« 創刊『このは』 | トップページ | »

2012年9月24日 (月)

海の博物館の展示終了しました、ありがとうございました。

Img_5130

海の博物館(三重県鳥羽市)にお越し下さった方々、
気にかけてくださった方々、ありがとうございました。
海の博物館のスタッフの皆様のお陰で、
たくさんの方々に展示を観ていただき、
無事に終えることができました。

海の博物館は、休む事も惜しみ、全国各地海外まで飛び回る
石原義剛館長
熱意によって収集されてきた海に関する資料が膨大な博物館で、
先代から受け繋がれた海を、未来につなげていきたいという、
先代や館長の思いが溢れています。

Img_5133Img_5141Img_5118

Img_5166Img_5162Img_5159Img_5150


約5万8千点の内、6879点が国指定重要有形民俗文化財に認定という
膨大な資料数です。
何度行っても見切れません。

映像や写真、イラストパネルによって、分かりやすく
展示がなされています。

海民の山岳信仰など、海、山、大地、自然が
ぜんぶつながっていることや、
昔の人たちの深い知恵、祈りがひしひしと感じられる
貴重な博物館です。

658186387

383495_446080542108948_1452979315_n


そのような場所で、拙書の巡回展をさせていただけたことは
私にとっては、身に余る光栄でした。

ここからも、貴重なご縁をいただき
今後につなげていくことができそうで、感謝しきりです。

建築もすばらしいですが、山の上にある広大な敷地は
森林も豊富で、幾たびに気持ち良くて癒されます。

来年は、NHKの朝の連ドラで、海女さんたちの話しを紡いだ
『あまちゃん』が放映されるようで、今からとても楽しみです。

海女を世界遺産に登録すべく
韓国と日本を往復し、日々命を燃焼させる石原義剛のご活躍と
海の博物館が今以上に注視されることと思います。


まだ行かれたことのないお方も、行かれたこともあるお方も
是非、海の博物館に何度でも足を運んでみられてください。

551647_440384879345181_1415737948_n

9月28日~2013年1月14日まで、
阪本博文写真展 『海神饗宴~三重の海の祭り』が開催されるそうです。
私も是非行きたいと思います。


海の博物館(三重県鳥羽市)
〒517-0025
三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
TEL:0599-32-6006
会館時間: 3/21~11/30はAM 9:00~PM 5:00
4/29~5/5・8/1~8/20はAM 8:30~PM 5:30


|

« 創刊『このは』 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 創刊『このは』 | トップページ | »