から今か今かと
楽しみに毎年予約される方もおいでの味付けの良さです。
小女子は資源管理のため、毎年かならずとれるものではない
貴重なものです。伊勢湾に春を告げる、桜と並ぶ風物詩の魚と
有機肥料をつかって育てたコシヒカリも、海苔も。

海境によっては特大あさりのみそ汁も!
(こちらのあさりは料亭や旅館に下ろされることが頻繁な高級あさりです)

全て自家製、自給自足の食事をご用意してお待ちしています。

この機会にぜひ。
ふるって、ご参加ください。

|

« ひらひら じんじんと | トップページ | 一掃、なう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひらひら じんじんと | トップページ | 一掃、なう »