« ここ数日、夏本番。 | トップページ | カレー日和 »

2012年7月26日 (木)

仕事とは、誰でも交換可能なもの

Img_6510


やっぱ桃ね〜。
今年は当たり年で近くの八百屋でもうどんだけ買ったやろう。
健気で愛らしいかたちやね〜。

もっぱら家ではNHKラジオ第一。
そのNHKラジオで土曜日の深夜にやっている
『オトナの生き方』というコーナーに、先日、
直木賞作家の三浦しをんが出演していた。
ものすごくよくて、固唾を呑みながら聞き入った
フレーズがあった。
もう一度じっくり聞きたくて、NHKラジオにリクエストした。
そうしたら数日後メールいただき、こちらにアップしてくれた。

もう何度聞いたことだろう。


『自分にしかできない仕事を探そうと、もがかなくてもよい。
仕事とは、実は、誰にでも交換可能なものである。
しかし、誰にでも交換可能なそれをやていくうちに、
いつしか、その人にしか出来ないもの(仕事)になっていく。

私はその人がどんな仕事をしているかということよりも、
どんな気持ちでその仕事をしているのかという方に
興味があってならない』

このフレーズに何回も、心がつかまれた。


一方で、三浦しおんが自ら観たという、自身の中にある、
渇水、沼のような水脈(業)。
それに気づいてしまったため、彼女は書かざるをえず、
それを全部吐き出すまで、文章を書き続けるという部分も
印象的だった。

最期の、三浦しおん自らの
レナードコーエンの『哀しみのダンス』の選曲もいい。
20年ぶりに聞いたが、コーエン、既に声が哀しい。笑

三浦しをんのこの再放送を、連日聞きながら、
数名の顔が浮かんでメールでお知らせしてみたが
なかなか聞けないみたい。
でもあきらめないで〜。
上記の画面の右下に、ウイン用、マック用の
ダウンロードソフトもあるんよ〜。
ご興味ある方はぜひ(8/6まで)。


---------------------------------------------------------
『いのちをつなぐ海のものがたり』巡回展
【場所】: 海の博物館(三重県鳥羽市)

〒517-0025
三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
TEL:0599-32-6006

【会期】: 【会期】: : 2012年7月11日(水)〜9月11日(火)
【時間】: 3/21~11/30はAM 9:00~PM 5:00
4/29~5/5・8/1~8/20はAM 8:30~PM 5:30

*日本文化デザイン賞や、日本建築学会賞、他
たくさん建築賞を受賞した、海をイメージした
素晴らしい構造建築「海の博物館」。
女や漁、木造船など海にかかわる約5万8千点
(内6879点が国指定重要有形民俗文化財)の民俗資料を所蔵し、
展示する、日本では最大規模の、貴重な民間の博物館です。
そちらのギャラリースペースでの展示です。


【展示内容】
おもに、物語と挿し絵のドローイングの展示。
ほか、写真、版画(ふなだまさん)、映像。

◎別室、『えほんで行こう!海の大冒険』の展示室にて、 船玉(ふなだま)さんの版画を出品させていただきます。
版画の近くに、海の博物館所蔵の、船玉さんを、特別展示くださいます。実際に漁師の漁船に埋め込まれ、漁師を守り続けてきた、船玉さんです。


どうぞよろしくおねがいします。

|

« ここ数日、夏本番。 | トップページ | カレー日和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ここ数日、夏本番。 | トップページ | カレー日和 »